ベルジアンシェパードドッグラケノア

ベルジアンシェパードドッグラケノアの性格や飼い方などをご紹介

4種類に分かれるベルジアンシェパードドッグの内の1つ、ベルジアンシェパードドッグラケノア。巻き毛のワイアーコートが特徴で、4種類の中で一番大人しく頭数が少ない犬種です。ここでは、そんなベルジアンシェパードドッグラケノアの飼い方などをご紹介します。

ベルジアンシェパードドッグラケノア

photo by cynoclub

ベルジアンシェパードドッグラケノアの基本データ

ベルジアンシェパードドッグラケノアの大きさ56~66cm
ベルジアンシェパードドッグラケノアの体重25~29kg
平均寿命10年以上
原産国ベルギー

希少な種類!ベルジアンシェパードドッグラケノアの歴史

牧羊犬として活躍していたベルジアンシェパードドッグが、繁殖している地域ごとに毛質や性格に違いがあることから、20世紀に入り4種類(ベルジアンシェパードドッググローネンダールベルジアンシェパードドッグダービュレン、ベルジアンシェパードドッグラケノア、ベルジアンシェパードドッグマリノア)に分けられました。その中の1種類が、レーケンセ地方で飼育されていたベルジアンシェパードドッグラケノアです。

ベルジアンシェパードドッグラケノアは耐水性があり、野犬の牙やどんな環境でも耐えられる巻き毛のワイアーコートが特徴です。4種類の中で最も希少で、あまり頭数がいません。

現在はベルジアンシェパードドッグラケノアのほとんどが原産地のベルギーよりオランダで飼われているため、日本でも出会うことは少ないでしょう。

4種類の中で最も温厚?ベルジアンシェパードドッグラケノアの性格

ベルジアンシェパードドッグラケノアは4種類の中で一番温厚な性格をしているといわれています。攻撃性がなく、家族に愛情深く接することができるので家庭犬として向いています。落ち着きがあるので小さな子どもがいても飼育できます。活動的でもあることから一緒に外で遊ぶことも楽しめますよ。

ただし、牧羊犬として働いていた名残から少し警戒心が強い一面も見られます。不審な動きをすぐに察知することができ、勇敢に立ち向かうので番犬としても活躍するでしょう。

ベルジアンシェパードドッグラケノアの飼い方としつけのポイント

ベルジアンシェパードドッグラケノアは珍しい犬種なので飼い方やしつけの情報が少なく、ワンちゃんを飼ったことがない方の飼育は少し難しいかもしれません。ここでは、ベルジアンシェパードドッグラケノアの飼育方法やしつけのポイントなどご紹介します。

運動量は豊富!自由に動き回れる環境で飼育する

ベルジアンシェパードドッグラケノアは充分な運動が必要です。最低でも1時間以上の散歩を1日2回行いましょう。その他、思いっきり走らせたり、頭を使うトレーニングをしたりすると、肉体的にも精神的にも刺激となります。

運動が足らず、ストレスが溜まってしまうと攻撃的になることや病気になることがあるので、運動はベルジアンシェパードドッグラケノアを飼う上でとても大切なことです。活発な性格で激しい運動を求めるので、その要求に対応できる飼い主が向いているでしょう。

また、飼育は屋内でも屋外でも問題ありませんが、自由に動き回れるような環境が理想です。大型犬でもあるので、室内で飼育する場合は十分なスペースを用意しましょう。

ただし、あまりにも運動が激しいと関節炎などのきっかけとなる可能性があります。体の負担にならない適度な運動を心がけてくださいね。

高い学習能力でも主従関係は必要

ベルジアンシェパードドッグラケノアは物覚えが良く、学習能力が高いのでしっかりとしつけをすれば名犬になります。従順でもありますが、自立心もあるため主従関係を築けていないといくら学習能力が高くてもしつけが難しくなってしまいます。甘やかしすぎず、子犬の頃から主従関係を築き、飼い主がリーダーであることを認識させましょう。

また、賢いため訓練するとすぐ覚えますが、長時間続けてのしつけは飽きてしまうことが多いので短時間で集中して教える方法が向いているようです。

毛色は何種類?お手入れ方法は?

ベルジアンシェパードドッグラケノア

photo by cynoclub

毛色はフォーン&わずかにブラックオーバーレイ

ベルジアンシェパードドッグラケノアの毛色は、金色がかった少し黒が混ざったフォーンで、わずかに顔や尾にブラックオーバーレイが見られます。胸やつま先に少し入ったホワイトは許容されるようです。

こまめなブラッシングで抜け毛対策を

ベルジアンシェパードドッグラケノアの被毛は硬い毛質のカーリーヘアが特徴です。充分なブラッシングをしていないと毛が絡まってしまい、皮膚炎の原因となってしまうのでこまめにブラッシングをしなければなりません。できるだけ毎日ブラッシングを行い、抜け毛を取り除きましょう。

ベルジアンシェパードドッグラケノアはオーバーコート(上毛)とアンダーコート(下毛)から成るダブルコートの犬種です。ダブルコートは毛が生え変わる換毛期(春・秋)になると抜け毛が多くなるので、特に換毛期は念入りにブラッシングが必要です。

また、きちんと整えていないとボサボサになってしまうので、定期的にトリミングも行いましょう。

かかりやすい病気(関節・眼・皮膚)

大型犬でよく見られる股関節形成不全や関節炎をはじめ、白内障や皮膚炎など気を付ける病気がいくつかあります。少しでも異変を感じたときは早めに動物病院を受診しましょう。

関節の病気

股関節形成不全

成長していく中で股関節が形態的に異常を起こし、寛骨臼と大腿骨頭が上手く噛み合わなくなる疾患です。関節で炎症を起こすので痛みが生じ、横座りや腰を振るようにあるくモンローウォークなどの症状が見られます。大型犬で発症する傾向があるので、ベルジアンシェパードドッグラケノアも注意が必要です。

遺伝的な原因もありますが、過剰な栄養や運動なども関わるといわれています。そのため、栄養バランスを考えた食事を与えたり、過度な運動を控えたりするなどで予防しましょう。

治療には内科治療と外科治療があります。重度の場合や内科治療でも改善されない場合は外科治療となります。

関節炎

人間にも馴染みある関節炎はワンちゃんでも発症します。骨と骨を繋ぐ関節に炎症が起きると痛みが出るので、歩きたがらなかったり関節が腫れていたりする症状が見られます。

原因は加齢や肥満、過度な運動、遺伝性などさまざまです。加齢や遺伝の場合は予防が難しいかもしれませんが、肥満や過度な運動は食事や運動を管理することで防ぐことができます。

治療は一般的に軽度であれば痛み止めなどの薬が投与されます。さらに運動制限やダイエットによって悪化を防ぎますが、効果が見られない場合は手術を行うこともあります。

眼の病気

白内障

カメラのレンズのような働きをする透明な水晶体の一部または全体が白く濁る病気です。水晶体の白濁が強くなると、ぶつかったりつまずいたりする視覚障害が現れます。見えなくなることで不安から夜鳴きをする場合もあります。

原因には加齢による老年性や遺伝が関係しているといわれる若年性があります。その他にも、糖尿病などの病気での併発や外傷なども挙げられます。予防は難しいですが、早期発見・早期治療することで進行を遅らせることができます。

初期段階では点眼薬などで内科治療が行われますが、根本的に治療するには手術が必要です。

皮膚の病気

皮膚炎

ベルジアンシェパードドッグラケノアは皮膚疾患を発症することがあるので、皮膚を清潔に保ち、こまめにチェックすることが予防や早期発見になります。

皮膚疾患の中でもワンちゃんに起こりやすい皮膚病としてマラセチア性皮膚炎があります。

皮膚に常在しているマラセチアですが、皮膚バリア機能の低下や皮脂の増加などによって過剰に増えてしまい、痒みや赤み、べたつきなどの症状が出ます。

治療は症状に合わせて抗真菌薬や薬用シャンプーなどが選択されます。原因によっては生涯、皮膚のケアが必要になる場合があります。

ベルジアンシェパードドッグラケノアをブリーダーからお迎えしよう!

ブリーダーからお迎えするメリット

①健康的で社交性の高い子犬を迎えやすい

十分に衛生管理がなされているブリーダーのもとで生まれ育った健康的な子犬を探すことができます。また、他にも子犬がいる環境で生まれ育っているため、社会性が身に付いた状態で迎えやすくなります。さらに、基本的なしつけを受けていたり、適切な血統管理がなされていたりするケースが多いです。

②購入後のサポートも安心できる

子犬の見学を通してブリーダーの顔がわかり、信頼関係を築くことができます。子犬の購入後も分からないことがあれば質問しやすくなり、安心してサポートを受けられます。

③購入金額を抑えられる

流通の中間マージンがかからないため、ペットショップから購入する場合にくらべて子犬の購入金額は安くなります。ベルジアンシェパードドッグラケノアの子犬をブリーダーからお迎えしたい方は、こちらのボタンから最新情報をチェック!優良ブリーダー情報も詳しく掲載しています。

※タイミングによってはお迎えできるワンちゃんがいない場合もあります。