ケリーブルーテリア

アイルランドの国犬ケリーブルーテリア!犬種の魅力や歴史は?犬種の性質・飼い方・毛色・子犬の安い地域などもご紹介

ケリーブルーテリア

画像素材:PIXTA

アイルランドの国犬であるケリーブルーテリアは、その名の通りブルーの毛色が美しいワンちゃんです。「ブルーデビル(青い悪魔)」の異名を持ち、気が強く頑固でテリア気質が強い犬種としても知られていますが、アイルランドをはじめ世界各国で人気があります。そんなケリーブルーテリアの魅力や歴史、飼い方の注意点や子犬の安い地域などをご紹介します。

ケリーブルーテリアってどんな犬?

ケリーブルーテリア

画像素材:PIXTA

ケリーブルーテリアの魅力

  • ブルーの被毛が美しい
  • 国内では珍しい
  • 飼い主に忠実
  • 賢いため様々な遊びや訓練を楽しめる

たっぷりとたくわえた口ひげと、筋肉で引き締まった体を覆うボリューミーな巻き毛が特徴的なケリーブルーテリア。スモークブルー、シルバーグレーなどと表現される青みがかった被毛を持つケリーブルーテリアは、個性的な風貌で世界中を魅了し、現在多くの国で愛されています。
日本国内ではあまり見かける犬種ではないため、連れて歩いている人を見ることができたらラッキーかもしれません。

ケリーブルーテリアはテリアらしい気の強い性格で、少々扱いにくいともいわれていますが、飼い主に対してはとても忠実です。飼い主を独占して1対1で遊ぶのが大好きで、幼い子供のような可愛らしい一面もあります。

また、猟犬以外にも警察犬、探索犬、警備犬など幅広いシーンで活躍するケリーブルーテリアはとても賢く、難易度の高い訓練も幼い頃から練習を積めばこなせるようになります。

愛犬との訓練や遊びを楽しみたいという人にとっても、とても魅力的な犬種といえるでしょう。

ケリーブルーテリアの歴史

ケリーブルーテリアは原産地のアイルランドに何世紀も前から生存していたとされており、アイルランドの南部に位置するケリー州に多く生息していたことから、この名がつけられました。

ケリーブルーテリアはもともと地中の穴熊を捕えたり、水中に深く潜ってカワウソを捕えたりと、テリア種の中では長くすらっとした手足と筋肉質なボディを活かして、狩猟犬として活躍していた犬種です。

1913年に初めてショーに出ると、ケリーブルーテリアを象徴する美しいブルーの被毛に多くの注目が集まりました。あっという間にアイルランド愛国者達の間で人気者となり、今ではアイルランドの国犬として愛されています。

自分で考え自分で行動する頑固で勇敢なところ、非常に賢く飼い主に対して忠実なところなど、ケリーブルーテリアはテリア種ならではの気質を強く持っている犬種です。
そのため、現在では狩猟犬や害獣駆除犬の他、番犬、警備犬、闘犬など、幅広い場で活躍を見せています。

ケリーブルーテリアの性格・性質

<3つのポイント>

  • 敏感で注意深い
  • 頑固
  • マイペース

ケリーブルーテリアは敏感で注意深く、自分のテリトリーを守る意志が強いため、家族以外の人や他の動物には警戒することがあります。この性質は番犬としても頼りになる他、現在もワーキングドッグとして活躍しているケリーブルーテリアにとって、最も重要な要素とされています。

また、ケリーブルーテリアは猟や害獣駆除といった作業をする中で、常に自分で判断して行動することを求められてきた犬種のため、頑固な性格をしています。マイぺースで自由きままなケリーブルーテリアは、猫のようなワンちゃんで扱いにくいといわれることもあります。
テリア気質の強いケリーブルーテリアですが、飼い主や家族に対しては愛情深く、とても忠実で、心を許した相手には甘えた一面も見せてくれるでしょう。

ケリーブルーテリアはワーキングドッグ、コンパニオンドッグとしての評価は「完璧」といわれているほど、とても優秀な犬種です。頭も良く物覚えもいいため、幼い頃から信頼関係をきちんと築くことで、良いパートナーとなってくれます。

ケリーブルーテリアの飼い方の注意点

猟犬や追跡犬として活躍していた歴史のあるケリーブルーテリアは体力があるため、運動不足でストレスを溜め込まないためにも、毎日多くの運動量を消費する必要があります。
1日2回、1回の散歩は30分以上で愛犬の様子を見ながら少し長めに行いましょう。

また、マイペースで気分屋なところがあるため、運動にバリエーションを持たせることも大切です。愛犬と一緒にジョギングをしたり、キャッチボールをしたり、飼い主と一緒に運動することを好むため、一緒に楽しめる運動をチョイスしましょう。ちなみに、ダイビングなどのウォータースポーツにも挑戦できます。

ケリーブルーテリアのお手入れ

ケリーブルーテリアといえば、ブルーグレーの美しい被毛がトレードマークです。この美しい被毛は定期的にお手入れを施すことにより、美しく保たれます。

ケリーブルーテリアはプードルのような巻き毛で、テリアには珍しい毛の生え変わりのないシングルコートです。抜け毛は少ない方ですが、抜け落ちた毛はカールした被毛にくっつき、放置しておくと絡まってしまうため、週に1度念入りにブラッシングを行う必要があります。

また、伸び続けた被毛は定期的にハサミで整える必要があるため、1ヵ月半~2ヵ月に1度を目安にトリミングを行いましょう。毛の表面が均一に揃っているほど、ケリーブルーテリアの被毛は美しく見えます。

その他、爪のカットは週に1度、耳掃除は2回程行いましょう。

ケリーブルーテリアにまつわる噂

★ケリーブルーテリアをドッグランに連れて行くのは危険って本当?

ケリーブルーテリアはあまり友好的な性格ではないため、他のワンちゃんや人と仲良くできるまで特に時間がかかります。そのため、未熟な状態でドッグランへ行くと、他のワンちゃんに対して攻撃的になることがあり危険です。
幼い頃から社会性を育み、人や他のワンちゃんと一緒に過ごすことに充分慣れさせてから行くようにしましょう。

★ケリーブルーテリアはアレルギーを起こしにくいって本当?

ケリーブルーテリアは抜け毛が少ないうえに絡まりやすい毛質のため、抜け毛が床に落ちにくくなっています。そのため、ワンちゃんの毛によってアレルギーを引き起こしやすい人にとっては比較的症状を抑えられるかもしれません。
ただし、毛が全く抜けない訳ではなく、絡まりやすいがゆえに熱心なお手入れが必要となりますので、アレルギーが起きないとは言い切れないでしょう。

★ケリーブルーテリアはよく吠えるって本当?

ケリーブルーテリアは闘争心や警戒心が強く、自分のテリトリー内に危険が及んだとき、その他恐怖を感じたときなどに吠えることがありますが、無駄吠えは少ない犬種です。
「必要なときに吠える」というのが、ケリーブルーテリアの基本。
来客時や散歩中に他のワンちゃんに向かって吠えるという場合は、幼い頃からきちんとしつけをして吠え癖を直してあげるといいでしょう。

ケリーブルーテリアをお迎えしよう!

ケリーブルーテリア

画像素材:PIXTA

ケリーブルーテリアの基本データ

ケリーブルーテリアの大きさ46~48cm
ケリーブルーテリアの体重15~17kg
平均寿命14歳
原産国アイルランド

ケリーブルーテリアの人気カラー

  • ブルーの色調

ケリーブルーテリアの毛色は、ブラック・ポイントの有無により個体差はありますが、ブルーの色調のみとなっています。
ただし、生後1年半未満の子犬には犬種独特のブルーの色調は見られず、ブラックのみです。生後1年半頃になるとブルーが現れ、毛色の変化が早い個体程、淡いブルーの被毛になるといいます。また、ブラックの被毛が許されるのは生後18か月以内のみです。

ケリーブルーテリアは「アイリッシュ・ブルー」という愛称を持っており、犬種独特の美しいブルーグレーの被毛でヨーロッパを中心に人気を集めました。毛色の変化も、この犬種を飼ううえでの楽しみのひとつです。

ケリーブルーテリアその他の特徴

ケリーブルーテリアといえば、カールしたボディの被毛と、口の周りに豊富に生えたひげのような被毛が特徴的な犬種です。
トリミングをすることにより独特のスタイルがより洗練されるのですが、犬種の原産国であるアイルランドでは、実はトリミングが禁止されています。もともとワーキングドッグとして活躍していたため、トリミングを必要としなかったことが理由です。

犬種の存在が広まってショードッグとして活躍するようになったことで、被毛の美しさが引き立つ独特のスタイルが作られました。被毛の表面は均一に整えられ、口周りは適度にカットされます。

その国のスタンダードによってトリミングをしない個体もいますが、家庭犬としてケリーブルーテリアを飼育する際には衛生面が気になりますので、定期的に拭き掃除を行いトリミングに連れていくなどして、手をかけてあげましょう。

また、お手入れの面であまり時間や費用をかけられないという人には、向いていない犬種かもしれません。生涯愛情を注いで飼育できるよう、子犬を買う際にはこうした点も十分検討したうえで飼うかどうかを決めましょう。

女の子と男の子どちらが人気?

女の子・・・0%、男の子・・・100%

ブリーダーナビの犬種別検索数より

ケリーブルーテリアは男の子の方が圧倒的に人気があるようですね。
性別によって性格が大きく異なるということはありませんが、体の大きさは女の子の方がやや小さめとなります。
個体によっても性格や顔つき、体格は異なるため、ブリーダーの元にいる子犬をよく観察してフィーリングの合う子を選ぶといいでしょう。

ブリーダーからお迎え!ケリーブルーテリアの子犬が安い地域トップ3

1位三重県15万円
2位
3位
全国平均15万円

ブリーダーナビしらべ

日本ではほとんど見かけることのない、飼育頭数の少ない犬種です。もちろん、ペットショップでも展示されることはないでしょう。
そのため、ケリーブルーテリアの子犬を買うにはブリーダーを探す必要があります。安い地域をリサーチしてみると三重県がヒットしました。平均価格と同じ15万円台で子犬を販売しているようですので、ぜひチェックしてみてくださいね。