チャイニーズクレステッドドッグ

チャイニーズクレステッドドッグってどんな犬?歴史や魅力とは?犬種の性格・毛色・子犬の安い地域もご紹介

チャイニーズクレステッドドッグ

photo by ivabalk

ヘアレスドッグの中でも人気犬種のチャイニーズクレステッドドッグ。全身に毛が生えたパウダーパフタイプもあり、個体によって印象が全く異なるユニークで魅力的な犬種です。そんなチャイニーズクレステッドドッグはどんな歴史や魅力があるのでしょうか?犬種の性格や毛色、気になる被毛についてや、子犬の安い地域についてもご紹介します。

チャイニーズクレステッドドッグってどんな犬?

チャイニーズクレステッドドッグの魅力

  • 個性的な容姿はユニークでとても優雅
  • 抜け毛が少なく、アレルギーを起こしにくい
  • 物静かで穏やかなため、集合住宅でも飼いやすい

数種類いるヘアレスドッグの中でも、知名度が高く人気のあるチャイニーズクレステッドドッグ。米国で毎年行われている「世界で最も醜い犬コンテスト」では、歴代入賞回数が最も多い犬種としても有名です。

胴体部分に毛がなく、頭部と四肢、尻尾のみに被毛が生えているユニークな容姿を醜いという人もいますが、露出した肌は独特の肌触りで心地よく、シルクのような被毛には品がありとても優雅です。

また、チャイニーズクレステッドドッグは抜け毛が少ないため、アレルギーを起こしにくい犬種としても注目されています。
さらに、ほとんど吠えることのない物静かで穏やかな性格のため、集合住宅でも飼いやすい犬種です。独特の容姿により皮膚や被毛のお手入れには注意が必要ですが、飼い主に忠実でしつけもしやすいため、良きパートナーとして家族を楽しませてくれるでしょう。

チャイニーズクレステッドドッグにはヘアレスタイプと、全身にシルクのような長い毛が生えたパウダーパフタイプもいます。2種で全く印象が異なり、どちらも個性的で魅力的です。

チャイニーズクレステッドドッグの歴史

チャイニーズクレステッドドッグのルーツについてはいくつかの説があり、原産国を巡り一時期は犬種の登録が取り消されたこともあります。

チワワと似ていることから南米原産ではないかという説や、メキシコ人の先祖アズテック人が食用にしていた無毛のワンちゃんの末裔ではないかという説など、原産国においてはトルコやアフリカ、メキシコ、中国などいくつかの国が浮上しました。

現在は、近年行われたDNA鑑定により、アフリカ原産のヘアレス犬種アフリカン・サンド・ドッグが中国に渡って今の姿になったという推測が有力になっています。

チャイニーズクレステッドドッグという名は「中国人のとさかのある犬」という意味です。後頭部のみを長く垂らし、その他の部分は刈り上げる辮髪(べんぱつ)というスタイルは、チャイニーズクレステッドドッグのヘアレスタイプとよく似ています。

その他、チャイニーズクレステッドドッグは中国の伝説に登場する霊獣「麒麟」にも似ていることから、珍獣的な存在であったようです。

チャイニーズクレステッドドッグの性格・性質

<3つのポイント>

  • 献身的
  • 繊細
  • 活動的

チャイニーズクレステッドドッグは、飼い主や家族に対して厚い忠誠心を持っています。飼い主や家族が喜んでくれることに幸せを感じるため、全力で家族や飼い主を楽しませようとする献身的な性格がなんとも愛らしいです。

そんなチャイニーズクレステッドドッグはやや繊細なところがあるため、見慣れない人や動物に対しては警戒心を抱くこともあります。ときには不安な気持ちから警戒した相手に強く吠えてしまうこともありますが、攻撃的になることはありません。
幼い頃から多くの人や動物と触れ合い社交性を育むことで、繊細な部分をカバーしていけるでしょう。

また、普段は穏やかで優雅なチャイニーズクレステッドドッグですが、もともと活動的なところがあります。ときに家族にそっと寄り添い、ときに元気いっぱいに家族と遊びまわる、愛玩犬として素晴らしい気質を持った感受性豊かな犬種です。

チャイニーズクレステッドドッグの飼い方の注意点

チャイニーズクレステッドドッグは注意深い飼育が必要となります。
まずヘアレスタイプの皮膚ケアについてですが、乾燥しやすく赤ん坊のようにデリケートな皮膚は、ベビーオイルやエアレス用のオイルなどを使用して乾燥防止に努めることが大切です。寒さが苦手なため、冬場は暖房器具を使用するかと思いますが、暖房器具による乾燥にも注意が必要となります。
また、外出の際は紫外線防止のためにも日焼け止めを忘れずに塗ってあげてください。

次に運動についてです。チャイニーズクレステッドドッグは骨が細く脱臼や骨折をしやすいため、激しい運動や無理な体勢をさせてはいけません。寒い冬は体への負担を考慮して、室内で遊ばせているだけでも充分です。
また、階段やソファ、ベッドからジャンプしたり、後ろの2足だけで立たせたりするなど、関節に負荷のかかる体勢、動きはなるべくさせないように気を付けましょう。

チャイニーズクレステッドドッグのお手入れ

チャイニーズクレステッドドッグのパウダーパフタイプは、絹のように細く絡まりやすい被毛のため、2日に1回ブラッシングを行います。ヘアレスタイプは毛が生えていない部分の保湿が重要となり、清潔に保つためにも週に1回はシャンプーをするのが好ましいです。

また、ヘアレスタイプの場合は生まれつき歯が少ないことも珍しくありません。生えている歯を失わないためにも、毎日の歯ブラシで歯を大切にしてあげましょう。

チャイニーズクレステッドドッグにまつわる噂

★チャイニーズクレステッドドッグは臭いが少ないって本当?

ワンちゃんの臭いの原因は、人間の汗臭の原因にもなっているアポクリン腺という汗腺から排出される汗にあります。チャイニーズクレステッドドッグは、このアポクリン汗腺がとても少ないため、ほとんど臭いがありません。

またチャイニーズクレステッドドッグには、通常足の裏にしかないエクリン汗腺が全身にあるため、汗をかいて体温調整を行うのが上手です。舌を出して体温調節を行うことがなく、ヨダレも少ないのがチャイニーズクレステッドドッグの特徴です。

★チャイニーズクレステッドドッグは羊毛アレルギーって本当?

チャイニーズクレステッドドッグは肌が敏感なため、暑い夏には紫外線対策のために、冬には寒さ対策のために洋服を着せることになるかと思います。
ただし、チャイニーズクレステッドドッグは羊毛(ウール)にアレルギー反応を起こしやすいため、洋服選びには少し注意が必要です。また、室内で使用するブランケットなどの素材にも注意する必要があります。

★チャイニーズクレステッドドッグは繁殖が難しいって本当?

チャイニーズクレステッドドッグといえば、胴体部分に毛が生えていないヘアレスタイプを思い浮かべる人が多いかと思います。このヘアレスタイプを繁殖する際、ヘアレス同士を交配させてしまうと、高い確率で胎児が死亡してしまうといいます。

そのため、ヘアレスタイプを繁殖させるには、パウダーパフタイプの相手が必要です。もともと国内にはブリーダーが少ないうえに繁殖の際にこうしたハードルもあるため、子犬を探す際には苦戦することもあるかもしれません。

チャイニーズクレステッドドッグをお迎えしよう!

チャイニーズクレステッドドッグ

photo by Schanna

チャイニーズクレステッドドッグの基本データ

チャイニーズクレステッドドッグの大きさ23~33㎝
チャイニーズクレステッドドッグの体重最大5kg
平均寿命12年
原産国中国

チャイニーズクレステッドドッグの人気カラー

チャイニーズクレステッドドッグの毛色はいかなる色も許され、バリエーションが豊富です。胴体部分に毛が生えていないヘアレスタイプでは、皮膚の色が濃い方が好ましいとされています。皮膚の色は単色から斑があるものなど、色や模様もさまざま。

パウダーパフタイプの被毛やヘアレスタイプの足、頭部、尾の毛の色は、黒・アプリコット・ブラウン・クリーム・チョコレート・ブルー・グレーなど、個性豊かな毛色が見られます。

ミックス犬ってどう?

ヘアレスタイプは他犬種にはないユニークで独特な容姿を持ち、シルクの被毛に包まれたパウダーパフタイプはどこか神秘的です。他の犬種とミックスしたら、その容姿はどうなるのだろう?と期待やドキドキ感が高まりますよね。
チャイニーズクレステッドドッグとミックスすることで、他犬種ミックス犬には見ない超個性的な子が生まれる可能性が高いところが魅力でもあります。
そんな気になるチャイニーズクレステッドドッグのミックス犬は、以下のような子が見つかりました。

チャイニーズクレステッドドッグ×トイプードル

両犬種共に家庭犬として最適な性格・性質を持ち、しつけもしやすい人気の犬種です。ミックスしても両犬種が持ち合わせる穏やかで献身的な性格は変わらず、トイプードルの賢さが洗練され、飼いやすい子が多いといいます。

見た目はトイプードルの巻き毛を受け継ぐ子が多いようですが、中にはチャイニーズクレステッドドッグのヘアレスタイプで顔がトイプードル寄りという個性的な子も生まれるようです。チャイニーズクレステッドドッグのミックス犬の中では個体数も多く、人気があります。

チャイニーズクレステッドドッグ×ヨークシャーテリア

チャイニーズクレステッドドッグとよく似た毛質のヨークシャーテリア。ミックスしても両犬種の美しい被毛は健在です。
ヨークシャーテリアといえば青灰色のスチールブルーという独特の毛色がありますが、ミックスするとチャイニーズクレステッドドッグの見た目でこの毛色を持った子が生まれることがあります。その容姿は神秘的な雰囲気が際立って、とても美しいです。
顔はヨークシャーテリアのまま、体だけヘアレスになる子もいて、どんな子が生まれてくるか楽しみなミックス犬です。

チャイニーズクレステッドドッグその他の特徴

チャイニーズクレステッドドッグの体つきには、2種類のタイプがあります。
骨が細く軽量なディアータイプと、骨が太く重量感のあるコビータイプです。2つの体型は印象も異なり、特にヘアレスタイプの場合は体型が露わになるため、見た目にこだわる人は体型にも注目してみるといいでしょう。

女の子、男の子、どっちが人気?

女の子・・・37%、男の子・・・63%

ブリーダーナビしらべ

ブリーダーナビによると、チャイニーズクレステッドドッグは、男の子の方が人気があるようです。チャイニーズクレステッドドッグの女の子には、メスならではの気の強さを持っている子も中にはおり、男の子の方が素直で幼い子供のような性格の子が多いといいます。

ただ、性格には個体差がありますので、当然ながら性別だけで良し悪しを決めることはできません。子犬を選ぶ際にはチャイニーズクレステッドドッグならではの特徴的な容姿や、子犬ごとの性格など、あらゆる点を重視しながら選ぶといいでしょう。

ブリーダーからお迎え!子犬が安い地域ベスト3

チャイニーズクレステッドドッグ

photo by ivabalk

1位奈良県10万円
2位大分県12万7,666円
3位神奈川県13万8,000円
全国平均20万5,542円

ブリーダーナビしらべ

チャイニーズクレステッドドッグは、かつて貴族や皇帝への貢物とされていたこともあってか、原産国の中国では「高価な犬」とされていたため、子犬の価格も高そうなイメージがありますが、日本国内の平均価格は20万円台。
また、ランキング1位の奈良県では、平均価格の半額10万円台で購入できるようなので驚きです。

寒さに弱い犬種であるからか、子犬の安い地域も南側の地域が多くランクインしていますね。チャイニーズクレステッドドッグの子犬をお探しの際は、ぜひ上記のデータも参考にしてみてください。

※タイミングによってはお迎えできるワンちゃんがいない場合もあります。