シャーペイ

ユニークなルックスが魅力のシャーペイってどんな犬?人気のカラーや性別は?安くお迎えできる地域はあるの?

シャーペイ

photo by christels

たるんだ皮膚に眠たそうな目をしている「シャーペイ」。そのユニークかつ独特の容姿は、数ある犬種の中でも異彩を放っています。ここではそんなシャーペイの歴史や魅力、ブリーダーからお迎えする際の価格などをご紹介いたします。

シャーペイってどんな犬?

シャーペイ

photo by style81

シャーペイの魅力について

  • 一度見たら忘れられない独特の見た目
  • 貫禄すら感じられるたくましい体格
  • 甘えん坊で愛情深い性格

たるんだ皮膚や貝殻のように小さい耳、皮膚に埋もれた目、真ん丸な頭など、挙げればキリがないほど特徴のあるシャーペイ。そのユニークかつ強烈なルックスで世界中の人々の心を掴み、虜にしています。日本ではブサかわの犬種としても知られており、不思議なことに見れば見るほど愛着が湧いてくるのです。

また、シャーペイはとてもがっしりとした体格をしています。首は頭部と同じくらいの太さがあり、四肢は骨太でどっしりと構えています。サイズは中型犬に分類されますが、その存在感と貫禄は大型犬にも勝るのではないでしょうか。体の大きさは女の子よりも男の子の方が大きくなるため、愛犬に力強さを求めている方は男の子がおすすめです。

やや厳つい見た目をしているシャーペイですが、実は家族が大好きで愛情深い性格をしています。そのため、子どもや先住動物とも仲良くすることが可能です。また、信頼のおける家族には無防備な姿をさらけだして甘えることも。もしシャーペイが甘えてきたら、たくさん構ってあげてくださいね。

シャーペイの歴史

シャーペイは中国原産の犬種で、古くから中国南部の広東州に生息していたと推測されています。あまりにも歴史が古いため、起源については未だに不明な部分も多く残っているようです。

ただ、13世紀頃の文書にシャーペイらしきワンちゃんについての記載があったため、恐らくその頃には誕生していたと考えられます。また、祖先犬については、外貌が似ているマスティフ系を掛け合わせて作られたのではないかという説が有力なようです。

そんなシャーペイは、かつて闘犬として活躍していました。この闘犬としての血気盛んな性格は、現在ペットとして飼育されている個体にもしっかり受け継がれています。

1940年代に入ると中国本土でワンちゃんの飼育禁止令が出され、当時いたシャーペイはなんと60頭にまで減ってしまいます。その後も絶滅の一途をたどるシャーペイでしたが、香港人のブリーダー「マトゴ・ロウ」氏のおかげで絶滅することなく、なんとか生き延びることに成功。奇跡的な復活をしたシャーペイは、そのあとアメリカの畜犬団体「アメリカンケネルクラブ(通称AKC)」に正式な犬種として登録されました。

このシャーペイは、日本ではたった5頭しか飼育されていません。(2018年現在)非常にレアな犬種であり、街でバッタリ遭遇することはほとんどないと言えるでしょう。また、ペットショップにもまったくと言っていいほど出回りませんので、お迎えはブリーダーに限定されます。

シャーペイの性格・性質

<3つのポイント>

  • 落ち着きがある
  • 独立心が強い
  • 忠実

シャーペイは、とても冷静で落ち着きのある性格をしています。感情を表に出すことがほぼないため、飼い主ですら何を考えているのか分からないと言います。ただ、このミステリアスな雰囲気に魅了される人も多いのだとか。

また、シャーペイは独立心の強い犬種としても知られています。そのため、長時間の留守番も平気でこなします。また、甘えん坊な性格をしているものの、常にベッタリと甘えることはないようです。基本的にシャーペイは多くの時間を一人で自由気ままに過ごすため、愛犬とは程よい距離感を保ちたいという方におすすめの犬種です。

さらに、シャーペイは忠実な性格も併せ持っています。自分がリーダーだと認めた人間には献身的に尽くし、素直に従ってくれるでしょう。ただ、飼い主をリーダーだと認識しなかった場合は、自らがリーダーとなって好き勝手に行動し始めます。そのため、子犬の頃からしっかりと主従関係を教え込むことが大切です。

シャーペイのお手入れ

シャーペイ

photo by christels

シャーペイは短毛ですので、ブラッシングは週に2~3回ほど行いましょう。ただ、春と秋にやってくる毛の生え変わり時期「換毛期」には通常より多くの抜け毛が発生しますので、その時期だけは毎日のブラッシングが望ましいです。

ブラッシングを怠ってしまうと、抜けるべき毛が残ったままになって皮膚病になってしまいます。この皮膚病は慢性的なものが多く、長期間の通院を余儀なくされることも。通院はシャーペイにとっても飼い主にとっても大きな負担になりますので、こまめに手入れをして病気を未然に防ぎましょう。

また、シャーペイは垂れ耳で穴が塞がっているため、週に2~3回ほどは耳掃除をして清潔を保ちましょう。耳掃除をせずに放置していると、悪臭が漂ったり、雑菌が繁殖したりしてしまいます。綺麗な状態をキープするためにも、定期的な耳掃除は必ず行ってくださいね。

シャーペイの飼い方の注意点

シャーペイには闘犬として活躍していた頃の血気盛んな性格が残っているため、他の動物との接触は極力控えてください。特に初対面のワンちゃんに対しては攻撃的になってしまうことがありますので、不特定多数のワンちゃんがいるドッグランには行かないのが賢明です。また、小さな子どもにしつこく構われると攻撃してしまう恐れがあるため、シャーペイと子どもだけの空間を作らないようにしましょう。

また、シャーペイは活発ではないものの体力だけはあるため、毎日30分前後の散歩が欠かせません。継続的に運動を行うことで丈夫な体を作ることができますし、なによりシャーペイの気分転換になります。

人間もそうですが、毎日同じ環境にいては退屈してしまいますよね。さらに、なんの刺激もない生活はストレスに繋がってしまいますので、毎日外に連れ出して様々な刺激と触れ合わせてあげましょう。

シャーペイにまつわる噂

シャーペイ

photo by christels

★シャーペイはほとんど吠えないって本当?

シャーペイは感情をあまり出さない犬種ですので、吠えることも少ないと言われています。ただ、まったく吠えないというわけではありません。自分が危険を感じたときや、何かを主張したいときには吠えて意思表示をします。希に吠え癖が定着してしまう子もいますが、少数派だと言えるでしょう。

★シャーペイは凶暴って本当?

シャーペイは元々闘犬として活躍していた犬種ですので、かなり闘争心が強いです。そのため、知らない相手には喧嘩を売ってしまうことがあります。昔に比べると凶暴性は抑えられているそうなのですが、それでもまだまだ喧嘩っ早い一面は残っています。相手とのトラブルを回避するためにも、他のワンちゃんと触れ合わせるのは控えておきましょう。

★シャーペイはニオイが強いって本当?

シャーペイのように顔や体にシワがある犬種は、ニオイが強くなってしまう傾向にあります。実はシワとシワの間は蒸れやすくなっており、そこに雑菌が繁殖して強烈なニオイが発生してしまうのです。

ニオイをできるだけ抑えるためにも、シワとシワの間は毎日掃除してあげましょう。掃除の際はたるんだ皮膚を持ち上げ、奥の方にある汚れもしっかり拭き取ってください。拭き取りには、綿棒や蒸しタオルを使用することをおすすめします。

シャーペイをお迎えしよう!

シャーペイ

photo by Elisandra

シャーペイの基本データ

シャーペイの大きさ46~51cm
シャーペイの体重18~25kg
平均寿命10年以上
原産国中国

シャーペイのカラー

  • レッド
  • フォーン
  • クリーム
  • ブラック

日本最大級の畜犬団体「ジャパンケネルクラブ」の公式HPには、「シャーペイの毛色は白以外のソリッドカラー(単色)であればどんなものでも認める」と記載されていました。そのため、今回ご紹介しているカラー以外にも様々なバリエーションが存在しています。

数あるカラーの中でも、人気が高いのはレッドやフォーンでしょう。レッドは赤みがかった明るいブラウンをしており、愛らしい印象を受けます。一方、フォーンはレッドよりも若干薄いブラウンで穏やかそうな雰囲気が漂います。どちらも同じようなカラーではありますが、少しだけ見た目の雰囲気が異なりますので、好みは分かれるでしょう。

また、クリームのシャーペイは黄色味を帯びた薄いブラウンをしており、キュートな印象が強いです。ブラックのシャーペイは凛としたオーラを持ち、圧倒的な存在感を放ちます。貫禄だけで言うとブラックが断トツでしょう。

女の子と男の子どちらが人気?

女の子・・・50% 男の子・・・50%

ブリーダーナビの犬種別検索数より

シャーペイは性別による人気の差がまったくありません。そのため、どちらの性別にするかは飼い主の好みとなるでしょう。ただ、一般的に女の子の方が落ち着きがあって飼いやすいと言われています。

ブリーダーからお迎え!シャーペイの子犬が安い地域トップ3

シャーペイ

photo by christels

1位兵庫県34万8000円
2位
3位
全国平均34万8000円

ブリーダーナビしらべ

シャーペイをお迎えする際は、ブリーダーをおすすめします。とはいうものの、シャーペイはレアな犬種ですので、ブリーダーの数がとても少なく、お迎えできる場所は限られてしまうでしょう。ブリーダーナビで調査したところ、兵庫県のブリーダーであれば全国平均価格でシャーペイをお迎えできるようです。