四国犬

四国犬の毛色は3色?寿命や大きさ、飼い方などを詳しくご紹介

オオカミに似た容姿が神秘的な四国犬。日本犬の中では最も素朴な容姿と、野性味の強い性格を持つともいわれており、飼ってみたいという人も多いのではないでしょうか。今回は、四国犬の歴史や性格、飼い方や毛色など、四国犬の基本情報についてご紹介していきます。

四国犬

photo by anahtiris/Shutterstock.com

四国犬の基本データ

四国犬の大きさ46~52㎝
四国犬の体重16~26kg
平均寿命10~12年
原産国日本

犬種や個体によっても成長のスピードは異なりますが、体の成長が落ち着くのは1歳頃といわれています。1歳頃の体重がその子の平均体重となりますので、それよりも太り過ぎないように、上記の体重も参考に管理をしてあげましょう。

四国犬と柴犬の違いは大きさや顔つきを見ると分かる?

国の天然記念物にも指定されている四国犬ですが、柴犬などに比べるとあまりメジャーではないようです。
そのため、「Shiba」の愛称で海外でも人気の柴犬と間違われることも少なくありません。

赤毛、黒毛、胡麻と、どちらの犬種も毛色のバリエーションがよく似ていることや、素朴な表情を持ち、巻き尾や立ち耳であることなども間違われやすい要因なのでしょう。

実際は、中型犬の四国犬は小型犬の柴犬よりも一回り大きく、筋肉で引き締まった体をしています。少し丸顔の柴犬に対して、四国犬の顔は細くシャープな印象です。
四国犬は、オオカミのような野性味あふれる容姿が特徴でもあります。

柴犬について詳しくはこちらから

ニホンオオカミの末裔?気になる四国犬の歴史

四国犬の祖先は、紀元前から高知県の山岳地帯に生息していたヤマイヌという野性の犬です。ヤマイヌはニホンオオカミの末裔ではないかと推測されています。

ヤマイヌを猟師たちが飼い慣らし、子犬から育てたヤマイヌを基礎に繁殖を繰り返したことで四国犬が誕生し、長らく鹿や猪を捕る猟犬として活躍してきました。

四国犬ははじめ「土佐犬」と呼ばれていましたが、「土佐闘犬」と間違われないよう四国犬と改名され、1937年には国の天然記念物にも指定されています。

広い範囲に生息していた四国犬は、最も純血性の高い本川系をはじめ、阿波系、幡多系、宇和島系、安芸系など産地ごとにいくつかの系統がありましたが、最終的には阿波、本川、幡多の3系統が残り、現在は混血により系統の差はあまりなくなっています。

飼い主には素直で忠実!四国犬の詳しい性格

四国犬は凛とした顔つきや、オオカミのような野性味あふれる容姿がかっこいいですよね。性格もクールそうに見えますが、信頼した飼い主に対してはとても素直で忠実です。情に厚く、愛情表現をきちんとしてくれます。深い信頼関係を築くことができれば、人生の良きパートナーとなってくれますよ。そんな四国犬の性格を詳しくみてみましょう。

しつけ次第で飼い主に忠実な子に育つ!聡明で勇敢で頼りになる存在

四国犬は長い間、野犬として生息していた歴史を持つため、一筋縄ではいかないような、野犬ならではの強い気質を持ちます。ただし、きちんとしつけてあげれば、飼い主に忠実な子に育ってくれますよ。

四国犬は人と共に仕事をしてきた猟犬でもあるため、リーダーシップや威厳をきちんと持った信頼できる飼い主に対しては、心を開いてくれます。

また、無駄に暴れることをしない四国犬は冷静さと高い判断力を持ち、とても聡明です。賢い四国犬をきちんとコントロールできる飼い主でないと、この犬種を飼うのは難しいでしょう。

自分より大きな動物にも立ち向かっていく勇敢さも持っているため、きちんと信頼関係や主従関係を築くことができれば、良きパートナーとして活躍してくれるはずです。

普段は大人しいが動くと機敏で活気がある

四国犬は状況を冷静に判断して行動するところがあるため、普段は大人しく、興奮して吠えたてることも少ないです。ただし動き出せば機敏で、とても軽快です。

クールで落ち着いているように見える四国犬は実は活気がある犬種で、飼い主や家族と遊ぶことが好きなので、一緒に遊んだり出かけたりすると喜びますよ。

飼い主以外には心を開かない?用心深い性格

今も猟犬として活躍している子が多数いるように、四国犬は猟欲や闘争心を高く持ちます。
もともと飼い主以外には心を開かない傾向にありますから、きちんと社会性を育まないと、飼い主以外の相手には攻撃心をむき出しにすることもあります。

非常に用心深いところは番犬として頼りになりますが、用心深くなり過ぎないようにすると、家庭犬としてより飼いやすくなるでしょう。

四国犬の毛色は胡麻が多い?抜け毛の量やブラッシングの頻度は?

四国犬の毛色には、日本犬によく見る胡麻や黒褐色、赤などがあります。短毛で被毛のお手入れも楽そうに見える四国犬ですが、実は抜け毛が多く、こまめなブラッシングが欠かせません。ここでは、四国犬の毛色や抜け毛の多さ、ブラッシングやシャンプーについても確認していきましょう。

四国犬の毛色は3パターン

  • 胡麻
  • 黒褐色

「胡麻」は、洋犬ではブリンドルといわれている毛色で、地色にまんべんなく差し色が入っています。胡麻という言い方は、日本犬特有です。
四国犬は赤、黒、白の胡麻が一番多く、黒褐色や赤は珍しいといわれています。

四国犬は抜け毛が多い!ブラッシングで抜け毛対策を

四国犬は柔らかい下毛(アンダーコート)と、硬い上毛(オーバーコート)の2層からなるダブルコートの被毛を持ちます。春と秋の換毛期には下毛が大量に抜け落ちるため、短毛ですが抜け毛の量は多いです。

週に2~3回はブラッシングを行い、抜け毛をきちんと取り除いてあげましょう。また、月に1回のシャンプーで皮膚や被毛の健康を保ちましょう。

四国犬はアレルギー性皮膚炎を起こしやすいので、ブラッシングの際に皮膚に異常がないかチェックしてあげてください。

※タイミングによってはお迎えできるワンちゃんがいない場合もあります。