フラットコーテッドレトリーバー

日本ではあまり見かけないフラットコーテッドレトリーバーってどんな犬?人気のカラーや性別は?どこの地域が1番安く迎えられるの?

フラットコーテッドレトリーバー

photo by fairlix

フラットコーテッドレトリーバーは、抜群の運動神経とゴールデンレトリーバーに似た容姿が特徴の犬種です。日本ではあまり聞きなじみがありませんが、世界では人気犬種として扱われています。そんなフラットコーテッドレトリーバーの魅力や歴史、販売価格などをご紹介いたします。

フラットコーテッドレトリーバーってどんな犬?

フラットコーテッドレトリーバー

photo by sarkku

フラットコーテッドレトリーバーの魅力を大公開

  • 見るからに穏やかそうな顔つき
  • フサフサとした被毛
  • 運動神経が良い

「フラッティ」の愛称で親しまれているフラットコーテッドレトリーバーは、穏やかそうな表情と筋肉で引き締まったボディが特徴の犬種です。その見た目はゴールデンレトリーバーとよく似ており、パッと見ただけでは見分けがつきません。

では、どうやって見分けるのかというと“被毛”を見てください。少しウェーブした被毛を持つのがゴールデンレトリーバーで、直毛の方がフラットコーテッドレトリーバーなのです。この真っ直ぐに伸びた被毛は全身にフサフサと生えており、触り心地抜群です。

そんなフラットコーテッドレトリーバーは、とても運動神経が良いです。もともとガンドッグや野外競技にて活躍していた犬種であるため、俊敏な動きを見せてくれます。特に泳ぐことが得意で、海や川へ連れて行ってあげると嬉しそうに泳ぐ姿が見られるでしょう。

フラットコーテッドレトリーバーの歴史

フラットコーテッドレトリーバーは19世紀頃にイギリスで誕生した犬種です。祖先犬は、小型のニューファンドランドまたはチェサピーク・ベイ・レトリーバーだといわれています。

当初は番犬として活躍する予定でしたが、嗅覚が優れていたことから猟犬としての改良が進められました。その後フラットコーテッドレトリーバーは、ガンドックや水中に落ちたカモを運搬する犬種として活躍したそうです。

その優秀な活躍ぶりと愛想の良さで一躍人気の犬種となったフラットコーテッドレトリーバー。しかし、ゴールデンレトリーバーやラブラドールレトリーバーの出現によって徐々に人気が落ち、第二次世界大戦が行われる頃には絶滅寸前まで追い込まれてしまいます。危機的状況に陥ったフラットコーテッドレトリーバーでしたが、一部の愛好家たちが熱心に繁殖を進めたおかげで、なんとか絶滅を回避することができました。

そんなフラットコーテッドレトリーバーは世界的に見ると人気のある犬種ですが、日本ではなかなか見かけることがありません。日本最大級の畜犬団体「一般社団法人ジャパンケネルクラブ」の調査によると、現在日本で飼育されているフラットコーテッドレトリーバーは、たった380頭しかいないそうです。ただ、フラットコーテッドレトリーバーは家庭犬としては最高の犬種ですので、きっかけさえあれば日本でも人気の犬種となることでしょう。

フラットコーテッドレトリーバーの性格・性質

フラットコーテッドレトリーバー

photo by sarkku

<3つのポイント>

  • 陽気
  • 活発
  • フレンドリー

フラットコーテッドレトリーバーは、とても陽気な性格をしています。とにかく楽しいことが大好きで、家族が楽しそうに会話していると「仲間に入れてよ!」と割り込んでくることも珍しくありません。この底抜けに明るい性格は、周りにいる人みんなを笑顔にしてくれます。

また、フラットコーテッドレトリーバーは非常に活発な犬種です。子犬の頃はもちろんですが、成犬になってからも変わらず元気いっぱいに走り回ります。その姿から「永遠の子犬」や「犬界のピーターパン」などと呼ばれており、いつまで経っても子犬のような若々しさがあります。少々ヤンチャが過ぎることもありますが、それもフラットコーテッドレトリーバーの魅力だといえるでしょう。

そんなフラットコーテッドレトリーバーは、人にもワンちゃんにもフレンドリーに接することができます。特に子どもや他の犬と遊ぶことが好きなようです。非常に愛想の良い犬種ですので、家庭犬にはもってこいでしょう。

フラットコーテッドレトリーバーのお手入れ

フラットコーテッドレトリーバーのフサフサとした長い毛を綺麗に保つため、毎日ブラッシングをしてあげましょう。特に“換毛期”と呼ばれる毛の生え変わり時期には大量の抜け毛が発生しますので、よりこまめなブラッシングが必要となります。ブラッシングを怠ってしまうと毛艶が悪くなったり、皮膚病にかかったりすることがありますので、注意してください。

また、フラットコーテッドレトリーバーは垂れ耳であるため、週に2~3回程度の定期的な耳掃除が欠かせません。垂れ耳は立ち耳に比べるとニオイや汚れが溜まりやすくなっており、定期的な耳掃除を忘れてしまうとすぐに耳の疾患にかかってしまいます。そのため、週に数回の耳掃除は忘れないようにしましょう。

フラットコーテッドレトリーバーの飼い方の注意点

フラットコーテッドレトリーバー

photo by sarkku

フラットコーテッドレトリーバーは体を動かすことが好きな犬種ですので、毎日2回60分以上の散歩を行いましょう。しかし、若い頃は体力が有り余っていますので、60分程度の散歩では物足りないかもしれません。

その場合は散歩に加えて、ドッグランで遊ぶ時間を設けてください。フラットコーテッドレトリーバーは何かをくわえて運ぶ作業が得意ですので、ボールやおもちゃを投げて遊んであげると良いでしょう。

ただ、フラットコーテッドレトリーバーは楽しくなると興奮して暴走する傾向にあるため、大勢の人やワンちゃんがいるドッグランでは細心の注意を払わなければなりません。平均体重30kg前後のフラットコーテッドレトリーバーが暴走してしまうと誰かを突き飛ばしたり、怪我をさせたりする恐れがあります。事故を起こさないためにも、フラットコーテッドレトリーバーを落ち着ける術を身につけておきましょう。

フラットコーテッドレトリーバーにまつわる噂

★フラットコーテッドレトリーバーはイタズラ好きって本当?

フラットコーテッドレトリーバーは飼い主や家族のことが大好きですので、誰かに構ってもらいたくてイタズラをすることがあります。特に1人で留守番をさせられた日にはゴミ箱を漁ってみたり、ティッシュペーパーをビリビリに破いてみたりとイタズラが増えるでしょう。

ただ、フラットコーテッドレトリーバーは悪気があってイタズラしているわけではありませんので、頭ごなしに叱らないようにしてください。「イタズラしてはいけない」と教えるよりも、イタズラされないように部屋を工夫した方が賢明でしょう。工夫の例としては、フラットコーテッドレトリーバーが届くところには物を置かない、ゴミ箱は蓋が付いているものにするなどが挙げられます。

★フラットコーテッドレトリーバーはとても賢いって本当?

フラットコーテッドレトリーバーは非常に利口な犬種ですので、ワンちゃんを初めて飼う方でもしつけがしやすいといえます。ただ、3歳になるまではヤンチャすぎて手を焼くこともしばしば。とはいえ、しつけをきちんと行えば全犬種の中でもトップクラスに飼育しやすい子へと成長するでしょう。

★フラットコーテッドレトリーバーは骨の病気にかかりやすいって本当?

フラットコーテッドレトリーバーは「骨肉腫(こつにくしゅ)」と呼ばれる骨のガンにかかりやすいといわれています。骨肉腫とは、進行が早く転移しやすい悪性の腫瘍が体にできてしまう病気です。この病気を発症すると足を引きずったり、体に触られるのを嫌がったりするようになります。これらの症状が見られたら、できるだけ早く病院へ連れて行ってあげましょう。

フラットコーテッドレトリーバーをお迎えしよう!

フラットコーテッドレトリーバー

photo by sarkku

フラットコーテッドレトリーバーの基本データ

フラットコーテッドレトリーバーの大きさ56~61cm
フラットコーテッドレトリーバーの体重25~36kg
平均寿命11~13年
原産国イギリス

フラットコーテッドレトリーバーのカラー

  • ブラック
  • レバー

フラットコーテッドレトリーバーのカラーは、ブラックとレバーの2色のみとなります。

どちらかというとブラックの方が人気で、ネットに出回っているフラットコーテッドレトリーバーの画像もブラックの子が多いようです。ブラックのフラットコーテッドレトリーバーは凛とした印象が強く、かなり存在感があります。また、ツヤツヤとした被毛が美しく、優雅な雰囲気が漂います。

レバーは、ミルクチョコレートのような茶色をしています。ブラックに比べると柔らかな雰囲気があり、かっこいいというよりも愛らしいという言葉が似合います。非常に美しいカラーで、魅力に溢れています。

女の子と男の子どちらが人気?

女の子・・・47% 男の子・・・53%

ブリーダーナビの犬種別検索数より

フラットコーテッドレトリーバーは性別による人気の差はほとんどありません。

若干人気の男の子は甘えん坊な子が多く、飼い主や家族との時間を好みます。ひとりぼっちになることを嫌いますので、できるだけ留守番はさせないようにしましょう。男の子のフラットコーテッドレトリーバーは「愛犬と密にコミュ二ケーションを取りたい!」という方におすすめです。

女の子は、年齢を重ねるごとに落ち着きのある子へと成長します。子犬の頃はそれなりにヤンチャですが、徐々に落ち着きを見せるでしょう。「愛犬にするなら、ある程度落ち着きのある子がいい」という方には女の子がピッタリです。

ブリーダーからお迎え!フラットコーテッドレトリーバーの子犬が安い地域トップ3

フラットコーテッドレトリーバー

photo by fairlix

1位静岡県15万円
2位北海道15万3000円
3位埼玉県16万0714円
全国平均20万9567円

ブリーダーナビしらべ

フラットコーテッドレトリーバーの子犬をお迎えする際は、ブリーダーからお迎えすることをおすすめします。ブリーダーはペットショップよりも飼育環境が良いことに加え、全国平均価格よりも安く販売していることがあります。

フラットコーテッドレトリーバーの全国平均価格は約21万円ですが、静岡県のブリーダーは15万円で販売しています。なんと6万円も安くお迎えすることが可能です。その次にランクインしている北海道・埼玉県でも4万円ほど安くお迎えすることができます。