グレートデン

世界一大きな犬グレートデンってどんな犬?人気のカラーや性別は?安くお迎えできる地域はあるの?

グレートデン

photo by mtajmr

最も体高が高い犬としてギネス世界記録にも認定されているグレートデン。その大きさから恐れられることも多いですが、実は温厚でフレンドリーな性格をしています。ここでは、そんなグレートデンの歴史や魅力などをご紹介いたします。

グレートデンってどんな犬?

グレートデン

photo by mtajmr

グレートデンの魅力を大公開!

  • 上品な見た目
  • 誰にでも優しくフレンドリー
  • しつけがしやすい

グレートデンの魅力といえば、やはりギネスにも認定されたことのある大きな体でしょう。グレートデンは全犬種の中で最も体高が高い犬種として知られており、平均体高は70~80cmもあります。体は大きいものの、体重は50kg前後しかありません。かなりスマートな体型で、スタイルの良さは犬界一と言っていいほど。自信に満ち溢れたその見た目は非常に上品で、周りにいる人たちを圧倒するオーラを放っています。

グレートデンは体がとても大きいため、近寄りがたい雰囲気があります。中には「攻撃してきそう」「怖い」などのイメージを抱いている人もいるでしょう。しかし、実際は「優しい巨人」と呼ばれるほど、誰にでも優しいグレートデン。攻撃性はほとんどなく、どんな人とも仲良くすることができます。そのため、ペットとしては最高の犬種だと言えます。

また、グレートデンは非常にしつけがしやすい犬種として有名です。他の犬種に比べると服従心が強く、飼い主の言うことをよく聞きます。頑固でもありませんので、しつけに手間取ることはほとんどないでしょう。

グレートデンの歴史

グレートデンはドイツで生まれた犬種で、別名「ドイチェン・ドッゲ」とも言います。原産国のドイツではグレートデンではなく、このドイチェン・ドッゲという名前で呼ばれています。ちなみに、“ドッゲ”という言葉はドイツ語で「大きくて力強い犬」を表しているそうです。

グレートデンの祖先犬はブルドッグの一種であるブレンバイザーだと言われていますが、マスティフを改良した犬種だという説も浮上しています。どの説が正しいのか未だに解明されていませんが、ブレンバイザーが直接の祖先である説が最も有力だとされています。

そんなグレートデンは1800年代にはすでに存在しており、当時は大きな体を活かして軍用犬や大型動物の狩猟犬として活躍していたそうです。狩猟犬ではあったものの、性格は穏やかで攻撃的な面も見られません。

現在グレートデンは狩猟犬としてではなく、ペットとして可愛がられています。特にアメリカでは絶大な人気を誇っているのだとか。しかしながら、日本ではあまり見かけることがありません。

日本最大級の畜犬団体「ジャパンケネルクラブ」の調査によると、現在国内で飼育されているグレートデンは約270頭しかいないそうです。認知度もまだまだ低い犬種ですが、1度お迎えすると魅力にハマって虜になります。

グレートデンの性格・性質

<3つのポイント>

  • 忍耐強い
  • 怖いもの知らず
  • 他人には控えめ

グレートデンは忍耐強い性格をしています。他のワンちゃんに挑発されたとしても攻撃的になることは少なく、グッと我慢してスルーします。かなり大人びた感性を持っていますので、小さな子どもや他の動物とも上手に暮らしていくことができます。

また、グレートデンは怖いもの知らずの性格をしています。初めての環境に置かれても、初めての人・動物と触れ合っても、物おじすることはありません。初めてに強い犬種なため、色々な物に触れ合わせて社交性を磨いてあげましょう。

飼い主に対しては甘えたり、じゃれたりするグレートデンですが、他人に対しては控えめに接します。ほどよい距離感を保ちながら接してくれますので、他の人やワンちゃんとトラブルになることは滅多にありません。

グレートデン

photo by DevoKit

グレートデンのお手入れ

グレートデンは短毛の犬種ですが、抜け毛はやや多めです。そのため、週に3~4回はブラッシングをして抜け毛の処理を行ってあげましょう。特に換毛期と呼ばれる毛の生え変わり時期にはより多くの抜け毛が発生するため、入念にブラッシングしてあげてください。この換毛期は、春と秋にやってきます。

なお、短毛種のグレートデンにはラバーブラシや獣毛ブラシを使用してください。誤って長毛種用を使ってしまうと皮膚を傷つけてしまう恐れがありますので、注意しましょう。

グレートデンは立ち耳と垂れ耳のタイプが存在しています。中でも垂れ耳タイプには週に2~3回程度の定期的な耳掃除が必須です。垂れ耳は立ち耳に比べると、耳の中にニオイや湿気が溜まりやすくなっており、耳の疾患にかかるリスクが高いです。そのため、こまめに耳掃除をしてあげましょう。

グレートデンの飼い方の注意点

グレートデンは非常に大きな体をしていますので、お迎えする際は広々とした住環境を用意しなければなりません。あまりにも手狭な場所で飼育すると、ストレスになってしまいます。そのため、グレートデンが自由に歩き回れるくらいのスペースを用意してあげましょう。自宅にグレートデンが遊べるくらい広い庭があると尚良いです。

また、グレートデンの飼育には膨大な費用がかかることを頭に入れておきましょう。体が大きい分、トリミング代や医療費などが高額になりますし、ごはんをよく食べますので食費もかさみます。本当にそれだけの費用を払い続けられるのか、よく考えておきましょう。そして、小型犬や中型犬の倍以上費用がかかることを理解した上でお迎えしてください。

グレートデン

photo by mtajmr

グレートデンにまつわる噂

★グレートデンを飼育できない地域があるって本当?

実はグレートデンは危険犬種に指定されているため、一部の地域では飼育ができなかったり、檻に入れて飼育する必要があったりします。危険犬種に指定されてはいるものの、グレートデンに攻撃性はほとんどありません。恐らく、体の大きさから人に危害を加える可能性があると判断されたのでしょう。危険犬種の飼育方法については都道府県ごとに異なりますので、グレートデンをお迎えする前に保健所や市役所へ問い合せておきましょう。

★グレートデンは寿命が短いって本当?

グレートデンの寿命は5年が一般的だとされており、長くても8年ほどしか生きないと言われています。他の大型犬は平均寿命が10年ほどですが、グレートデンのみ極端に寿命が短くなっています。どうしてグレートデンだけが短命なのか詳しいことは解明されていないそうですが、グレートデンの体の大きさに対して臓器が小さすぎるという説が最も有力だとされています。

グレートデンは他の犬種と比べると短命ですが、だからこそ十分すぎるほどの愛情を注いであげましょう。家にお迎えしたときから最期の日まで、たくさん可愛がってあげてください。

★グレートデンは子どもが大好きって本当?

基本的にワンちゃんは予測不能の動きをする子どもが苦手です。しかし、グレートデンは大の子ども好きであるため、一緒に仲良く遊ぶことができます。きっと良きベビーシッターになってくれるでしょう。また、グレートデンは忍耐強い性格をしていますので、子どもに耳やしっぽを引っ張られても怒ることはありません。

グレートデンをお迎えしよう!

グレートデン

photo by JaguarE

グレートデンの基本データ

グレートデンの大きさ71~76cm
グレートデンの体重46~54kg
平均寿命10年以下
原産国ドイツ

グレートデンのカラー

  • フォーン
  • ブリンドル
  • ハールクイン
  • ブラック
  • ブルー

グレートデンのカラーは全部で5色存在しています。

まず、フォーンは若干赤味のある茶色をしています。とても暖かみのあるカラーですので、どの毛色よりも穏やかそうに見えます。ただ、口や目の周りは黒くなっています。これは通称「ブラックマスク」と呼ばれています。

ブリンドルは別名「タイガーストライプ」と呼ばれており、その名の通りトラのような縦シマ模様が入っています。基本的にブリンドルは黒やゴールドなどのカラーで構成されているため、かなり力強い印象があります。

ハールクインは、白地に黒の不規則な模様が入ったカラーです。一見ダルメシアンのようにも見えるハールクインは、格好良いというよりもおしゃれな雰囲気が漂います。

ブラックは、光沢感のある黒一色で構成されているカラーで、体の大きさも相まって、圧倒的なオーラを放っています。

ブルーは、青みがかったグレーの被毛を持ちます。透明感があって非常に美しく、ミステリアスな雰囲気を漂わせています。

女の子と男の子どちらが人気?

女の子・・・47% 男の子・・・53%

ブリーダーナビの犬種別検索数より

性別による人気の差は、ほとんどありません

また、性別によって見た目や性格に大きな違いは見られませんので、女の子か男の子どちらにするかは飼い主の自由となります。ただ、男の子は甘えん坊な子が多く、女の子は落ち着きのある子が多い傾向にあるようです。

ブリーダーからお迎え!グレートデンの子犬が安い地域トップ3

グレートデン

photo by Capri23auto

1位千葉県27万0377円
2位滋賀県35万円
3位大阪府47万4285円
全国平均32万9141円

ブリーダーナビしらべ

グレートデンの子犬をお迎えする際は、ブリーダーからお迎えすることをおすすめします。

なぜなら、ペットショップよりもブリーダーの方がグレートデンを安く販売しているからです。実際、グレートデンの全国平均価格が32万円であるのに対し、千葉県のブリーダーは27万円で販売しています。なんと5万円も安くお迎えすることができます。少しでもグレートデンを安く迎えたいとお考えの方は、千葉県のブリーダーを訪問してみてはいかがでしょうか。