ビションフリーゼ

ビションフリーゼの性格・カット・値段は?飼い方やしつけもご紹介!

わたあめのように白くてモコモコな被毛やつぶらな瞳が特徴的なビションフリーゼ。愛らしい見た目と人懐こい性格から気になっている方も多いのではないでしょうか。
今回は愛らしいビションフリーゼについて、歴史や性格、飼い方などをご紹介します。

ビションフリーゼ

photo by Antranias

目次

ビションフリーゼの基本データ

ビションフリーゼの大きさ23cm~28cm
ビションフリーゼの体重約5~7kg
平均寿命12年以上
原産国フランス

ビションフリーゼのような小型犬は早く成長するため、短い期間で体重が増えていきます。比較的大きさに個体差のある犬種で、生まれてから同じ月日が経過しているとしても1㎏ほど違う場合もあり、この差は成犬になったときにも影響があることがあります。そのため、子犬の体重を成犬になったときのサイズの参考にすることができます。

ヨーロッパ各地の貴族に愛されたビションフリーゼの歴史

ビションフリーゼの歴史はかなり古く、起源については未だ謎に包まれています。今のところ、14世紀頃にイタリアからフランスに持ち込まれたという説が有力だとされています。

ビションフリーゼはもともと「バービション」と名付けられていましたが、後に短縮して「ビション」となりました。「フリーゼ」はフランス語で縮れた毛を意味しています。

15世紀以降、ビションフリーゼはその愛らしい見た目と愛嬌のある性格で、ヨーロッパ各地の貴族を虜にしていきました。17世紀及び18世紀には、多くの著名な画家が王や貴族に付き添うビションフリーゼを描写したと言われています。
一躍人気の犬種へと成長したビションフリーゼですが、第一次世界大戦の頃に絶滅状態へと追い込まれます。しかし、フランスのブリーダーたちによってなんとか絶滅を回避することができ、現在でも幅広い層からの人気が高まっています。

ビションフリーゼと似ているトイプードルの違いは?

モコモコの見た目が似ているビションフリーゼとトイプードルですが、どんな違いがあるのでしょうか?

まず、大きな違いとして挙げられるのが、「体格」です。ビションフリーゼの方がガッチリとしていて体格が良く、胴長短足です。トイプードルは少し小柄で華奢な体型をしています。

また、「被毛」にも違いがあり、ビションフリーゼは上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)の2層構造になっているダブルコートで、トイプードルは1層構造のシングルコートです。そのため、ビションフリーゼの方が毛量は多くモコモコして見えます。
「毛色」にはビションフリーゼは白色のみに対し、トイプードルは7色とバリエーション豊かです。

トイプードルについて詳しくはこちらから

愛情深くて飼いやすいビションフリーゼの性格

家族として迎え入れるなら、その犬種がどんな性格なのかも気になるところですよね。
飼いやすい性格なのか、事前に確認しておくことも大切です。

愛情深く、飼い主に従順な性格をしているビションフリーゼ。その他にはどんな一面があるのか見ていきましょう。

従順で飼いやすい!他の動物とも仲良くできる社交性も

ビションフリーゼは飼い主に従順で、飼いやすい性格をしています。ワンちゃんの飼育が初めてという方にはピッタリな犬種のひとつとも言えるかもしれません。

また、飼い主以外の人や動物とも仲良くできる社交性も兼ね備えているので人見知りをすることがなく、子供がいる家庭や多頭飼育、ドッグランでもフレンドリーに接することができることも魅力です。一方で、社交的であるからこそ番犬には向かない犬種と言えるでしょう。

●愛情深く穏やかで飼い主にそっと寄り添う一面も

愛情深い性格から飼い主にそっと寄り添うことができるビションフリーゼは、家族と一緒に過ごすことが大好きです。
コミュニケーション能力が高く、人懐っこくて甘えん坊でもあるので、なるべく一緒に過ごすことができる家庭が向いているでしょう。

また、最高な性格と言われるほどビションフリーゼはいつも機嫌がよく、来客にも穏やかに対応できることが多いようです。

明るく元気で遊び好き

ビションフリーゼはとても明るく、陽気な性格をしています。いつでも楽しそうにしており、いろんな人に愛嬌を振りまきます。

好奇心旺盛で元気に走り回り、楽しそうに飛び跳ねて遊ぶ姿に癒されることでしょう。
実際に遊び好きなビションフリーゼは、他のペットや子供たちと一緒に仲良く遊ぶことができます。

神経質で喧嘩っ早いことも?

愛情深くフレンドリーなビションフリーゼですが、神経質で喧嘩っ早い一面もあるようです。

周囲に気を使ってしまい、ストレスを溜めやすい傾向があります。基本的には穏やかな性格をしていますが、ストレスが原因で喧嘩っ早い面が現れることも。ストレスは病気につながることもあるので、飼い主が気付いてあげてストレス発散の対処をしてあげなければなりません。

ただ、神経質だからこそ臭いなどを気にしてトイレが失敗しにくいというメリットもあるようです。

飼う前に知っておきたいビションフリーゼの情報

性格のほかにも飼う前に知っておきたいビションフリーゼの情報はたくさんあります。飼いやすい犬種とは言っても、パートナーとして長く生活するからこそ、しっかりと理解しておくことも大切です。
ここでは、特徴や飼育方法などを詳しく紹介します。

ビションフリーゼ

photo by Antranias

突然走り出す?ビションブリッツに注意

ビションフリーゼには「ビションブリッツ」「ビションスイッチ」と呼ばれる、独特な行動をします。
普段穏やかに生活をしているのに、突然何かの拍子で走り出したり吠えたりすることがあるようです。その原因は分かっていませんが、運動不足やストレスが理由とも言われています。
飼い主の間ではビションブリッツの様子がかわいいと話題ですが、興奮しすぎるとケガや事故につながることがあるので注意が必要です。
ビションブリッツは疲れると自然におさまるので、落ち着くまで注意しながら見守りましょう。

ビションフリーゼが向いている人は?

①愛犬と過ごす時間を十分に確保できる人

ビションフリーゼは愛情深く、家族に甘えたがります。活発に遊ぶことも好むので、一緒に遊ぶ時間を十分に確保できる人が飼い主に向いていると言えるでしょう。
また、特徴的な白いふわふわとした被毛をキープするためには毎日のお手入れが必要です。定期的なトリミングも必要となってくるので、手間暇を惜しまず対応できる人が向いています。

②飼育環境を整えてあげられる人

ビションフリーゼは被毛が多く暑すぎると熱中症になってしまうので、エアコンで気温を調節する必要があります。また、足の裏の被毛が伸び、滑りやすい床のままにしていると膝の疾患につながるので、伸びた足の裏の被毛はカットし、滑りにくい床に変えましょう。

③家にいる時間が多い人

ビションフリーゼはマイペースな一面もあり一匹だけで遊ぶことができますが、留守番には向いていません。
長時間一匹だけにしていると寂しくてストレスになってしまうので、家にいる時間が多い人の方が向いているでしょう。

ビションフリーゼは室内で飼育を

ビションフリーゼは抜け毛や体臭が少ないので、室内での飼育に適している犬種です。アレルギー体質の人がワンちゃんを飼う際におすすめの犬種とも言えるでしょう。

前述した通り、室内で飼育する際には、環境を整えてあげる必要があります。暑さが苦手なので、部屋の温度や湿度が高くなり過ぎないよう、室温管理に気を付けなければなりません。
また、不安を感じやすい性格から留守番が苦手です。長時間部屋を空ける際は、ペットホテルの利用も検討した方が良いでしょう。

必要不可欠!散歩以外の運動も大切

小型犬だからと言って、室内の運動だけでは足りません。活発な性格で比較的運動量が多い犬種なので、毎日の散歩は欠かせません。1日10~20分程度の散歩を1日1~2回行うようにしましょう。
また、散歩以外にもドッグランやボール遊びなど、遊びながら運動させる方法もあります。ストレスが溜まらないよう、十分な運動をさせてあげてください。その際は、夏の暑さなど体調管理にも注意しましょう。

ここが大切!ビションフリーゼのしつけのポイント

ビションフリーゼはしつけがしやすく、無駄吠えも少ないので初心者でも飼いやすいと言われていますが、甘やかしすぎてはいけません。
しつけする際は大きな声で叱ると怖いと思われてしまうので、「褒めるしつけ」を心がけて主従関係を築くことがポイントです。
具体的にどのようにしつけるといいのか、トイレや吠え癖などしつけの方法を確認してみましょう。

トイレのしつけは根気強く

ワンちゃんの最初のしつけは、トイレトレーニングと言っても良いでしょう。
ビションフリーゼへのしつけは叱ると怯える傾向があるので、褒めながら根気よく教え込むことが大切です。
以下は具体的なトイレトレーニングの一例です。

①ケージの中に休むスペースと分けてトイレのスペースを作る

最初はトイレシーツのみにし、少しおしっこを染み込ませたトイレシーツと一緒に設置するとより効果的です。

②トイレが成功したときは思い切り褒める

失敗しても叱ってはいけません。叱ってしまうと隠れて排泄をしてしまうようになる場合があります。

また、トイレをするたびに「ワン・ツー」などサインを言うのも効果があります。迷ってしまわないよう、トイレのサインは家族で統一してトレーニングを行ってくださいね。

ストレスは無駄吠えの原因に

ビションフリーゼは比較的無駄吠えが少ない犬種ですが、ストレスが溜まりやすくイライラすることによって吠えてしまうこともあるようです。
無駄吠えを防ぐためには以下のポイントに注意しましょう。

ストレスを溜めさせない

しっかりと運動を行い、おもちゃなども使って一緒に遊んであげましょう。

興奮させ過ぎない

ビションブリッツが始まると吠え続けることがあります。急に始まるので防ぐことが難しいかもしれませんが、「おすわり」や「待て」などのしつけをしておくことも大切です。

社会性を身につける

社会化トレーニングをしておくことで、物や音に対してストレスを感じにくくなり無駄吠え防止につながります。

気を散らす

吠え癖がつくと少しのことでも吠えてしまいます。吠えた際は大きな音を出すなどしてワンちゃんの気を散らして吠えるのを止めるといったことを繰り返すと無駄吠えが減っていくでしょう。

甘やかせ過ぎると噛み癖の原因に

ビションフリーゼは温厚で社交的な性格なので、相手を攻撃しようと噛むといったことは少ないです。
しかし、子犬の時期にあまりしつけなかったり甘やかせ過ぎたりすると、ストレスを溜め込んだ際に噛み癖が出るようになってしまいます。
子犬の時期の対応に気を付け、噛んだ場合は「叱らずに痛いことははっきり伝える」「噛んで良いものを与える」などして噛み癖が付かないように工夫しましょう。

モコモコ!ビションフリーゼの被毛について

ビションフリーゼの特徴でもあるモコモコとした被毛は、さまざまなカットスタイルを楽しめます。
ですが、魅力的な被毛は量が多くお手入れに手がかかってしまい大変な思いをする飼い主も多いようです。
ここでは、ビションフリーゼの被毛について毛色やケアの方法などをご紹介します。

ビションフリーゼ

photo by Antranias

ビションフリーゼの毛色はホワイトだけではない?

ビションフリーゼとの毛色と言えばホワイト(純白)です。白のみとはいえ、個体によって色の濃淡が異なるため、ややベージュ寄りの毛色も存在しています。ただ、日本最大級の畜犬団体「社団法人ジャパンケネルクラブ(通称JKC)」は、あまりにも茶色味が強いのはドッグショーでは理想的でないと記載しています。

また、実は子犬の頃は以下のようにホワイトではない場合があります。

  • ホワイト&アプリコット(ホワイトと赤黄褐色が混ざった少し濃い印象)
  • ホワイト&クリーム(ホワイトと乳白色が混ざった淡い印象)
  • ホワイト&バフ(ホワイトと淡い黄褐色が混ざった柔らかい印象)

成長する中で毛色がホワイトへ変化することもあるようです。

抜け毛は少ないけど毎日のブラッシングは必要

ワンちゃんの被毛の構造はダブルコートとシングルコートに分かれ、一般的にダブルコートは「換毛期」に入ると抜け毛が多くなり掃除やお手入れに手がかかることが多いです。
ビションフリーゼはダブルコートですが、ダブルコートに分類される犬種の中では比較的抜け毛が多くないと言われています。
ですが、毎日のブラッシングは必要です。被毛は伸びやすく絡まりやすいので抜け毛は少ないとはいえ、ケアをしていないと毛玉ができてしまいます。定期的にトリミングも行い、適切な長さにしてあげましょう。

こまめなカットが大切!シャンプーも定期的に

ビションフリーゼの被毛は伸び続けるので、定期的にトリミングをしなければなりません。
トリミングは見た目を整えるだけではなく、汚れや抜け毛を取り除き被毛を清潔に保つことにもつながります。伸びた毛で目を傷つけたり、足を滑らせたりすることもトリミングで防げるので健康のためにも大切なことです。
また、シャンプーも皮膚を清潔にし、抜け毛も洗い流せるのでトリミングと合わせて最低でも月に一回は行うと良いでしょう。

自分でもカットできる?自宅カットのやり方

さまざまなカットスタイルを楽しめることもビションフリーゼの魅力です。綺麗に仕上げるためにも基本的にはプロにお願いすることがおすすめですが、お金がかかってしまったり近くにトリミングサロンがなかったりすると自宅でカットする方もいるのではないでしょうか。

耳やお尻、顔といった部分的なカットなら自宅で簡単にできます。
ペット用のバリカンやハサミを用意すると安全に行うことができます。ただし、耳やお尻などはデリケートな部分でもあるので、慎重に行ってください。

ビションフリーゼのカットスタイル

ビションフリーゼがトリミングサロンでカットをすると、地域によって差はありますが費用の目安は6000~1万3000円です。
「アフロ」や「テディベアカット」「マッシュルームカット」などかわいいカットスタイルを楽しむことができます。
夏の暑さ対策としてバリカンで刈り込む「サマーカット」にする方も多いです。ただ、サマーカットは紫外線などのダメージが皮膚に受けやすくなり、短くしたことで毛質も変わることもあるので注意が必要です。

ビションフリーゼのお手入れ方法は?

ビションフリーゼには、抜け毛対策のブラッシングやシャンプー以外にも定期的に行ってほしいお手入れがあります。
日頃行うケアは他に何があるのか、方法など理解してお手入れをしてあげることも飼い主の役目です。
ここでは、ビションフリーゼに必要なケアについてご紹介します。

爪切りの頻度とやり方

爪切りをしないと伸びてしまい、肉球や皮膚を傷つける可能性があります。
犬専用の爪切りを用意して、月に1回を目安に爪を切りましょう。

爪を切る際は深爪にならないように、根本を残して切ってください。深爪をすると出血してしまいます。
ビションフリーゼが暴れないよう足を手で固定して爪を切るようにすると切りやすいでしょう。子犬の頃から爪切りに慣れておくとよりやり易くなります。
自分で爪切りができない場合は動物病院やサロンでしてもらうと安心でしょう。

歯磨きは毎日の習慣に

ワンちゃんも歯磨きは大切なケアの一つです。歯磨きをしないでいると、歯垢や歯石が原因となって歯周病を発症する場合があります。
発症を予防するために、毎日1~2回歯磨きをするようにしてください。

ワンちゃんは口周りを触られることを嫌がる傾向があるので、少しずつ慣れさせることが大切です。始めは口元を少し触り、徐々に前歯や奥歯に触れていきます。始めに使用するものはガーゼですが、慣れてきたら歯ブラシに変更してみましょう。
慣れるまでは短時間で止め、そのあとにおやつをあげるなどすると効果的です。
歯ブラシが苦手な場合は、歯磨き専用のガムやおもちゃを使ってみましょう。

肛門腺絞りの頻度とやり方

肛門腺絞りは、肛門腺に溜まった分泌物を絞り出すことです。この分泌物はワンちゃん特有の臭いを出し、分泌物が溜まって放っておくと肛門腺が炎症を起こしてしまいます。
肛門腺を気にしている分泌物が溜まりやすいワンちゃんもいるので、月に1回は肛門腺絞りを行うようにしましょう。

肛門腺絞りは尻尾を持ち上げ、2本の指で下から上に押し出すようにして絞ります。
難しい場合は動物病院やサロンでも対応してもらえるのでお願いしましょう。

耳掃除の頻度とやり方

ビションフリーゼのような垂れ耳の犬種は耳垢が溜まりやすく、耳の中で菌が繁殖しやすい構造をしています。
そのため、耳掃除は週に1~2回を目安に定期的に行わなければなりません。
耳の中を傷つけないように、イヤーローションを使いガーゼなど柔らかいもので拭き取ってください。
耳掃除は慣れるまでに時間がかかるので、動物病院やブリーダーからアドバイスをもらってみるのもおすすめです。

気を付けたいビションフリーゼの病気

ビションフリーゼは丈夫で病気にはかかりにくいと言われていますが、皮膚病や関節疾患など気を付けなければならない病気はいくつかあります。
早期発見・早期治療をするためにも、事前になりやすい病気について知っておくことは重要です。

強い痒みのある「急性湿潤性湿疹」

激しい痒みを伴う急性湿潤性湿疹はホットスポットとも呼ばれます。顔や太ももなどに発症しやすく、脱毛したり被毛が湿ってもつれたりといった特徴的な症状が現れます。

アレルギーや高温多湿の夏、不衛生な被毛などいくつかの原因が重なって発症するので、高温多湿の環境やアレルゲンを避け、シャンプーやブラッシングなどの被毛のケアをすることで予防につながります。

垂れ耳の犬種は要注意!「外耳炎」

毛量が多い上に垂れ耳のビションフリーゼは、外耳炎にかかりやすい犬種です。耳の中が炎症を起こしている外耳炎は、痒みや痛みが伴います。しきりに耳を掻いたり、気にしたりしている様子が見られます。

耳の中は湿気と汚れが溜まりやすく、細菌やダニの繁殖には最適の環境となっています。その他にも、寄生虫や異物など原因は多岐にわたります。耳を清潔に保ち、日頃から耳の中をこまめにチェックすることが予防となるでしょう。

治療方法は原因によって異なり、一般的には洗浄で汚れを取り除いた後、点耳薬などで治療をします。耳ダニには駆虫薬を、異物の場合は取り除く処置を行います。

汚れが目立つ「流涙症」と目が白く濁る「白内障」

流涙症

流涙症になると涙があふれてしまい、ビションフリーゼのような白い被毛の犬種は特に目の周りの茶色や黒色の変色(涙やけ)が目立ってしまいます。
流涙症の原因はまつ毛や瞼が内側に入る眼瞼内反での刺激です。また、鼻涙管が閉塞することで涙が鼻に流れず目からあふれてくることでも起こります。そのため、予防をすることはできません。
治療には涙やけが気になるようであれば拭いたり、サプリメントを使用したりします。その他、刺激の原因や鼻涙管が閉塞に対しての治療が行われます。

白内障

水晶体が白く濁ることが特徴的で、視覚障害も現れます。
一般的に加齢とともに現れる老年性白内障が多いですが、若い時期に発症する若年性白内障や糖尿病などの他の病気によって発症する白内障があります。早期発見によって進行を遅らせることができるので、定期的にチェックすることが大切です。
症状が初期の場合は点眼薬で進行を遅らせる方法がとられますが、根本的に治療するとなると手術が必要になります。

小型犬に多い「膝蓋骨脱臼」

通称「パテラ」と呼ばれる膝蓋骨脱臼は小型犬に多く見られる疾患です。症状の程度(グレード)は4段階に分けられ、無症状な状態から歩行困難まで幅があります。
膝蓋骨脱臼は後肢の膝蓋骨が外れることが原因です。先天的な異常の場合や、肥満の場合や関節に負担のかかる運動など後天的な場合があります。先天的な場合は予防は難しいですが、後天的な場合は体重管理や滑りやすいフローリングにカーペットを敷くなどの予防ができます。

症状が軽度の場合は鎮痛剤などが処方されることが一般的です。症状やグレードによって手術を行うこととなるので、獣医師と相談して決めましょう。

最悪の場合は死に至ることも?「尿路結石」

尿の中にあるカルシウムなどのミネラルが結石になって、血尿や排尿時の痛みなどの症状が出ます。尿路に結石が詰まり、排尿できないようになると最悪の場合、死に至ることもある恐ろしい病気です。
結石ができる原因は尿の中にあるミネラルの濃度が高くなったり、結石が作りやすいpHになったりすることです。体質も関係はしていますが、食べ物にも影響されるので栄養管理が重要です。

尿路結石は食事療法によって結石を溶かすことができます。ですが、結石が大きい場合などは手術で取り出すこともあるので、症状や結石の種類などによって治療法は選択されます。

ビションフリーゼをブリーダーから購入した場合の価格は?

ビションフリーゼ

photo by DoAo

ビションフリーゼの子犬が安い地域ランキングベスト3

1位群馬県10万円
2位茨城県13万8448円
3位鹿児島県13万8448円
全国平均18万3166円

ブリーダーナビしらべ

ブリーダーからお迎えするメリット

①健康的で社交性の高い子犬を迎えやすい

十分に衛生管理がなされているブリーダーのもとで生まれ育った健康的な子犬を探すことができます。

また、他にも子犬がいる環境で生まれ育っているため、社会性が身に付いた状態で迎えやすくなります。

さらに、基本的なしつけを受けていたり、適切な血統管理がなされていたりするケースが多いです。

②購入後のサポートも安心できる

子犬の見学を通してブリーダーの顔がわかり、信頼関係を築くことができます。
子犬の購入後も分からないことがあれば質問しやすくなり、安心してサポートを受けられます。

③購入金額を抑えられる

流通の中間マージンがかからないため、ペットショップから購入する場合にくらべて子犬の購入金額は安くなります。

ビションフリーゼの子犬をブリーダーからお迎えしたい方は、こちらのボタンから最新情報をチェック!優良ブリーダー情報も詳しく掲載しています。

※タイミングによってはお迎えできるワンちゃんがいない場合もあります。