ミニチュアピンシャー

活発で遊び好きなミニチュアピンシャーの性格・しつけ・飼い方などをご紹介!

「ミニピン」の愛称で親しまれるミニチュアピンシャーは、引き締まったコンパクトな体にピンと立った耳が特徴の犬種です。活発で体を動かすことや遊ぶことが大好きで、小型犬にも関わらず非常にタフなのも魅力の一つでしょう。そんなミニチュアピンシャーの性格や飼い方などをご紹介いたします。

ミニチュアピンシャー

photo by Dorena

目次

ミニチュアピンシャーの基本データ

ミニチュアピンシャーの大きさ25cm~30cm
ミニチュアピンシャーの体重4~5kg
平均寿命長15年
原産国ドイツ

すらりとした四肢と、引き締まった体付きが特徴的なミニチュアピンシャー。体高と体長がほとんど同じスクエアな体格で、バランスが取れた見た目をしています。
ピンと立った耳も印象的ですが、これは生後3ヵ月ほどで断耳することで実現できています。しかし、今は動物愛護の観点から断耳をしない選択をする飼い主も多くなっています。
また、ミニチュアピンシャーは足を馬のように高く上げて歩く「バックニー歩様」も特徴の一つです。

ドーベルマンとは別犬種!ミニチュアピンシャーの歴史

ミニチュアピンシャーの歴史は古く、はっきりとした起源は分かっていませんが17~18世紀ごろが始まりとされています。ヘル・ピンシェルやジャーマンピンシャーなどを交配させ、ネズミ捕りなどの小害獣駆除をする犬種として活躍していました。
外見が似ていることから、よくドーベルマンを小型化した犬種だと言われますが、実はまったく別の犬種です。ただ、祖先犬がどちらも犬種も同じヘル・ピンシェルなので、似ているのかもしれません。

元気いっぱい!ミニチュアピンシャーの性格

個体差はあるものの、犬種によって性格は違います。ミニチュアピンシャーは愛情深く、警戒心が強い性格をしています。
溢れ出る好奇心から脱走することもあるミニチュアピンシャー。その他にはどんな一面があるのでしょうか?

活発で遊び好き!外交的で好奇心も旺盛

活気がありエネルギッシュなミニチュアピンシャーは、常に動き回っています。あまりの元気さに、飼い主がついていけなくなることもしばしば。遊び好きで、家の中を走り回るやんちゃな姿をよく見られるでしょう。

また、外交的で好奇心も旺盛なので、さまざまなことに興味を示します。初めて行く場所でも物怖じせず、「あっち行ってみようよ!」と楽しそうに探索をします。アウトドアのお供にはピッタリな犬種なため、お出かけが趣味の方にはおすすめです。
ただし、好奇心から脱走することが多いので注意しなければなりません。逃げ出してしまわないようにミニチュアピンシャーの行動にしっかり気を配りましょう。

警戒心が強く攻撃的になることも?

ミニチュアピンシャーはかなり警戒心が強く、少しの音でも敏感に反応します。その一方で怖いもの知らずな一面もあり、体こそ小さいですが自分より大きなワンちゃんにも果敢に立ち向かうことができます。
番犬としては頼りがいがありますが、少々攻撃的な一面を持ち合わせているため、知らない人や動物に飛びかかることもあるようです。嫌なことや乱暴に扱われるなどされると、攻撃的になる場合があるので、小さい子供がいる家庭は向いていない犬種と言えるでしょう。

忠実で愛情深い!綺麗好きな一面も

ミニチュアピンシャーは飼い主に従順忠実な犬種です。良好な関係性であればきちんと言うことを聞いてくれます。利口だからこそ主従関係がしっかりしていないとわがままな性格になるので気を付けましょう。
愛情深い性格でもあり、信頼していると甘えてきます。ただし、人見知りで他人には不愛想な態度をとってしまうようです。
また、綺麗好きな一面も特徴の一つです。部屋を走り周りますが、荒らして汚すことはあまりないでしょう。

飼いやすい?ミニチュアピンシャーの飼い方

ミニチュアピンシャーは小型犬ですがとてもタフなので、元気な犬種を迎えたい方に向いています。運動やアウトドアが好きな方なら、一緒にたくさん遊べる最高のパートナーになることでしょう。
しつけの際は興奮しやすい傾向から、落ち着いて行動することや自制心を育んであげることが大切です。また、脱走したりや子供に対して怒ったりすることもあるので、注意しなければなりません。

寒さと骨折に注意!住環境を整える

ミニチュアピンシャーは室内で飼育する犬種です。華奢な四肢は骨折や脱臼をしやすいので、床にカーペットを敷くなどして滑りにくくしたり、高いところに登れないようにしたりする必要があります。事故を防止するために、入ってほしくない場所には仕切りを作るなど住環境を整えることも大切です。興奮して部屋を走り回ってケガをしてしまわないよう、クレートトレーニングを行い留守番させるときは落ち着ける場所を用意してあげてください。
また、被毛が短く寒さに弱いので冬場は室温管理に気を付けなければなりません。服などを着せて暖かくしてあげましょう。

運動大好き!ミニチュアピンシャーの散歩について

ミニチュアピンシャーは小さな体には似合わず、かなりスタミナがあります。そのため、毎日の散歩や運動は欠かせません。散歩は毎日30~40分程度を1日2回行いましょう。冬に散歩をする際は寒さ対策として、服を着させてあげると良いでしょう。また、食欲が強いと散歩中に拾い食いをして誤食してしまう場合があります。目を離さずに散歩してあげてください。
散歩の他、家の中ではおもちゃで遊んだり、定期的にドッグランで自由に走らせたりするのも喜びます。ドッグスポーツなどもできますが、攻撃的な気質からトラブルを起こす可能性があるので、すぐに落ち着かせることができる飼い主との強い信頼関係が重要です。外で遊ばせるときは逃げ出さないように注意することも必要です。

ミニチュアピンシャーのトイレ・無駄吠え・噛み癖のしつけ方

ミニチュアピンシャーだけでなく、ワンちゃんをしつけるには飼い主との信頼関係が大切です。ミニチュアピンシャーは学習能力が高い犬種なので、飼い主をリーダーであることを理解させていれば、従順に聞いてくれます。褒められることが好きなので叱るのではなく、成功したら褒めるとより効果的です。
まず飼い主主導で我慢することを覚えさせることで、トイレをはじめ、その後のしつけが上手くいきやすくなるでしょう。気性が荒くて頑固な性格でもあるのでしつけには苦労しますが、根気強く教えていくことがポイントです。

トイレ成功の秘訣は褒めること

ミニチュアピンシャーは室内飼いなので、迎え入れてすぐに行うしつけがトイレです。
サークルを用意している場合、サークル内にトイレの場所を作り、覚えさせる方法があります。
最初は少量のおしっこを染み込ませたトイレシーツと一緒に設置すると、トイレの場所を覚えやすくなります。トイレが成功したら大げさに褒めることを繰り返すと次第に覚えてくれるでしょう。
失敗したときに叱ると隠れて排泄をするようになる可能性があるので絶対に止めてください。

また、ミニチュアピンシャーは綺麗好きな一面があるので、トイレはこまめに掃除するようにしましょう。

無駄吠えは多い?吠え癖をしつけるポイント

ミニチュアピンシャーは警戒心が強く、知らない人などに敏感に反応し吠えることがあります。番犬の役目は果たしますが、無駄吠えは近所迷惑になってしまうのでしつけをしなければなりません。

無駄吠えをすると「目を見て止めとはっきりと伝える」「おやつを取り上げる」「無視をする」など、無駄吠えのしつけ方法はさまざまですが、無駄吠えをすると嫌なことがあると理解させることがポイントとなります。
また、ミニチュアピンシャーは空き缶を叩く音が嫌いな傾向があるので、無駄吠えをすると空き缶を叩くことも効果的です。

甘やかせ過ぎると噛み癖の原因に

警戒心が強い性格の場合は、噛み癖にもつながることがあります。子犬の頃に甘噛みをしてくることがありますが、そのまま放置していると成犬になって噛み癖がついてしまいます。
そのため、基本的に噛み癖は子犬の頃からしつけます。噛まれたら徹底的に無視をしたり、空き缶を叩く音を出したりして、噛んだ後に嫌なことが起こると覚えさせます。

もし、さまざまなしつけ方法をしても噛み癖が治らない場合はドッグトレーナーに依頼することも一つの方法です。周りの人にケガをさせないためにも、しっかりしつけていきましょう。

抜け毛・カット・毛色まで!ミニチュアピンシャーお手入れ方法

光沢のあるツヤツヤとした被毛が印象的なミニチュアピンシャー。毛色にはさまざまなバリエーションがあり、短毛なのでお手入れは簡単です。
ミニチュアピンシャーの被毛にはどんな特徴があるのか、毛色やお手入れ方法など詳しくご紹介します。

ミニチュアピンシャーの毛色はバイカラーor単色

バイカラー(2色)

黒や淡い茶色をベースに、タン(黄褐色)の模様が入ったカラーです。

・ブラック&タン

ミニチュアピンシャーの毛色 ブラック&タン

photo by Dorena

・チョコレート&タン

単色

赤茶色から濃い茶色までさまざまで、以下の種類があります。

・ディアー・レッド

ミニチュアピンシャーの毛色 ディアー・レッド

photo by elsabsalgado

・レディッシュ・ブラウン

・ダーク・レッド・ブラウン

ミニチュアピンシャーのカラーは、単色もしくはバイカラーの2パターンに分かれます。
中でもミニチュアピンシャーと言えばブラック&タンを思い浮かべる方が多いはず。ブラックをベースに目の上や胸元、足先などにタンが入ることが多いです。
単色にはレッド系やブラウン系があり、くっきりと筋肉が浮き出る、力強いイメージがあります。

短毛でお手入れは簡単!

ワンちゃんの被毛の構造はダブルコートとシングルコートに分かれ、ダブルコートは「換毛期」に入ると抜け毛が多くなります。
ミニチュアピンシャーの被毛は短毛のスムースコートなうえ、シングルコートなので抜け毛は多い方ではありません。トリミングも必要ないので、比較的にお手入れは簡単です。
運動後にはよく絞った濡れタオルなどで汚れを落とし、必要に応じてシャンプーを行うと良いでしょう。

ブラッシングとシャンプーで抜け毛対策を

ミニチュアピンシャーは抜け毛が比較的少なく、毛が絡まって毛玉ができることもありません。とは言え、毛の流れを整えたりツヤを出したりするには定期的なブラッシングが必要です。ブラッシングにはラバーブラシを使ってください。スリッカーブラシは皮膚を傷つけてしまう恐れがあります。ブラッシングは皮膚の新陳代謝を促す効果もあります。

また、シャンプーは月に1度は行ってあげましょう。ミニチュアピンシャーは綺麗好きでもあるので、皮膚を清潔に保ってあげてください。短毛なので自宅でのシャンプーも比較的簡単ではありますが、慣れるまで初めのうちはトリミングサロンにお願いしても良いかもしれません。

ミニチュアピンシャーのお手入れ方法は?

ブラッシングやシャンプーといった抜け毛対策の他にも定期的に行う必要があるお手入れはいくつかあります。簡単にケアできるように、子犬の頃から慣らしておくことも大切です。
お手入れを行うことは、病気やケガの予防にもつながるので、以下のものも忘れずにケアするようにしましょう。

眼のお手入れの頻度とやり方

ミニチュアピンシャーはアレルギーなどで皮膚炎を起こしやすい傾向があります。その皮膚炎から目の周りをかゆがり、涙が出ることで涙やけになる場合があるようです。

目の周りを湿らせたガーゼで優しく拭き取り、清潔に保ちながらこまめに目をチェックするようにしましょう。
なお、毎日汚れを拭き取っていても、涙が出続ける場合は結膜炎など眼の病気を発症している可能性があります。その場合は早めに動物病院を受診してください。

爪切りの頻度とやり方

爪は外での運動によって自然に削られることもありますが、ミニチュアピンシャーは室内犬なうえ、綺麗に爪を整えるためにも爪切りは必要です。
爪が伸びてしまうと、肉球や皮膚を傷つける場合があるので、月に1回を目安に爪を切りましょう。足を手で固定して犬専用の爪切りで行ってください。

ただし、深爪には気を付けなければなりません。ミニチュアピンシャーの爪は黒く、どこまで切っていいのか分からないので、不安な場合は動物病院やサロンでしてもらうと安心です。

歯磨きの頻度とやり方

歯磨きが苦手なワンちゃんもいますが、歯垢や歯石が原因で歯周病を発症してしまうことを防ぐためにも最低でも週1回程度の歯磨きが必要です。

歯磨きに慣れるまではガーゼや歯磨きシートを指に巻き付けて汚れを拭き取り、その後徐々に歯ブラシに変更してみましょう。
無理やり押さえつけて歯磨きをしてしまうと、どんどん嫌になる場合があるので気を付けてください。

耳掃除の頻度とやり方

ミニチュアピンシャーは立ち耳なので垂れ耳の犬種よりは耳の汚れは少ないですが、月1~2回は耳掃除を行う必要があります。なお、垂れ耳のミニチュアピンシャーの場合は耳の中が蒸れやすいので注意して観察するようにしてください。

耳の中が汚れていると外耳炎や細菌感染をしてしまいます。病気を予防するためにも、イヤークリーナーとコットンを使って定期的に耳掃除をしましょう。綿棒を使う方法もありますが、慣れていないと耳の中を傷つける可能性があるので初心者にはあまりおすすめではありません。

肛門腺絞りの頻度とやり方

肛門の周りにある肛門腺は、マーキングで使う分泌液を出す役割があります。分泌液を出さずにいると、肛門腺に分泌物が溜まり炎症を起こしてしまいます。
肛門腺を気にしてお尻をこする様子が見られた場合は分泌物が溜まっているということです。月に1回を目安に肛門腺絞りを行うようにしましょう。

肛門腺絞りは尻尾を持ち上げ、2本の指で下から上に押し出すようにして絞りますが、自分では不安な場合は動物病院やサロンでも対応してもらってください。

気を付けたいミニチュアピンシャーの病気

ミニチュアピンシャーは基本的に丈夫な身体をしていますが、眼疾患や関節疾患など注意しなければならない病気もあります。
華奢な体型なので、脱臼や骨折もしやすく高いところに登られない、床を滑りにくくするなど対策も必要です。
事前になりやすい病気やケガについて理解し、予防に努めましょう。

ミニチュアピンシャー

photo by _Alicja_

小型犬に多い!「大腿骨骨頭壊死(レッグ・ペルテス)」「膝蓋骨脱臼」「椎間板ヘルニア」

大腿骨骨頭壊死(レッグ・ペルテス)

太ももと骨盤を繋げている骨の部分(大腿骨)への血液が足りなくなり、骨頭が壊死する病気です。痛みがあるので足を着かないような歩き方をする様子がみられます。原因は明確には分かっておらず、1歳以下の小型犬での発症が多いです。

治療には鎮痛剤などの内科治療がありますが、症状の改善が見られないことが多く、その場合は外科治療が選択されます。

膝蓋骨脱臼

症状には無症状から歩行困難まであり、その程度は4段階のグレードに分けられます。
膝蓋骨脱臼は後肢の膝蓋骨が外れることが原因で、先天的な異常のほか肥満によって関節に負担がかかることで発症することもあります。後天的な発症を防ぐためには、体重管理や滑りやすい床にカーペットを敷くなどが大切です。

治療は症状やグレードによって分けられ、軽度の場合は鎮痛剤などが処方され、重度の場合は手術を行うようになります。

椎間板ヘルニア

背骨の骨と骨との間にある椎間板が飛び出してしまい、神経(脊髄)を圧迫することで痛みや麻痺などの症状が現れます。
激しい運動や脊髄に強い力が加わる、老化現象などが原因で起こるので、階段などの段差の登り降りを避けるなどが予防となってきます。

治療は軽度の場合は運動制限や消炎剤の投与などで内科治療が行われます。内科治療で改善されなかったり重症だったりする場合は手術を行い、その後多くの場合、リハビリをすることとなります。

耳の病気もかかりやすい!「外耳炎」「耳介辺縁皮膚症」

外耳炎

耳の中で炎症が起き、痛みや痒みが起こる病気が外耳炎です。耳を掻くなどの耳を気にする様子が見られることが特徴です。

耳の中に湿気や汚れが溜まってしまうと、ダニや細菌が繁殖しやすくなります。外耳炎の原因はさまざまで、寄生虫や異物などが耳の中に入ることでも発症します。日頃から耳の中をチェックし、耳掃除をして清潔に保つことが大切です。

一般的に耳を洗浄して汚れを取った後に点耳薬などで治療を行います。耳ダニの場合は駆虫薬を投薬し、異物の場合は取り除く処置を行います。

耳介辺縁皮膚症

耳の縁にかさぶたのようなものが付き、皮膚が黒くなったり脱毛したりします。基本的に痒みはありませんが、違和感から耳を引っ掻き出血してしまうことで痛みを伴う場合があります。

原因は耳の縁の血行が悪くなり、細胞が死ぬことと言われています。血行が悪くなる理由は遺伝や免疫の異常、寒さ、栄養不足などです。暖かい環境でしっかりと栄養を与えるようにしましょう。

保湿剤やシャンプーなどの治療法が取られますが、完治は難しいとされています。

「アレルギー性皮膚炎」などの皮膚病にも要注意!

ミニチュアピンシャーはシングルコートの短毛でデリケートな皮膚をしているので、皮膚病には気を付けなければなりません。
例えば、ノミや花粉、食べ物などのアレルゲンによって引き起こされるアレルギー性皮膚炎を発症すると、痒みや脱毛などの症状が現れます。

原因のアレルゲンを特定し、ノミが原因の場合は駆虫剤を使って予防することができます。その他の原因の場合の予防は難しいですが、なるべくアレルゲンを遠ざけることが大切です。

治療には抗ヒスタミン剤や免疫抑制剤などを投与します。

突然死の可能性も?「拡張型心筋症」

心筋に異常が起こり、心臓の収縮する力が低下し、心臓が拡張する病気が拡張型心筋症です。大型犬での発症が多いですが、ミニチュアピンシャーでも見られます。咳や食欲不振などの症状が現れ、不整脈で突然死に至ることもあります。

原因は不明なので、早期発見・早期治療が重要です。

基本的に完治する病気ではありません。血管拡張剤などの薬を生涯にわたって使用するようになります。

最終的には失明に!「進行性網膜萎縮」

目の内側にある網膜に異常が生じ、だんだん視力が低下する遺伝的な病気です。初期には暗い場所で物にぶつかる様子などが見られ、進行すると最終的には失明します。

原因が遺伝なので予防は難しいとされています。遺伝子異常がないワンちゃん同士で交配させることが、発症を未然に防ぐことに繋がります。

効果がある治療法は見つかっておらず、点眼薬や内服薬で発症を遅らせるなどの対応が取られます。

ミニチュアピンシャーをブリーダーから購入した場合の値段は?

ミニチュアピンシャーの子犬が安い地域ランキングベスト3

1位長崎県13万8300円
2位岐阜県14万2500円
3位岡山県14万3000円
全国平均16万4053円

ブリーダーナビしらべ
※執筆時のデータのため最新状況と異なる場合もございます。

ブリーダーからお迎えするメリット

①健康的で社交性の高い子犬を迎えやすい

十分に衛生管理がなされているブリーダーのもとで生まれ育った健康的な子犬を探すことができます。また、他にも子犬がいる環境で生まれ育っているため、社会性が身に付いた状態で迎えやすくなります。さらに、基本的なしつけを受けている他、適切な血統管理がなされているケースが多いです。

②購入後のサポートも安心できる

子犬の見学を通してブリーダーの顔がわかり、信頼関係を築くことができます。子犬の購入後も分からないことがあれば質問しやすくなり、安心してサポートを受けられます。

③購入金額を抑えられる

流通の中間マージンがかからないため、ペットショップから購入する場合にくらべて子犬の購入金額は安くなります。ミニチュアピンシャーの子犬をブリーダーからお迎えしたい方は、こちらのボタンから最新情報をチェック!優良ブリーダー情報も詳しく掲載しています。

※タイミングによってはお迎えできるワンちゃんがいない場合もあります。