マルチーズ

マルチーズの性格や飼い方は?抜け毛・寿命・病気なども解説

純白な毛色と黒くて大きい目が特徴的なマルチーズ。穏やかで大人しい性格をしており、子どもや先住動物がいても上手く対応することができます。そんなマルチーズの性格や飼い方、抜け毛の手入れやかかりやすい病気などを解説します。

マルチーズ

photo by Pezibear

目次

マルチーズの基本データ

マルチーズの大きさ最高25cm
マルチーズの体重2~3kg
平均寿命12年以上
原産国マルタ共和国

マルチーズの体重の推移は、生後4ヵ月で1㎏、生後10ヵ月で1.8㎏と増え、成犬の体重は2~3㎏が目安とされています。3㎏を超えると肥満の可能性があります。肥満は病気の原因となることがあるので、気を付けなければなりません。急激に体重が増減する場合は何かの病気の恐れもあるので、しっかりと体重管理も行いましょう。

昔から可愛がられてきたマルチーズの歴史

マルチーズの紀元は明確ではありませんが、紀元前1500年頃、フェニキア人が貿易の中継地点であった地中海のマルタ島に持ち込んだ犬が、マルチーズの祖先という説が有力とされています。

1300年代になると、マルチーズはイギリスに渡り貴族の愛玩犬として可愛がられるようになりました。愛犬家として有名だったビクトリア女王が飼育していたこともあり、19世紀末には世界中でマルチーズが大流行したそうです。

一時期、他犬種との交雑によって絶滅の危機に陥ったこともありますが、マニラから輸入した数頭の犬を元に何とか血統を繋ぎ留め、そのまま世界でもトップクラスの人気犬種へと成長し、その人気は今も健在です。

おおらかで元気いっぱい!マルチーズの性格

マルチーズは古くから愛玩犬として可愛がられてきただけあって、温厚で愛情深い性格をしています。元気いっぱいによく遊び、聡明でもあるので犬とのふれあいを大切にしたい方に向いている犬種とも言えるでしょう。
基本的に飼育がしやすい性格をしているマルチーズ。他にはどんな一面があるのでしょうか?

穏やかで愛情深い!素直な愛玩犬らしい性格

マルチーズはとてもおおらかな性格をしており、落ち着きがあります。「抱き犬」としても有名なマルチーズは、飼い主に抱っこされても暴れることがなく、外出時に抱っこしても暴れることが少ないようです。

穏やかで大人しい性格から、子どもや先住動物がいても上手く対応することができるでしょう。飼い主にも従順で、飼い主と一緒に行動することを好む愛情深い性格も魅力的です。

また、ドタバタと動き回ったり、吠えたりすることが少ないので、家と家の距離が近い日本の住宅でも飼いやすいと言えます。

元気いっぱいに遊ぶ姿にも癒される

普段は落ち着いた性格ですが活動的な一面や遊び好きでもあるので、遊ぶときは今まで温存していたものを発散するかのように元気溌剌に動き回ります。

その様子がまるでテリア犬種のようであることから、昔は「マルチーズ・テリア」とも呼ばれていたそうです。遊びたい欲求を溜めすぎるとストレスにつながりますので、定期的に遊ぶ時間を設けましょう。

体は小さいけど警戒心が強く恐れ知らず

マルチーズが「マルチーズ・テリア」と呼ばれていた所以は溌剌と遊ぶ様子だけではなく、気が強い一面にもあります。

基本的には大人しい性格ですが、見知らぬ人や犬には警戒心を持ち、自分より大きい犬に対しても飼い主を守ろうと立ち向かう恐れ知らずの性格も見られます。体は小さいですが、大胆な性格をしていることも特徴です。

賢いからこそイタズラ好き?性格が悪いと言われる理由とは

マルチーズは賢く、飼い主によく従います。そのため、しつけで苦労することは少ないのですが、賢いがゆえに飼い主を困らせてしまうことがあります。

例えば飼い主の気を引くためにわざとイタズラをしたりします。イタズラをして飼い主が反応してしまうと、構ってもらえると理解してしまいます。甘やかさずに無視することで、イタズラをすると構ってもらえないということを覚えさせましょう。

マルチーズの飼い方は?飼育環境や散歩と運動量

マルチーズは愛情深く、飼い主とのふれあいを好みます。暑さや寒さ対策としてはもちろんですが、いつも飼い主の近くにいられる室内で飼育することはマルチーズにとって安心です。
室内飼育には気を付けなければならないポイントはいくつかあります。運動量なども含め、マルチーズにとって最適な飼い方を確認しましょう。

しつけについてはこちらから

抜け毛についてはこちらから

飼育環境を整えて快適な暮らしを

マルチーズは暑さや寒さに敏感なので室内での飼育となります。特に暑さに弱いので、室温を調節するなどして熱中症にならないように対策する必要があります。

室内飼育をすると無駄吠えなどで近隣に迷惑となる場合がありますが、マルチーズは無駄吠えが少ないのでマンションなどでも問題なく飼育できるでしょう。もちろん、無駄吠えがないようにしつける必要はあります。

ただし、飼育環境には気を付けなければなりません。ソファやベッドの昇り降りや抱っこ時の落下などで脱臼や骨折をする恐れがあるので、段差が低い家具を選んだり、床にカーペットを敷いて滑りにくくしたりする工夫が必要です。

また、留守番が苦手な場合が多いので、マルチーズが独りでも落ち着くことができるスペースを用意してあげましょう。

室内だけで飼育していると社会性が身に付きません。子犬の頃から外に連れて行き、いろんな人や犬と触れ合わせることも大切です。

長時間の運動は関節の負担に

マルチーズは遺伝的に関節が弱い犬種です。活発で遊び好きなので動きたがりますが、長時間の運動は関節の負担になってしまいます。

運動量はそれほど必要としないので、1日15~20分を目安に散歩を行うと良いでしょう。あまり体を動かしていないとストレスになってしまいます。ストレスが溜まらないよう、室内でも遊ぶ時間も作ってあげましょう。室内で遊ぶ際も関節の負担にならないよう十分気を付けてください。

甘えん坊のマルチーズが可愛くて、ついつい甘やかしてしまいますが、甘やかしすぎるとわがままになってしまったり性格が荒くなったりしてしまいます。

主従関係をしっかり築き、上手くできたときは褒めることで教えていきましょう。
犬に必要なしつけはさまざまです。ここではトイレや無駄吠え、噛み癖の方法をご紹介します。

トイレ成功の秘訣は思い切り褒めること

迎え入れて第一のしつけはトイレです。
まずはトイレシーツをケージの中の一面に敷き詰め、排泄したときに大げさに褒めてあげてください。

マルチーズは褒められると喜び、よりトイレを覚えようとする意欲が増します。
トイレを失敗したときは、叱ってはいけません。排泄を悪いことだと考えてしまうようになるからです。失敗したときはマルチーズとは目を合わせず、黙って片付けましょう。

トイレに慣れてきたら、徐々にトイレシーツを敷く範囲を小さくしていくと、小さなトイレシーツでも排泄できるようになるでしょう。

無駄吠えは理由に合わせたしつけを

マルチーズは比較的無駄吠えは少ない傾向がありますが、甘えん坊な性格から飼い主の気を引くために吠えてしまうことがあるようです。警戒心から見知らぬ人や犬へ吠える場合もあります。

無駄吠えをしつけるには吠える原因によって異なります。飼い主に対して吠える要求吠えには、吠えても無視し続け、吠えることを止めたときにおやつなどのご褒美を与えます。

警戒心からくる警戒吠えの場合は、子供の頃から社会性を身に付けさせることが大切です。吠えることを止めさせるために「おすわり」や「待て」などの指示をかけることも効果的です。

甘やかせ過ぎると噛み癖の原因に

歯の痒みや子犬のコミュニケーションから甘噛みをしますが、人間に対しての甘噛みを許してしまうと成犬になって噛み癖がついてしまいます。

成犬は子犬に比べて力が強く、ケガをしてしまう場合があります。また、噛むことを許していると飼い主より優位と認識してしまうので主従関係が築けなくなってしまいます。

人間への甘噛みは子犬の頃から止めさせる必要があります。噛まれたときに痛いことを低い声で伝えたり、大きな音を出して驚かせたりして噛むことを止めさせましょう。

真っ白で触り心地が良いマルチーズの被毛は、ブラッシングやシャンプーなど定期的なお手入れが必要です。綺麗な被毛を活かしたさまざまな可愛いカットスタイルを楽しめるのも魅力でしょう。
ここでは、マルチーズの被毛の特徴やお手入れ方法など詳しくご紹介します。

マルチーズの毛色はホワイト1色

マルチーズ

photo by Mia_Rainbow

マルチーズのカラーは、白1色しか存在しません。全身が雪のように真っ白な毛で覆われており、とても神々しい見た目をしています。白い毛だからこそ黒くて大きい瞳が強調され、より愛くるしさが増しています。

ただ、個体によって色の濃淡が異なるため、真っ白だけでなく「クリーム」や「薄いレモン色」の子も存在しています。

黒のマルチーズを見かけた方もいるかもしれませんが、純血ではなくミックス犬の可能性が高いでしょう。

マルチーズは抜け毛が少ない?

柔らかな毛質のマルチーズの被毛は抜け毛がそれほど多くありません。マルチーズはオーバーコート(上毛)のみのシングルコートなので、被毛が抜け変わる換毛期がなく抜け毛に悩まされることはないでしょう。また、シングルコートは体臭が弱いと傾向があるので、室内で飼いやすいと言えるでしょう。

とは言え、少なからず抜け毛はあるのでブラッシングをしてお手入れをする必要があります。マルチーズの被毛は放っておくと伸び続け、柔らかい毛質のため毛玉にもなりやすいです。

毛玉は皮膚炎の原因になってしまうので、気を付けなければなりません。ブラッシングは毎日、トリミングは定期的に行いましょう。

ブラッシング・シャンプーで抜け毛対策を

ブラッシングやシャンプーは、抜け毛対策はもちろん、皮膚病の予防にもつながります。こまめに行って、被毛を清潔に保ちましょう。

ブラッシング

ブラッシングは毎日行うことが望ましいですが、最低でも3日に1回は行いましょう。スニッカーブラシなどで力を入れ過ぎないようにブラッシングをしてください。毛玉ができやすい脇の下や耳の付け根も念入りに行いましょう。

シャンプー

シャンプーは多すぎると皮膚のダメージとなるので、月に1~2回を目安にしてください。シャンプーの前は被毛を梳いて行い、シャンプーの後はドライヤーを使ってしっかり乾かしましょう。人間用のシャンプーは犬の皮膚には刺激が強いので、必ず犬用のシャンプーで行ってくださいね。

トリミングの頻度とカットスタイル

マルチーズ

photo by Counselling

マルチーズの被毛は放っておくと伸び続けますので、月に1度のカットが必須となります。地面まで毛を伸ばす“フルコート”というスタイルもありますが、お手入れに手間がかかるため、短くカットすることが多いようです。

マルチーズの被毛を自分で整えることもできますが、プロに任せて可愛いカットスタイルを楽しむのも良いでしょう。
さまざまなスタイルが豊富に揃うので、愛犬にピッタリなスタイルを探してみてください。

まんまるお顔カット(テディベアカット)

顔周りを丸くカットし、まるでテディベアのような仕上がりになります。

パピーカット

毛をすいてカットし、小さな子犬のように仕上げます。

ボブカット

耳や顔の毛を長めに残し、全身は短くカットします。

マルチーズのお手入れって何が必要?

抜け毛対策やトリミングなど、被毛のお手入れ以外にも定期的に行うケアは他にもあります。犬は自分でお手入れをすることはできないので、飼い主が積極的に行わなければなりません。嫌がらないよう、子犬の頃からお手入れを習慣化していきましょう。

目や足の汚れのお手入れ

マルチーズの被毛は真っ白だからこそ汚れると目立ってしまいます。
散歩から帰ると肉球やその周りの被毛は汚れているので綺麗に拭き取ってあげましょう。

また、目の周りの被毛は目やにや涙やけなどで放置していると変色させてしまいます。こまめにコットンなどで優しく拭き取ってください。あまりにも目やにや涙やけがひどい場合は病気の可能性があるので、早めに動物病院を受診しましょう。

爪切りの頻度とやり方

犬の爪は通常、散歩などで自然と削れていきますが、マルチーズはあまり運動量が必要ではないので伸び続けてしまいます。伸びた爪はカーペットに引っかかったり、歩き方に影響したりしてしまうので月に1回を目安に爪切りを行う必要があります。

爪には血管が通っているので深く切り過ぎてしまうと出血してしまいます。爪切りを嫌がる場合や上手く爪を切れるか不安な場合はトリマーか獣医師に依頼すると安心です。

歯磨きの頻度とやり方

歯磨きをしていると歯周病の発症を防ぐことができます。できるだけ毎日歯ブラシを行う習慣を子犬の頃から作り、歯磨きに対して抵抗がないようにすることが大切です。

ガーゼやシートを使って汚れを落とすところから始め、慣れてきたら歯ブラシで一本ずつ歯を磨いてあげましょう。奥歯は歯垢が溜まりやすくなっています。嫌がらないように優しく磨くことを心がけましょう。

耳掃除の頻度とやり方

マルチーズは垂れ耳なうえ、耳の毛が多いので汚れが溜まりやすい傾向があります。耳の中に汚れが溜まってしまうと、外耳炎などの耳の病気になってしまうので定期的なケアが必要です。

イヤーローションとコットンを使って1~2週間に1度を目安に耳掃除を行ってください。耳はとてもデリケートなので、強く拭き取ったり慣れない綿棒を使ったりすると耳を傷つけてしまうことがあるので注意が必要です。

また、耳をかゆがったり黒い汚れが出てきたりした場合は動物病院を受診しましょう。

肛門腺絞りの頻度とやり方

犬の肛門の下(4時と8時の方向)にある肛門腺は、マーキングで使う分泌物を出します。この分泌物が溜まってしまうと、お尻を気にして地面にこすりつける様子がみられます。

肛門腺絞りは月に1回を目安に行ってください。尻尾を持ち上げ、2本の指で下から上に押し出すようにして絞るとできますが、嫌がったり臭いが服についたりする場合があるので、トリマーや獣医師に依頼しても良いでしょう。

マルチーズに多い病気は?

病気の発症は先天的・後天的に分かれます。先天的なものは両親からの遺伝が大きく関わっていることが多いので、ブリーダーから迎える際は両親の病気についても確認しておくことをおすすめします。
マルチーズは眼や耳などの病気にかかりやすい傾向があります。その他の病気も発症することがあるので、事前に確認しておくことも大切です。

大きな瞳も病気に!「眼瞼内反症」「白内障」

真っ白な被毛とは対照的な黒い大きな瞳は、「眼瞼内反症」や「白内障」といった眼の病気に気を付けなければなりません。

例えば、眼瞼内反症を発症すると瞼が内側に入り込み、角膜や結膜を刺激し、痛みや痒みを感じるようになります。

先天的な場合が多いので予防は難しいと言われています。ひどくなる前にすぐに動物病院を受診することが大切です。

軽度の場合はまつ毛を抜く、点眼の処置などの内科治療がとられますが、瞼がめくれないように手術する根本的な治療がとられる場合もあります。

小型犬がかかりやすい!「膝蓋骨脱臼」

小型犬がかかりやすい関節疾患が膝蓋骨脱臼です。4段階に分かれるグレードによって無症状から歩行困難まで症状が異なります。

先天的と後天的に原因は分かれます。後天的な場合は肥満で足に負担がかかったり、床で滑ったりして起こるので、体重管理や飼育環境の改善が予防に繋がります。

治療はグレードや症状によって異なります。鎮痛剤などで症状の緩和をすることもありますが、症状やグレードによって手術で根本的な治療を行う場合もあります。

垂れ耳に多い「外耳炎」

耳の毛が多く垂れ耳のマルチーズは、外耳炎にかかりやすい犬種です。
耳の中に細菌やダニが繁殖し、痒みや痛みから耳を掻く様子が見られるようになります。寄生虫や異物など、外耳炎の原因は多様なので、耳を清潔に保つことはもちろん、こまめに耳の中を確認することが予防となります。

治療法は原因によって異なります。洗浄で汚れを取り除いた後、点耳薬などで治療することが一般的ですが、耳ダニの場合は駆虫薬、異物の場合は取り除く処置を行います。

子犬は特に注意を!「低血糖症」

血糖値が低下することで、ふらついたり元気がなくなったりといった症状が出ます。成犬でも発症することはありますが、十分に体が完成していない子犬(生後3ヵ月頃まで)で多くみられます。

子犬の場合はストレスや寄生虫、先天的な肝疾患などが原因として挙げられます。食事の与え方を工夫するなどが予防に繋がります。

一方、成犬の場合は膵臓の腫瘍や副腎皮質機能低下症などの病気が原因で二次的な症状として発症することが多いです。定期的な健康診断などで早期発見することが予防の鍵となります。

ブドウ糖を口から投与したり、意識がない場合は注射によってブドウ糖を体内に入れたりすることで治療を行います。

気を付けたい脳の病気「水頭症」

水頭症を発症すると脳の周りにクッションの役割をしている脳脊髄液が過剰に多くなり脳を圧迫するようになります。脳が圧迫されることで、発作や意識障害など症状が現れます。

原因は遺伝などが関わる先天的と後天的に分かれます。後天的の場合は損傷や脳腫瘍などが原因です。日頃から動作に異常がないか気を付け、早期発見・早期治療に努めましょう。

治療は内科治療と外科治療があります。症状や状態によって治療法が選択されます。

高齢時は要注意!「僧帽弁閉鎖不全症」

小型犬の老犬が発症しやすいと言われており、特にマルチーズは発症が多い傾向がある病気です。

初期症状はなく、進行するにつれて運動を嫌がったり、興奮時に倒れたりします。重症になると呼吸困難やチアノーゼなどの症状が現れ、死に至るケースもあります。

左心房と左心室の間にある僧帽弁が変性することが原因ですが、予防や完治が難しい病気と言われており、肥満を避けるなど心臓に負担をかけないようにすることが勧められています。

症状や重症度によって異なりますが、治療には利尿剤や血管拡張薬などで心臓の負担を減らす方法がとられます。

マルチーズのミックス犬って?

現在日本では、純血統同士を掛け合わせた「ミックス犬」が大人気です。特にマルチーズと掛け合わされたミックス犬は小さくて愛嬌があり、とても人気があります。
ミックス犬は両親の良いとこ取りをしているだけあって、たくさんの魅力が詰まっています。マルチーズと掛け合わせたミックス犬はどのような子がいるのでしょうか?

マルプー

マルチーズ×トイプードル
数あるミックス犬の中でも高い人気を誇るマルプー。両親はどちらもぬいぐるみのような可愛いルックスをしていますので、マルプーもその愛らしい見た目を存分に受け継いでいます。

チワマル

マルチーズ×チワワ
顔立ちは若干チワワ寄りで、全体的な見た目はマルチーズっぽさがあります。ただ、マルチーズもチワワも骨が細い犬種ですので、骨の弱い子が生まれる傾向があるようです。

マルックス

マルチーズ×ダックスフンド
全体的にダックスの血が濃く、体型は胴長短足です。両親はどちらも幼い顔をしているため、マルックスもあどけなくて愛らしい顔をしています。

ポメマル

マルチーズ×ポメラニアン
どちらかというとポメラニアンが強く出ており、ふんわりした毛も相まって丸味を帯びた体型の子が多いようです。

マルチーズをブリーダーから購入した場合の価格は?

マルチーズ

photo by Pezibear

マルチーズの子犬が安い地域トップ3

1位山口県12万円
2位大分県14万2111円
3位宮崎県14万6000円
全国平均20万8804円

※記事執筆時点のデータ
ブリーダーナビしらべ

ブリーダーからお迎えするメリット

①健康的で社交性の高い子犬を迎えやすい

十分に衛生管理がなされているブリーダーのもとで生まれ育った健康的な子犬を探すことができます。

また、他にも子犬がいる環境で生まれ育っているため、社会性が身に付いた状態で迎えやすくなります。

さらに、基本的なしつけを受けていたり、適切な血統管理がなされていたりするケースが多いです。

②購入後のサポートも安心できる

子犬の見学を通してブリーダーの顔がわかり、信頼関係を築くことができます。
子犬の購入後も分からないことがあれば質問しやすくなり、安心してサポートを受けられます。

③購入金額を抑えられる

流通の中間マージンがかからないため、ペットショップから購入する場合にくらべて子犬の購入金額は安くなります。

マルチーズの子犬をブリーダーからお迎えしたい方は、こちらのボタンから最新情報をチェック!優良ブリーダー情報も詳しく掲載しています。

※タイミングによってはお迎えできるワンちゃんがいない場合もあります。