ビションフリーゼの性格

ビションフリーゼはオスとメスで性格が違う?穏やかだけど喧嘩っ早い一面も?

ビションフリーゼは、オスの方が甘えん坊など、オスとメスで性格に違う傾向が見られます。基本的には穏やかで機嫌がよいワンちゃんですが、神経質で喧嘩っ早い一面も。さまざまな一面を持つビションフリーゼの気になる性格について詳しく見てみましょう。

ビションフリーゼ

photo by slgckgc

穏やかで愛情深いビションフリーゼの性格はココが魅力

どこでも誰にでも懐く高い社交性と、穏やかで愛情深い性格が非常に魅力的なビションフリーゼ。陽気で明るい性格なので、家庭内ではムードメーカーのような存在になってくれます。遊び好きなことから元気に吠えてしまうところもありますが、全てひっくるめて愛らしい犬種です。そんなビションフリーゼの魅力的な性格を詳しくご紹介します。

社交性が高い!飼い主によく懐くフレンドリーな性格

ビションフリーゼはとにかく穏やかで、見知らぬ人や他のワンちゃんに対して攻撃的になることなくフレンドリーに接することができます。社交性が高く、どこに連れていくにも問題ないでしょう。優しく機嫌が良いワンちゃんなので、小さな子どもとも仲良く遊べますよ。

また、飼い主に対しては特に愛情深い甘えん坊な性格で、一緒に遊ぶこと、撫でてもらうこと、抱っこしてもらうことが大好きです。真のコンパニオンドッグといわれるほど、穏やかで愛情たっぷりの家庭犬といわれています。

飼い主に従順で聞き分けが良いお利口さん

飼い主や家族のことがとにかく大好きなビションフリーゼは、聞き分けが良くお利口なワンちゃんです。飼い主に従順でしつけも入りやすいため、比較的初心者でも飼いやすい犬種といえるでしょう。

ビションフリーゼの知能は、高い学習能力が必要なサーカスや大道芸にも採用されているほど。飼い主や家族の指示を熱心に聞いてくれます。

陽気で明るく遊び好き!マイペースな一面も

ビションフリーゼは陽気な性格で、いつも活き活きとしています。遊び好きなこともあり、小型犬にしては運動量も多めです。運動神経も良いので、フリスビーやボール遊びなど体を動かす遊びも喜びますよ。

家族や他のワンちゃんと賑やかに遊ぶことが好きなビションフリーゼですが、実はマイペースなところもあり、一人で自由に遊ぶことも大好きです。多頭飼いやファミリー、お年寄りなどさまざまな家庭で飼うことができるでしょう。

ビションフリーゼはオスとメスで性格に違いがある

ビションフリーゼ

photo by Antranias

ビションフリーゼはオスもメスも、愛情深く飼い主に従順なところは変わりませんが、性別によって異なる傾向が見られます。もちろん、個体差はありますので、性別選びの参考までに確認してみてください。

ビションフリーゼのオスは甘えん坊

もともと愛情深く甘えん坊なビションフリーゼですが、オスは特に甘えん坊な一面が目立つ傾向にあります。

家族や飼い主とのスキンシップが足りないと、ストレスを抱えてしまう子もいるほど、家族との時間を大切にします。常に寄り添っていることを好むため、一人の時間が多くなる場合は注意が必要です。

ワンちゃんと濃密なスキンシップをとりたい方との相性が良いでしょう。

ビションフリーゼのメスはしっかり者

ビションフリーゼのメスはオスに比べて独立心が高い傾向にあります。ただ、決して支配的になるようなことはなく、優しく穏やかで、飼い主に従順な性格に独立心が加わるため、安心感のあるしっかり者の子が多いイメージです。

ビションフリーゼのメスは独立心を持つゆえに賢い子も多いため、初心者やお年寄りにも向いているでしょう。

似ているようで全く違う!トイプードルとの違いとは?

ビションフリーゼとトイプードルは、モコモコとした被毛やくりくりの瞳、飼い主に従順で賢い性格など共通点も多いですが、血のつながりはなく、全く異なる犬種です。ただ、カットスタイルや毛色によっては、見分けがつかないということもあるでしょう。

大きな違いは体のサイズです。トイプードルはビションフリーゼよりも一回り小さく、足も少し長め。スクエア型のトイプードルに対し、ビションフリーゼは全体的に丸いシルエットをしています。

また、トイプードルはアプリコットやブラックなど豊富な毛色を持ちますが、ビションフリーゼの場合はホワイトのみです。
迷ったときは、毛色や体の大きさ、スタイルで見極めるといいでしょう。

トイプードルについて詳しくはこちらから

神経質でストレス体質?ビションフリーゼの注意すべき性格

ビションフリーゼ

photo by Antranias

ビションフリーゼは穏やかかつ社交的で、非常に愛情深い性格ゆえにストレスを溜めやすいところがあります。家庭犬として最良の性格を持つ犬種として人気がありますが、ストレスが原因で起こる問題行動には十分注意しなければなりません。
ビションフリーゼの注意すべき性格についても見ていきましょう。

喧嘩っ早いときはストレスが限界かも?

小さな子どもや他のワンちゃんにも優しく接してくれるビションフリーゼは、攻撃的になって吠えたり、相手を威嚇したりすることがほとんどありません。

その一方で、優しいあまり相手に気を遣う神経質な性格のため、ストレスを溜め込みやすいです。基本は穏やかですが、ストレスが限界に達すると、喧嘩っ早い短気な一面が際立ち、他のワンちゃんと喧嘩してしまうこともあります。

突然叩いたり物を投げたりすることもある未就学児や、ワンちゃんとの触れ合い方をまだ理解できていない小さな子どもと二人きりにするのは避けましょう。強く乱暴に触れたり、怖がらせたりするとストレスを溜め込んでしまいます。

また、ビションフリーゼは突然スイッチが入ったかのように、家の中を走り回ることがあります。この行動を「ビションブリッツ」といいますが、ある程度走ると収まるのが特徴です。
興奮からくるものといわれているため、こうした行動も、ワンちゃんのストレスを見抜くサインとなりますよ。

甘えん坊で寂しがり屋!留守番は苦手

愛情深く甘えん坊なビションフリーゼは、寂しがり屋でもあります。メスはオスよりも独立心があるといいましたが、それでももともと人が好きで甘えん坊な犬種です。
留守番をさせる前には訓練が必要ですし、寂しくさせないようにおもちゃを置くなど工夫が必要になります。

ただ、寂しさもストレスの原因になってしまうため、できれば一人にさせないような家庭環境で飼ってあげるのが一番です。ビションフリーゼの性格を考えると、家を空けることの多い一人暮らしの人などにはあまり向かない犬種といえるでしょう。

また、甘えん坊で寂しがり屋だからといって、甘やかし過ぎるのもよくありません。難しい匙加減ではありますが、ワガママに育たないためにも、十分に甘えさせるときとしつけるときで、メリハリをつけて向き合っていくことが大切です。

まとめ

基本的には穏やかで社交的なビションフリーゼですが、ストレスが原因で喧嘩っ早くなってしまう神経質なところには注意が必要です。甘えん坊で一人の時間を好まないため、寂しくならないように配慮することも大切になります。

個体差はありますが、オスとメスで性格に違いがあるところもビションフリーゼの特徴です。注意点に気をつければ最良の家庭犬となってくれるため、良い所もそうでないところも十分に理解してあげるといいでしょう。

※タイミングによってはお迎えできるワンちゃんがいない場合もあります。

ビションフリーゼについて詳しく知りたい方はこちらから