ニューファンドランド

日本では認知度の低いニューファンドランドってどんな犬?人気のカラーは?安く迎えられる地域は?

ニューファンドランド

photo by skeeze

ニューファンドランドは、大きな体とフレンドリーな性格が特徴の犬種です。今も昔も海難救助犬として活躍しており、多くの人々を助けています。そんなニューファンドランドの歴史や魅力、安く迎えられる地域をご紹介します。

ニューファンドランドってどんな犬?

ニューファンドランド

photo by Alicja

ニューファンドランドの魅力

  • がっしりとした大きな体
  • 豊かな被毛
  • フレンドリーな性格

ニューファンドランドは、大型犬に分類されるほど大きな体をした犬種です。ただ大きいだけでなく、全身が筋肉で覆われていますので、かなり力強い印象があります。ちなみにニューファンドランドの平均体重は65kg前後だといわれており、2本足で立ち上がれば成人男性とほぼ同じくらいの身長になります。大きくて存在感のある体をしているため、小型犬が主流の日本でニューファンドランドを散歩させれば注目の的になることでしょう。

また、ニューファンドランドは2つに重なった分厚い被毛を持っています。胸元には豊富な飾り毛が生えており、ふんわりと柔らかな質感で触り心地抜群です。

そんなニューファンドランド最大の魅力は、どんな人・ワンちゃんにもフレンドリーだということでしょう。そのフレンドリーさは、全犬種の中でもトップクラスといわれています。本当に誰とでも仲良くなれますので、一緒に済む家族を選びません。小さな子どもがいる家庭でも先住犬がいる家庭でも上手く馴染むことができるため、ペットとしては最適な犬種でしょう。

ニューファンドランドの歴史

ニューファンドランドは、カナダのニューファンドランド島で生まれた犬種です。祖先犬は、バイキングに連れられていたクマのように「大きな黒い犬」だとされています。

その祖先犬とヨーロッパの漁師達が連れてきた様々な犬種を交配させ、徐々にニューファンドランドという犬種が形作られていきました。1610年には今日のニューファンドランドが出来上がっていたといわれています。

当時のニューファンドランドは、漁師の漁に同行して作業を手伝っていました。その優秀な活躍ぶりはカナダのみならず世界中で賞賛され、数多くの国で愛される人気犬種へと成長しました。

世界に進出したニューファンドランドは漁をサポートする犬種としてではなく、海難救助犬としても活躍するようになっていきます。なんと現在も海難救助犬として多くの人々を助けているそうです。

ニューファンドランドは世界では有名な犬種ではあるものの、日本では認知度や飼育頭数があまりいません。日本最大級の畜犬団体「一般社団法人ジャパンケネルクラブ」の調査によると、現在日本で飼育されているニューファンドランドは約170頭しかいないのだそう。(2018年調べ)ただ、ニューファンドランドは穏やかでフレンドリーな性格をしていますので、ペットとしては最高の犬種です。

ニューファンドランドの性格・性質

<3つのポイント>

  • 穏やかで優しい
  • 人間が大好き
  • 利口

ニューファンドランドはとても優しくて穏やかな性格をしています。攻撃性もほとんどありませんので、小さな子どもがいる家庭でも安心して飼育することができます。また、初めて会う人・ワンちゃんにも優しく接することが可能なため、ニューファンドランドはみんなから愛されることでしょう。

そんなニューファンドランドは、人間のことが大好きです。基本的に人間であればどんな人にでも構ってほしくて近寄っていきますが、中でも飼い主はニューファンドランドにとって特別な存在。飼い主には心を許し、常にベッタリとくっついて甘えます。屈強そうな見た目で甘えてくるギャップに魅了される人も多いのだそうです。

また、ニューファンドランドは非常に利口な犬種です。昔から人間のパートナーとして生活してきた犬種だからか、言葉の理解能力に長けています。それに加えて知識の飲み込みも早いため、ワンちゃんを初めて飼う方でもしつけがしやすいです。

ニューファンドランドのお手入れ

ニューファンドランドは被毛が長い上に量も多いため、ブラッシングを毎日行う必要があります。ブラッシングを怠ってしまうと被毛が絡まってしまったり、大きな毛玉ができたりしてしまいますので、注意してください。特に毛玉は1度できるとほぐすのが大変なため、ブラッシングをして未然に毛玉を防ぎましょう。

また、ニューファンドランドの被毛はやや油っぽくなっていますので、月に1回はシャンプーをしてあげてください。放っておくとベタつきが出てしまいます。自宅でシャンプーを行ってもいいのですが、排水口に被毛が詰まったり、乾かすことが大変だったりするため、シャンプーはトリミングサロンに依頼することをおすすめします。

ニューファンドランドの飼い方の注意点

ニューファンドランド

photo by mfrizzell

ニューファンドランドは水難救助犬として活躍しているパワフルな犬種ですので、それなりの運動量が必要となります。運動量が足りていないとストレスになってしまうため、毎日2回1時間以上の散歩を必ず行いましょう。

ただ、1歳前後の若い時期には体力が有り余っており、散歩だけでは物足りない場合があります。その際はドッグランで走らせたり、プールや海で泳がせたりする時間も設けてください。特にニューファンドランドは水辺で遊ぶことが大好きですので、嬉しそうに泳ぐ姿が見られるでしょう。

なお、ニューファンドランドは暑さに弱い犬種なので、夏場の散歩やお出かけには注意が必要です。特に気温が高くなる日中に外出してしまうと、熱中症にかかる恐れがあります。熱中症は最悪の場合命を落としてしまう危険な病気です。そのため、外出する際は早朝や夕方などの涼しい時間帯に行いましょう。

ニューファンドランドにまつわる噂

★ニューファンドランドは泳ぐのが得意って本当?

ニューファンドランドは泳ぐことが大の得意です。昔から漁のサポートをしたり、水難救助犬として活躍したりしていましたので、スイスイと泳ぐことができます。なお、ニューファンドランドの被毛には薄い油がコーティングされており、水をはじく仕様になっています。

★ニューファンドランドはヨダレがひどいって本当?

ニューファンドランドはヨダレの量が多いことで有名です。なぜヨダレがたくさん出てしまうのかは不明ですが、ほとんどの子が口からボタボタとヨダレを垂らしてしまうのだとか。特に食事後や運動後、興奮したときに多くのヨダレが出てしまうようです。口の周りについたヨダレを放置していると皮膚病になってしまう可能性がありますので、こまめに拭いてあげましょう。

★ニューファンドランドは飼い主に依存しやすいって本当?

ニューファンドランドは飼い主が好きすぎるゆえに依存してしまうことがあるようです。依存してしまうと、飼い主の姿が見当たらないと不安そうにソワソワしたり、飼い主が外出すると狂ったように吠え出したりしてしまいます。ひどい場合は自傷行為や破壊行動を引き起こしますので、ニューファンドランドが依存しないよう過度な甘やかしは控えましょう。

ニューファンドランドをお迎えしよう!

ニューファンドランド

photo by Ik T

ニューファンドランドの基本データ

ニューファンドランドの大きさ66~71cm
ニューファンドランドの体重50~69kg
平均寿命9~11歳
原産国カナダ

ニューファンドランドのカラー

  • ブラック
  • ブラウン
  • ホワイト&ブラック

ニューファンドランドのカラーには3色ほどありますが、その中で最もポピュラーなのがブラックです。ブラックは全身が艶のある黒い被毛で覆われており、かなり力強い印象を受けます。また、小型犬には出せない威厳のあるオーラを持ち合わせています。

先ほどのブラックに次いで人気が高いのが、ブラウンです。ブラウンは赤みの強い茶色をしており、かっこいいというよりも愛らしい雰囲気を持ちます。また、暖かな色味をしていますので、ニューファンドランドの穏やかさがより強調されています。

ホワイト&ブラックは、かなり貴重なカラーとなります。それゆえほとんど市場には出回っておらず、レアな個体として扱われています。どうしてもホワイト&ブラックのニューファンドランドをお迎えしたいという方は、ブリーダーに直接問い合わせてみましょう。

女の子と男の子どちらが人気?

女の子…37% 男の子…63%

ブリーダーナビの犬種別検索数より

ニューファンドランドは、女の子より男の子の方が人気です。

男の子は超がつくほどの甘えん坊が多いため、人気が高いのだと考えられます。とにかく飼い主や家族と一緒にいることを好みますので、常に誰かの後ろを付いて回ることも珍しくありません。愛犬にベタベタと甘えられたいとお考えの方は、男の子をおすすめします。

女の子は大人しい性格の子が多く、比較的飼いやすいといわれています。また、男の子に比べると体も大きくないため、日本の住宅でもさほど苦労することなく飼育できます。

ブリーダーからお迎え!ニューファンドランドの子犬が安い地域トップ3

ニューファンドランド

photo by 4598242

1位広島県18万7500円
2位福岡県28万4100円
3位岡山県35万0500円
全国平均26万2967円

ブリーダーナビしらべ

ニューファンドランドの子犬をお迎えする際は、ブリーダーからお迎えすることをおすすめします。

ブリーダーはペットショップに比べると飼育環境が良く、犬たちがのびのびと暮らしています。そのため、穏やかで神経質ではない子をお迎えすることができます。おすすめする理由はそれだけではありません。実はペットショップよりブリーダーの方がニューファンドランドを安く販売しているのです。

ニューファンドランドの全国平均価格は26万円ほどですが、広島県のブリーダーは18万円で販売しています。なんと8万円ほど安くお迎えすることができます。ニューファンドランドを少しでも安くお迎えしたいとお考えの方は、ぜひ広島県のブリーダーを訪問してみてください。