北海道犬

CMの白いワンちゃんで有名に!北海道犬ってどんな犬?性格や飼い方を紹介

その名の通り北海道を生まれとする北海道犬は、大手携帯会社のCMの白いワンちゃんとして一躍有名になった犬種です。国の天然記念物でありながら、本州ではあまり見かけないことから北海道犬の性格や飼い方などを知らない人も多いでしょう。また、北海道犬についてはよく「柴犬との違い」が検索されていますが、それは一体なぜなのでしょうか?その回答も含め、犬種についてご紹介します。

北海道犬

著作権者:Midoriさん、ライセンス:CC by-sa Midori

北海道犬の基本データ

北海道犬の大きさ46~52cm
北海道犬の体重20~30kg
平均寿命11~13年
原産国日本

アイヌ民族が育てた天然記念物北海道犬の歴史

北海道犬は、柴犬、秋田犬、紀州犬、甲斐犬、四国犬と合わせて国の天然記念物に指定されている日本原産の犬種です。

北海道と東北地方の交流が深まっていった鎌倉時代(1192~1333年)のこと。本州から北海道へ、移住のために人々が大陸を渡った際に伴侶犬として北海道にやってきた中型犬が祖先だといわれています。

熊や鹿などを中心に獣を狩る山岳狩猟犬として活躍し、北海道の先住民族であるアイヌ人により品種改良されたことから、当初は「アイヌ犬」とも呼ばれていました。北海道犬という名がつけられたのは、国の天然記念物に指定されてからです。

よく間違われる柴犬との違いは?北海道犬の特徴

北海道犬は、北海道の寒さと豪雪にも耐えられるほどの強い体質を持つことで知られています。

CMで有名になった北海道犬ですが、まだまだ知名度はそう高くはなく、北海道犬と同じ赤毛をメインとする柴犬と間違われることもしばしばあるようです。

確かに両犬種とも、顔つきや毛色など似ているところもありますが、実際に北海道犬と柴犬を比べてみると一目瞭然で、それぞれ異なる特徴を持っています。

体は北海道犬の方が大きく、目がキリッとしている柴犬に比べて、北海道犬の目は丸く優しい印象です。頭部から鼻先にかけてのラインは北海道犬の方がなだらかな形をしています。また、北海道犬は舌に黒い斑点が現れる「舌斑(ぜっぱん)」を持ち、ここが柴犬との大きな違いといえるでしょう。

忍耐強く飼い主に忠実!北海道犬の性格

  • 飼い主に忠実
  • 素直で誠実
  • 忍耐強い
  • 勇敢で威厳がある
  • 警戒心が強い
  • 判断力や持久力に長けている

北海道犬は古くから山岳地帯で猟犬として活躍していたことから、忠実に飼い主の指示に従う素直で誠実な性格をしています。また、北海道の厳しい気候の中で育ってきたため、身体的にも精神的にも忍耐強いです。

北海道犬は熊や鹿などの猟を行っていたことから、自分より大きな動物から家族を守ろうとする気持ちを強く持っており、とても勇敢です。また、他の日本犬に比べて首、胸、前足など上半身の筋肉が発達していることから、その姿には迫力と威厳があります。

冷静で堂々とした振る舞いで物怖じしない性格の北海道犬ですが、聴覚や嗅覚に優れているため察知能力が高く、物音や気配、初対面の人や動物などに敏感になる警戒心が強い一面もあるでしょう。

また、判断力や持久力に長けているため、時に慎重に、時に大胆に行動するなど、状況に応じた行動がとれる柔軟性の高い犬種です。

北海道犬の飼い方としつけのポイント

俳優犬として活躍できるほどの賢さと器用さを持ち、指示に対して素直に従う北海道犬ですが、こうした優秀なワンちゃんに育てるためには基本的なしつけが重要となります。

北海道犬と良き主従関係を築くためにも、運動やしつけのポイントを確認しておきましょう。

北海道犬は散歩だけじゃ足りない?暑さは苦手なので注意

北海道犬は筋肉質でがっちりとした体型ですから「ちょっとそこまでお散歩」といった軽いウォーキングでは運動量が足りません。リードをしっかりとつないで飼い主とランニングしたり、飼い主のサイクリングに合わせて一緒に走らせたりと、ハードな運動も必要です。
山登りは大の得意なため、近くにそうした環境があれば山道の散歩もおすすめです。

しかしながら、元々は寒い地に生息してきた犬種のため、夏の暑さは苦手です。夏は日中を避け、比較的暑さが和らぐ早朝や夕方に散歩に行くようにしましょう。
屋外での飼育を考えている場合は、夏場はエアコンの効いた部屋で飼育するようにしましょう。

北海道犬は気性が荒い?しつけで抑えるべきポイント

北海道犬は大手携帯電話のCMに出演している様子を見て分かる通り、訓練を積めば器用な演技をすることも可能なほど、利口でおとなしい犬種です。

ただし、基本的には穏やかに過ごしている北海道犬にも、荒々しい一面が見られることがあります。熊や鹿など、大きな動物を前にしても怯むことなく立ち向かっていく程の勇敢な性格ですから、こうした一面を持っていることも納得です。

状況に応じて大きく表情を変える北海道犬を良きパートナーとするためにも、家庭犬としてしつける際のポイントをいくつか確認しておきましょう。

子犬の頃から社交性を育む

北海道犬は飼い主以外の人に興味を示すことが少なく、警戒心が強いです。

そのため、幼い頃から色々な場所で多くの人と触れ合いながら社交性を育むことで、警戒心の強さや、物音や気配への過度な反応、猟犬ならではの攻撃的な一面の緩和などにもつながり、家庭犬としてより一層飼いやすくなるでしょう。

また、飼い主以外の人や犬と触れ合うことの楽しさを体感させてあげてください。

無駄吠えを止めさせる

北海道犬は無駄吠えが多く、来客や散歩ですれ違った人やワンちゃんなどには必ずといっていいほど吠えます。飼い主以外の人に心を開くのが苦手な性格のため、吠えてしまうことは仕方のない面もあります。子犬の頃から社会性を育んであげて、吠え癖がつかないよう注意しましょう。

ちなみに「ウォーン」と狼の遠吠えのように吠えるときは、嬉しいときや飼い主に何かを要求しているときの吠え方です。反抗していると誤解しないようにしましょう。

威嚇するような無駄吠えを止めさせるには、以下の順序でしつけてみてください。

1.吠える原因を考える

まずは愛犬が何に吠えているのか、原因を考えましょう。
北海道犬は音や気配、臭いなどあらゆることに敏感です。愛犬が何に怯えているのか、あるいは興味を示しているのかなど、何にどうして吠えているのかを明らかにします。

2.頭ごなしに叱らない

「車の音に反応している」「知らない人に警戒している」など、吠えている原因が分かったら、その原因に対して適切なケアを愛犬に施しましょう。

例えば、インターホンが鳴ると吠える子は、その音に対して警戒しているのかもしれません。吠えた際にすぐさま叱るのではなく、インターホンの音が怖くないことを教えるためにも「大丈夫だよ」と安心させてあげることが大切です。

3.できたら褒める

お気に入りのおもちゃやフードで気を紛らわし、吠えるのが止まったらきちんと褒めてあげます。1回で教え込むのではなく焦らさずゆっくりと、回数を積み重ねながらインターホンの音は怖くないということを教えていきましょう。

強く短い言葉が有効

気性が荒い北海道犬には、強い発声かつ短い言葉を使ったしつけが有効です。「ダメ!」「マテ」「ヨシ」「コイ!」など、その瞬間に必要な言葉を短く指示します。
堂々とした立ち居振る舞いで、愛犬を引っ張っていくしつけを心がけましょう。

リーダーとして引っ張るしつけを!

北海道犬ははじめから飼い主に忠実という訳ではありません。リーダーとして認めた人にのみ忠誠を尽くすため、飼い主にリーダーとしての素質があるかどうか子犬の頃から見極めています。

やってほしいことに対してできたときにはきちんと褒め、やってほしくないことに対して行動を起こしたときにはきちんと叱るなど、飼い主には「喜んで従わせる」しつけができることが求められます。

<毛色や被毛の特徴>抜け毛は多い?カットは必要?

北海道犬

著作権者:Midoriさん、ライセンス:CC by-sa Midori

北国で育った北海道犬は、冷え切った雪山であっても、何の障害もなく過ごすことができる厚手のコートを身にまとっています。

そんな北海道犬の毛色や抜け毛の量、トリミングについて確認しておきましょう。

毛色は6種類

  • 胡麻
  • 黒褐色

北海道犬の多くは赤か白の毛色で、虎毛はほとんどおらず黒系も少ないといわれています。

寒い地に順応した2層の被毛

北海道犬は季節に応じて被毛が生え変わる2層の被毛です。上毛は硬く、下毛は柔らかく、被毛全体はふんわりとボリュームがあります。
雪の上でもゴロゴロと寝転べるほど、保温性に優れた寒さに強い被毛です。

年に2回抜け毛が増える

春~夏と、秋~冬にかけての換毛期に抜け毛が多くなります。柔らかい下毛が浮き上がるように大量に抜けるため、毎日こまめにブラッシングで抜けた毛を取り除いてあげるといいでしょう。

トリミングは不要

北海道犬は短毛かつ季節に応じて生え変わるダブルコートのため、トリミングは不要です。シャンプーは月に1回を目安に行いましょう。

かかりやすい病気(目・皮膚・心臓・腎臓)

北海道犬は均整のとれた強靭な体を持ち、健康的で病気の少ない犬種として知られています。
しかし、そんな北海道犬でも、多くのワンちゃんがかかりやすいとされる目や皮膚の病気や、臓器系の病気には注意が必要です。

目の病気

白内障

目の中にある水晶体というレンズが白く濁り、視力低下をまねく病気です。多くは遺伝によるものですが、加齢によって発症する病気でもあります。
白内障が進行すると柱や壁にぶつかったり、暗い場所や階段の昇り降りを嫌がったりします。

早期発見により、薬で病気の進行や症状の発現を遅らせることができるので、こまめなチェックと定期的な健康診断が大切です。

ご自宅では、黒目の部分が白い、視覚障害に伴う行動異常などの気になる症状がないか、ワンちゃんの目の色・行動異常などのチェックをこまめに行ないましょう。

皮膚の病気

ワンちゃんの皮膚病は、ノミやダニ、ハウスダストなどが原因で発症するアトピー性皮膚炎や、ホルモン量の異常分泌が原因で抜け毛がひどくなったり皮膚が厚ぼったくなったりする内分泌性皮膚病など、原因や種類はさまざまです。

ほとんどの皮膚病がかゆみを伴うため、しきりに体を掻いたり舐めたりしている場合は皮膚の状態を観察し、獣医に見てもらうことをおすすめします。

かゆみの他に、フケや抜け毛が多い、体臭がキツイ、皮膚がベタベタとして脂っぽい、しこりや腫れ、かさぶたがあるなど、いつもと違う様子が見られる場合は皮膚病を疑った方がいいでしょう。

皮膚病によっては治りにくいものや継続的に治療が必要なものなどもあります。ワンちゃんの異常にいち早く気づき、早期発見、早期治療に努めることが重要です。

心臓の病気

動脈管開存症

子犬が胎児のときだけに使われる動脈管という小さな血管があります。全身の血液をスムーズに運ぶための重要な血管で、出生後は自然と閉じて使われなくなるのが正常ですが、血管が閉じずに開いたまま残ってしまうのが「動脈菅開存症」という病気です。

残された動脈管は血液の流れを妨げ、全身に送るはずの血液を心臓へ逆戻りさせてしまいます。放っておくと肺や心臓の負担となる、命に関わる重大な病気です。

無症状の子もいれば、運動を嫌がったりすぐに疲れてしまったりする運動不耐症、咳、呼吸困難を主な症状とする肺水腫、呼吸早拍といった症状が出る子もいます。
定期的に健康診断を受け、早期発見と早期治療を心がけましょう。

肝臓の病気

肝性脳症

肝臓には有毒な物質を解毒する作用がありますが、消化管から吸収された脳毒素となる物質が分解されずに全身へ巡ってしまうことがあります。
これにより有毒物質が脳に影響を与え、神経系等に支障をきたす病気を肝性脳症といいます。

症状はいくつかありますが、歩行がふらつく、食欲不振、元気がない、下痢、嘔吐などの症状がみられます。神経系に支障をきたすと、運動失調や震え、意味なく一定の方向に回る旋回運動、意識障害などの症状が現れることもあります。発症後は治療が必要となりますが、肝臓に優しいフードを選ぶことで病気の予防も可能です。

北海道犬はもともと粗食で知られており、昔は猟に出かける際、人間の分のみしか食材を背負っていけなかったことから自然と飢えに強い体を手に入れたといわれています。
北海道犬の食事に関しては、ブリーダーや獣医などプロの指導を聞き入れながら、フードを選ぶといいでしょう。

肝臓や腎臓、胃といった臓器に負担の少ないものはどんなフードか、アドバイスをもらうことで愛犬の健康管理につながります。

北海道犬をブリーダーから購入した場合の価格は?

北海道犬の子犬が安い地域トップ3

1位北海道22万1,000円
2位
3位
全国平均22万1,000円

※記事執筆時点のデータ
ブリーダーナビしらべ

ブリーダーからお迎えするメリット

①健康的で社交性の高い子犬を迎えやすい

十分に衛生管理がなされているブリーダーのもとで生まれ育った健康的な子犬を探すことができます。

また、他にも子犬がいる環境で生まれ育っているため、社会性が身に付いた状態で迎えやすくなります。

さらに、基本的なしつけを受けていたり、適切な血統管理がなされていたりするケースが多いです。

②購入後のサポートも安心できる

子犬の見学を通してブリーダーの顔がわかり、信頼関係を築くことができます。
子犬の購入後も分からないことがあれば質問しやすく、安心してサポートを受けられます。

③購入金額を抑えられる

流通の中間マージンがかからないため、ペットショップから購入する場合に比べて子犬の購入金額は安くなります。

北海道犬の子犬をブリーダーからお迎えしたい方は、こちらのボタンから最新情報をチェックしてみてください。優良ブリーダー情報も詳しく掲載しています。

※タイミングによってはお迎えできるワンちゃんがいない場合もあります。