ジャーマンシェパードドッグ

警察犬として有名なジャーマンシェパードドッグってどんな犬?人気のカラーは?安く迎えられる地域は?

ジャーマンシェパードドッグ

photo by 29996eriksson

警察犬として知名度の高いジャーマンシェパードドッグは、タフな体と高い服従心が特徴の犬種です。家庭犬としても飼育しやすく、世界中で愛されています。そんなジャーマンシェパードドッグの魅力や歴史、安く迎えられる地域などをご紹介いたします。

ジャーマンシェパードドッグってどんな犬?

ジャーマンシェパードドッグ

photo by Nina_A

ジャーマンシェパードドッグの魅力

  • たくましい体型
  • 凛々しい顔つき
  • 利口
  • 忠誠心が高い

筋肉で覆われた大きな体、ピンと立った三角の耳、キリっとしたクールな顔が特徴のジャーマンシェパードドッグは、日本のみならず世界各国で警察犬として活躍している犬種です。自慢の筋肉質な体は非常に頼りがいがあり、パワフルでダイナミックな動きを見せてくれます。平均体重は約30kg前後ですが、男の子の場合は40kg近くになることもあります。

そんなジャーマンシェパードドッグは、全犬種の中でもトップクラスの頭脳を持っています。人間の言葉を理解する能力や洞察力に長けているため、比較的しつけのしやすい犬種であるといえます。子犬の頃からしっかりしつけを行うと、非常に飼育しやすい子に育つでしょう。

また、ジャーマンシェパードドッグは忠誠心の高い犬種です。信頼のおける飼い主の指示には必ず従い、献身的な行動を見せてくれます。さらに、命令されたことを最後まで成し遂げようとする責任感も備わっています。

ジャーマンシェパードドッグの歴史

「シェパード」の愛称で親しまれているジャーマンシェパードドッグは、ドイツ原産の犬種です。この犬種の始まりは1800年代後半だとされており、フォン・ステファニッツ氏が立てた完璧な繁殖プログラムを元に作られたといわれています。

フォン・ステファニッツ氏とブリーダーたちが熱心に繁殖を進めた結果、見事な容姿と従順な性格を合わせ持つジャーマンシェパードドッグが誕生しました。当時はロングヘアーやワイヤーヘアーのジャーマンシェパードドッグも存在していましたが、現在はほとんどいなくなってしまいました。

やがてジャーマンシェパードドッグはドイツ全域で人気の犬種となり、その人気は徐々に世界へと拡大していきます。ただ、日本ではペットとして飼われることは少なく、ほとんどが警察犬として飼育されています。

ちなみに、日本最大級の畜犬団体「一般社団法人ジャパンケネルクラブ」の調査によると、現在日本でペットとして飼育されているジャーマンシェパードドッグは320頭ほどしかいないそうです。

ジャーマンシェパードドッグの性格・性質

<3つのポイント>

  • 落ち着きがある
  • 勇敢
  • 辛抱強い

ジャーマンシェパードドッグは、とても落ち着きのある性格をしています。活発な一面もありますが、基本的にはゆったりとしており、ドタバタと家中を走り回ることはほとんどないでしょう。ただ、子犬の頃は元気いっぱいですので、イタズラをしたり、走り回ったりする姿も見られます。このヤンチャさは歳を重ねるごとに落ち着いてきますので、長い目で見守ってあげましょう。

また、ジャーマンシェパードドッグは勇敢な性格をしています。飼い主が危険にさらされた際はなんとしてでも助けようとしますし、襲いかかってきた相手が自分より大きくても果敢に立ち向かうことができます。この性格は、警察犬や麻薬犬として最適であるといえます。

そんなジャーマンシェパードドッグは、辛抱強い一面を持ち合わせています。飼い主に指示されれば、自分の感情を押し殺してじっと我慢することも可能です。精神的にとてもタフな犬種ですので、感情のままに行動することは少ないでしょう。

ジャーマンシェパードドッグのお手入れ

ジャーマンシェパードドッグは抜け毛の多い犬種ですので、毎日のブラッシングが欠かせません。特に“換毛期”とよばれる毛の生え変わりの時期には、驚く程の抜け毛が発生します。抜け毛でもう1頭のジャーマンシェパードドッグが作れるのではないかと思うほど抜けますので、より入念なブラッシングを行う必要があります。

ブラッシングを怠ると抜けるべき毛が抜けずに残ってしまい、皮膚病にかかる恐れがあります。そのため、ブラッシングの際は毛をかき分け、根元からしっかりブラシを通しましょう。

ジャーマンシェパードドッグの飼い方の注意点

ジャーマンシェパードドッグ

photo by NataTamarli

ジャーマンシェパードドッグは非常に力が強いため、リードの管理には気をつけなければなりません。油断していると、グイっと引っ張られた拍子に転んでしまう可能性があります。大人であってもよろけてしまうほどの力を持っていますので、子どもにはリードを持たせないようにしましょう。子どもは体重が軽く、そのまま引きずられてしまうこともありますので、注意してください。

また、ジャーマンシェパードドッグはたくさんの運動量を必要とする犬種です。そのため、散歩は毎日2回、60分以上行いましょう。散歩だけでは物足りないこともありますので、ドッグランや広い公園で遊ばせる時間も設けてください。

運動量が足りていないとストレスが溜まり、破壊行動や自傷行為を行うことがあります。さらに、ストレスは寿命を短くする原因でもありますので、健康に長生きしてもらうためにも適度な運動が重要となります。

ジャーマンシェパードドッグにまつわる噂

★ホワイトスイスシェパードとジャーマンシェパードドッグは同じ犬種って本当?

ホワイトスイスシェパードは、ジャーマンシェパードドッグのミスカラーであったホワイトを独立させた犬種ですので、元々は同じ犬種でした。しかし、現在は完全な別犬種として認められています。違う犬種ではあるものの、見た目や性格は両犬種ともほぼ同じだといえます。

★ジャーマンシェパードドッグは犬を初めて飼う人には向かないって本当?

ジャーマンシェパードドッグは利口で落ち着きのある犬種ですが、子犬の頃の育て方を誤ると攻撃的で警戒心の強い性格になってしまいます。そのため、正しいしつけ方法や育て方をあまり知らない犬初心者には、ジャーマンシェパードドッグの飼育は不向きだといえます。しかし、ジャーマンシェパードドッグをお迎えする前に様々な知識を学習しておけば、ワンちゃんを初めて飼う方でもジャーマンシェパードドッグの飼育は可能です。

★ジャーマンシェパードドッグは凶暴って本当?

ジャーマンシェパードドッグの人気が急上昇した際に無理な繁殖が行われてしまい、凶暴で攻撃的な個体が誕生しました。今は正しい繁殖が行われているため、こういった個体はほとんど見かけなくなりましたが、一部には凶暴な性格を受け継いでいる子もいるようです。しかし、子犬の頃からしつけを行えば凶暴な性格を抑えることも可能ですので、ジャーマンシェパードドッグをお迎えしたら必ずしつけを行いましょう。

ジャーマンシェパードドッグをお迎えしよう!

ジャーマンシェパードドッグ

photo by 29996eriksson

ジャーマンシェパードドッグの基本データ

ジャーマンシェパードドッグの大きさ58~63cm
ジャーマンシェパードドッグの体重22~40kg
平均寿命10年以上
原産国ドイツ

ジャーマンシェパードドッグのカラー

  • ブラック&タン
  • ウルフ
  • オールブラック

ブラック&タンは、黒と黄褐色の2色で構成されているカラーです。非常に威厳があり、力強い印象を受けます。ブラック&タンはジャーマンシェパードドッグのカラーの中でも高い人気を誇っており、警察犬として起用されているジャーマンシェパードドッグもこのカラーの子が多いです。

ウルフは黒と茶色が混じったようなカラーで、名前の通りオオカミのような厳つさがあります。個体によって黒が多かったり、茶色が多かったりと個性豊かです。

オールブラックは、体全体が黒になっているカラーです。圧倒的な存在感を放っており、ジャーマンシェパードドッグの持つ“かっこよさ”が全面に出ています。ただ、このカラーは他のカラーに比べると出生率が低いため、あまり目にすることがありません。

女の子と男の子どちらが人気?

女の子…56% 男の子…44%

ブリーダーナビの犬種別検索数より

性別によって大きな性格の差はありませんが、女の子は男の子よりも落ち着きのある子が多いといわれています。どんなことがあってもどっしりと構えており、貫録すら感じられます。

対して男の子は甘えん坊な子が多い傾向にあります。飼い主や家族が大好きで、そっと寄り添う姿もよく見られるでしょう。ジャーマンシェパードドッグは警察犬のイメージが強いため、クールな性格だと思われがちですが、実際は甘えることが好きな犬種なのです。

ブリーダーからお迎え!ジャーマンシェパードドッグの子犬が安い地域トップ3

ジャーマンシェパードドッグ

photo by Nina_A

1位佐賀県17万7500円
2位福岡県20万円
3位愛知県30万円
全国平均24万2500円

ブリーダーナビしらべ

ジャーマンシェパードドッグの子犬をお迎えする際は、ブリーダーからお迎えすることをおすすめします。

ブリーダーのところにいる子は犬社会のルールや付き合い方を身につけている子が多いため、ペットショップよりも行儀の良いジャーマンシェパードドッグをお迎えすることができます。

また、ペットショップよりもブリーダーの方が安く販売している傾向にあります。実際、ジャーマンシェパードドッグの全国平均価格が24万円であるのに対し、佐賀県のブリーダーは17万円で販売しています。なんと7万円も安くなっているのです。次にランクインしている福岡県でも4万円ほど安くお迎えすることができます。