秋田犬

誠実な秋田犬は飼うのが難しい?性格や毛色、子犬の価格などをご紹介

「忠犬ハチ公」や「わさお」、「マサル」でお馴染みの秋田犬は、日本犬6種の中で1番最初に天然記念物へ指定された犬種です。誰にでも懐く犬種ではありませんが、家族に対しては深い愛情を示してくれます。ここでは、そんな秋田犬の魅力や歴史、販売価格などをご紹介します。

秋田犬

photo by uadrienn

秋田犬の基本データ

秋田犬の大きさ58~70cm
秋田犬の体重34~45kg
平均寿命10~12年
原産国日本

大型犬の秋田犬は成犬になると30㎏を超えることもありますが、生後間もない頃は5㎏ほどしかありません。だいたい、生後9ヵ月ほどで体重は安定します。1歳になる頃には生まれた頃と比べると6倍以上にまで体重は増加します。

秋田犬は食べることが大好きなので、適正体重を大幅に超えないよう、体重管理を行いましょう。

秋田犬と柴犬の違いとは?

秋田犬と柴犬は同じ日本犬で見た目も似ています。でも比べてみると違いがよく分かります。

大きさ

秋田犬:58~70cm(大型犬)

秋田犬

photo by uadrienn

柴犬:37~40cm(中型犬)

柴犬

photo by Toshihiro Gamo

秋田犬:三角形の立ち耳ですが、柴犬より分厚いです。眼や鼻が顔の中心に寄っています。
柴犬:三角形の立ち耳です。眼や鼻がバランスよく配置されています。

柴犬についてくわしくはこちらから

天然記念物として指定されている秋田犬の歴史

秋田犬は日本原産の犬種で、野生動物を狩る「マタギ犬」という犬から作り出されました。秋田犬はもともと、「大舘犬」と呼ばれていました。江戸時代に入り闘犬が流行したことにより、土佐犬・マスティフが掛け合わされ、より大きな秋田犬が作り出されたそうです。

その後も犬種改良は続けられましたが、さまざまな犬種が混ざり合ったことで秋田犬の雑種化が進んでしまいます。秋田犬本来の良さを残すために、1919年に「天然記念物保存法」が発令され、1931年に天然記念物として指定されました。

現在では秋田犬と言えば「忠犬ハチ公」やテレビで大人気となった「わさお」、有名スケーターに贈られた「マサル」と日本のみならず、世界で人気を誇っています。

飼い主に寄り添う秋田犬の性格

忠犬と言われるだけあって、秋田犬は飼い主に忠実で素直な性格をしています。
ただし、警戒心から攻撃的になることもあります。性格の個体差が大きいので、全ての秋田犬が忠犬ハチ公のような性格ではないことは理解しておきましょう。
具体的にはどんな一面があるのか、秋田犬の性格について詳しくご紹介します。

素直で誠実!しつけの飲み込みも早い

秋田犬は誠実で忠誠心の強い犬種です。そのため、家族には全力で尽くそうとします。特に信頼した飼い主に対しては高い忠誠心を示し、知性にも優れているのでどんな指示であっても素直に従う飲み込みの早さもあります。

ただし、これは飼い主と秋田犬の間で、きちんと信頼関係が出来上がっているからこそ。信頼関係は一瞬で作れるものではありませんので、子犬の頃からゆっくりと作り上げていきましょう。

また、友好的な性格も秋田犬の特徴です。小さな頃から一緒に過ごしている人や犬は全員「家族」と考え、深い愛情を示してくれます。家族を守ろうとする保護意識が旺盛で、勇敢でもあるので番犬としても向いています。

飼い主以外には攻撃的になることも

家族に対しては愛情深い秋田犬ですが、知らない人・犬には攻撃的になることがあります。中には社交性があって初対面でも難なく触れ合える子もいますが、それはごく少数派でしょう。

基本的には頑固で独立心が強く、家族以外には攻撃的になったり威圧感を与えたりすることが多いようです。

また、感受性が強いので嫌なことをされると不快感から危害を加えてしまう可能性もあり注意が必要です。

敏感で警戒心が強い一面も

秋田犬は信頼した飼い主と一緒にいるときは無駄吠えもせず、穏やかに過ごしますが、敏感で神経質な一面もあるので、警戒心から噛みついたり暴れたりして周りの人や犬にケガを負わせてしまう場合があります。

警戒心を持つことは飼い主を守りたいという気質の表れでもありますが、ペットとして上手く付き合っていくためにはしつけが重要です。

また、例え家族でも飼い主と認めなければ攻撃的になる恐れもあるので、小さい子供がいる家庭は特に注意しなければなりません。

秋田犬は初心者には難しい?飼い方のポイント

秋田犬は飼い主には愛情深いものの、他の人や犬に攻撃的になることがあります。そのため、都道府県の条例で届け出や飼育管理方法が決められている地域も多くあるようです。飼い始める前に住んでいる地域の条例を確認しておく必要があるので注意しましょう。また、その他はどんなことに気を付けて飼う必要があるのでしょうか?

室内飼いはできる?

秋田犬は身体が大きい上、もともと闘犬だった気質からあまり室内飼いには向いていません。広々とした屋外で過ごすことができる環境を用意してください。その際、暑さに弱いので日陰があり、風通しの良い場所を選びましょう。

室内で飼う場合は広いスペースが必要です。ストレスを感じない大きめの部屋でないと室内飼いは難しいでしょう。

その他、トイレは寝床と離したり、食器類を清潔に保ったりすることもストレスを溜めさせないポイントです。

散歩中はケガをさせないように注意する

秋田犬は運動量が豊富なので、1日2回各30分~1時間を目安に散歩してあげましょう。暑さが苦手なので、夏場は朝や夕方など涼しい時間帯を選んでください。散歩の際は歩くだけでなく、走ったり、おもちゃで遊んだりしてあげると、より体力を消費させることができます。

秋田犬は警戒心から見知らぬ人や犬に対して攻撃的になる場合があります。散歩中に飼い主以外の人が触ろうとしてきた際は、安易に触れないように気を付けましょう。ドッグランへ行くことも極力控えてください。

秋田犬のしつけ方は?トイレ・無駄吠え・噛み癖について

秋田犬は力がとても強く、主従関係がしっかりできていないといざというときに抑えることができません。飼い主がリーダーであることを子犬の頃から教え、秋田犬をコントロールできるようにしておきましょう。
ここでは、待てやトイレ、無駄吠え、噛み癖のしつけのポイントをご紹介します。

「待て」で興奮を抑える

何かに夢中になって興奮しているとき、「待て」をしつけていると比較的簡単に動物的な本能を抑えることができるでしょう。秋田犬は猟犬や闘犬であったことから、攻撃的な気質があるので特に大切なしつけです。

「待て」のしつけは、しっかり目を見てできるまで繰り返すことがポイントです。勝手に動いたときは無視をし、きちんと待つことができたときは褒めてあげましょう。手のひらを犬に向けたり、食事のときに「待て」と言ったりする方法もあります。

トイレのしつけは最初が肝心!

特に室内飼いをする場合、トイレのしつけは必要不可欠です。間違って覚えないために、トイレのしつけは最初が大切です。もともと、秋田犬は賢い上に綺麗好きな性格をしているので、決められた場所できちんとトイレを済ませてくれるでしょう。

上手くトイレをしつけるにはトイレの場所を変えないことが重要です。トイレの場所を決め、慣れるまではその場所に連れて行ったり声をかけたりしてトイレを促すようにしてください。

失敗した場合は叱ってはいけません。排泄を悪いことだと考えてしまうので、黙って片付けることがポイントです。

無駄吠えはまず吠える原因を取り除く

秋田犬は大きな声で吠えるので、吠え癖がついてしまうと近所迷惑になってしまいます。

吠える理由はストレスや警戒などさまざまです。いずれの理由も、まずは吠える原因を取り除くことが大切です。運動不足によるストレスの場合は運動量を増やし、警戒心によるものは子犬の頃から社会性を身に付けさせましょう。

吠え始めたときは無視をしたり、大きな音を立て驚かせたりするといった方法を取ってみてください。

噛み癖をしつけてケガの防止を

秋田犬は力が強く人に噛みつくと大けがをしてしまいます。命に関わる事故になる恐れもあるので、噛み癖のしつけはとても重要です。

噛む理由としては歯の生え変わりで歯が痒い場合やじゃれる中で噛む場合などがあります。理由はさまざまですが、人間に対して噛むことは成犬になって噛み癖がついてしまう可能性があるので子供の頃から止めさせなければなりません。

手を噛んだとき、そのまま手を口の中に入れると気持ち悪がり手を放します。これを繰り返し学習させることで噛み癖を止めさせましょう。

※タイミングによってはお迎えできるワンちゃんがいない場合もあります。