パグ

パグにカットは必要?抜け毛は多い?

パグは抜け毛が多い犬種としても知られています。特に毛の生え変わり時期には大量の抜け毛が発生し、部屋も服も毛まみれになってしまいます。そのため、抜け毛対策は欠かせません。しかし、毛が短いにも関わらずどうして抜け毛が多いのでしょうか。
ここでは、そんなパグの被毛についてご紹介します。

パグの毛色

パグの毛色 黒

photo by AnjaPetrol

シルバー

パグの毛色 シルバー

photo by RitaE

フォーン

パグの毛色 フォーン

photo by Pexels

アプリコット

パグの毛色 アプリコット

photo by StockSnap

パグの毛色は全部で4色。

黒は全身が真っ黒の被毛で覆われており、「黒パグ」の愛称で親しまれています。シルバーは、グレーがかった被毛を持っています。フォーンは薄茶色をしており、日本で最も多いと言われています。そして、アプリコットはオレンジ寄りの茶色をしています。

上記で紹介した毛色のほか、パグにはホワイトカラーも存在しています。しかし、ホワイトは遺伝性の疾患を持っていることがあるため、JKC(日本最大級の畜犬団体)では公式カラーとして認めていません。

パグは抜け毛が多い!換毛期は要注意

パグは「ダブルコート」の持ち主で、被毛はオーバーコート(上毛)とアンダーコート(下毛)の2重構造となっています。このダブルコートの犬種は1年を通して毛が抜け、特に換毛期には大量の抜け毛が発生します。そのため、こまめなお手入れが欠かせません。お手入れを怠ってしまうと部屋中に毛が散乱してしまいますので、ご注意ください。

抜け毛は多いものの、毛自体は長くないため、カットは必要ありません。

希にサマーカットを行う方もいるようですが、「皮膚が傷つきやすくなる」「毛質が変わる」などの問題が起こる可能性があります。もちろん涼しくはなりますが、デメリットの方が大きいため控えた方が良いでしょう。

抜け毛対策にはブラッシングとシャンプーを

パグは抜け毛が多い犬種ですので、毎日のブラッシングが必要不可欠です。ブラッシングを怠ると皮膚病にかかってしまうため、ラバーブラシや獣毛ブラシなどを使ってこまめにお手入れしてあげましょう。

また、抜け毛の多いパグには「ファーミネーター」というブラシがおすすめです。このアイテムは抜け毛をしっかりと絡め取ってくれるため、換毛期に大活躍してくれます。ただ、ラバーブラシや獣毛ブラシに比べると刃先が鋭利なため、力加減には注意しなければいけません。皮膚を傷つける恐れもありますので、正しく使用することが大切です。

ブラッシングに加え、抜け毛対策として月に1度はシャンプーを行いましょう。シャンプーの際はシャワーを38度前後に設定し、全身をくまなく洗ってください。シャンプー後は皮膚病防止のため、きちんと乾かすことが重要です。

そのほか、抜け毛対策として洋服を着せてあげることもおすすめです。洋服が抜け毛をキャッチしてくれますので、掃除が楽になります。

パグのお手入れ

パグのお手入れは、抜け毛対策のブラッシングやシャンプーだけではありません。爪切りや歯磨き、耳掃除なども定期的に行う必要があります。これらのお手入れをこまめに行うことで体を清潔に保ち、病気を未然に防ぐことができるのです。
ここでは、パグをお迎えした際に行ってほしいお手入れについてご紹介します。

チャームポイントには汚れが溜まりやすい!「シワや目の手入れ」

パグのチャームポイントであるシワには汚れが溜まりやすくなっていますので、毎日蒸しタオルで拭いてあげましょう。汚れを放置していると皮膚病になったり、ニオイの元になったりします。また、目の周りに涙やけや目やにが付いている場合は、シワの汚れと一緒にタオルで拭き取ってください。

なお、パグは目が大きくて傷つきやすいため、細心の注意を払いながらケアしましょう。

定期的に行うことが大切な「爪切り」

パグには定期的な爪切りが必要です。爪切りを行わずに伸ばし続けると、爪がカーペットに引っかかって折れたり、伸びた爪が肉球に刺さったりします。そのため、床に爪が当たってコツコツという音がし始めたタイミングで、爪切りを行ってください。

爪切りの際はギロチンタイプを使用し、少しずつ切り進めてきましょう。ただ、足先は敏感な部分ですので、最初から爪切りを使って切るのではなく、足を触る練習から始めましょう。

毎日行うことが望ましい「歯磨き」

パグの歯磨きは毎日行ってください。歯磨きを怠ると歯石が溜まって歯周病にかかる恐れがありますので、習慣化することが大切です。

また、歯磨きを行う際はパグを歯磨き嫌いにさせないよう注意してください。パグは頑固な性格をしていますので、一度歯磨きが嫌いになってしまうと、その後の継続が難しくなります。そのため、口の中を触る練習から始めて徐々に慣れさせましょう。

口を触られることに慣れてきたら犬用歯ブラシやガーゼ、歯磨きシートなどを使って歯磨きしてください。

垂れ耳には必須のお手入れ「耳掃除」

パグは耳が垂れているため、汚れが溜まりやすく、耳の病気にかかる可能性が高いです。そのため、週に1回は耳掃除をして耳の中を清潔に保ちましょう。

耳掃除の際は専用のイヤークリーナーを耳の中に数滴垂らし、馴染ませるように揉み込みます。その後、浮き出てきた汚れをコットンで拭き取りましょう。このとき綿棒を使うと汚れを奥に押し込んでしまう恐れがありますので、使用は控えてください。

肛門膿の排出が苦手なパグには欠かせない「肛門腺絞り」

パグのような小型犬は、肛門膿と呼ばれる分泌物の排出が苦手です。そのため、定期的に肛門腺絞りを行って肛門膿を絞り出してあげましょう。

肛門腺は肛門の4時と8時の位置にありますので、人差し指と親指でつまむようにして押し出してください。なお、このときに痛みが生じると肛門腺絞りに嫌なイメージが付いてしまうため、力加減には注意してください。

また、無理に肛門腺絞りを行うと炎症を起す可能性がありますので、どうしてもできないときはトリマーや獣医師に依頼しましょう。

パグがかかりやすい8つの病気とは

パグをお迎えする前に、かかりやすい病気について把握しておきましょう。この犬種は小型犬特有の「膝蓋骨脱臼」や、短頭種がかかりやすい「鼻腔狭窄」「軟口蓋過長症」に注意が必要です。それだけでなく、パグの発症率が異様に高い「壊死性髄膜脳炎」にも気をつけなければいけません。
ここでは、パグがかかりやすい8つの病気についてご紹介します。

目が大きいからこそかかりやすい「角膜潰瘍」

パグは目が大きいため、「角膜潰瘍」や「角膜炎」、「眼球突出」など目の病気にかかりやすいです。今回はこの中から「角膜潰瘍」をピックアップしてご紹介します。

角膜潰瘍とは外傷や感染によって、角膜の組織が欠損してしまう病気です。発症すると痛みやまぶたの痙攣、流涙などが引き起こされます。この病気の多くは外傷が原因で引き起こされるため、目を傷つけないように注意してあげてください。

角膜潰瘍になってしまった場合は、抗生剤や消炎剤などの点眼を使用して治療することが一般的です。ただ、状況によっては内服薬、注射などを行うこともあります。

パグがなりやすい脳の病気「壊死性髄膜脳炎(パグ脳炎)」

大脳と髄膜の組織が炎症することによって神経症状が現れることを「壊死性髄膜脳炎(パグ脳炎)」と呼びます。具体的な症状としては歩行困難や旋回運動などが挙げられます。

発症の原因は定かではなく、予防法もいまのところ確立されていません。ただ、なぜかパグの発症率が異様に高いことから「パグ脳炎」と呼ばれるようになりました。

また、現段階では完治にいたる治療方法がないため、抗けいれん薬を投与して発作を軽減させるのが一般的なようです。

命に関わることもある病気「鼻腔狭窄」「軟口蓋過長症」

パグのような短頭種は「鼻腔狭窄」や「軟口蓋過長症」にかかりやすいと言われているため、注意が必要です。

鼻腔狭窄

鼻腔狭窄とは、鼻の穴が狭いために少しの運動でも呼吸が荒くなったり、いびきをかいたりする病気です。最悪の場合は呼吸困難に陥ることもあります。

鼻腔狭窄は先天性の病気なため、予防することはできません。しかし、早期発見・早期治療を行うことによって、苦痛を緩和してあげられます。
また、治療は鼻の穴を広げる外科的治療が一般的です。

軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう)

軟口蓋過長症とは、上顎にある軟口蓋が大きく垂れ下がる病気です。この軟口蓋が通常より長いと呼吸がしづらくなり、大きないびきや開口呼吸などが見られるようになります。また、症状が悪化すると呼吸困難や失神など、命に関わる症状も出てきます。

軟口蓋過長症は先天性の病気ですので、鼻腔狭窄と同様に予防することは難しいです。
治療方法としては、軟口蓋を切除する手術が挙げられます。

皮膚が弱いパグだからこそ気をつけたい「膿皮症」などの皮膚炎

パグは皮膚が弱いため、「膿皮症」や「アレルギー性皮膚炎」、「マラセチア性皮膚炎」などの皮膚病にかかりやすいです。その中から今回は「膿皮症」をピックアップしてご紹介します。

膿皮症とは、細菌感染によって皮膚に異常が起こる病気です。具体的な症状としては、湿疹や赤み、かゆみ、脱毛などが挙げられます。全身に起こる病気ではありますが、特に脇や顔、指の間などに発生しやすいです。

膿皮症は細菌によって引き起こされるため、生活環境や愛犬の体を清潔に保つことで予防できます。
発症してしまった場合は、抗生物質の投与やシャンプー療法を行います。

慢性化しやすい耳の病気「外耳炎」

耳介から鼓膜までをつなぐ道“外耳”が炎症を起こした状態を外耳炎と呼びます。

この病気は発見が遅れると慢性化しやすいため、早期発見が重要です。また、外耳炎を発症すると痒みと痛みが生じ、首を振る、後ろ足で掻くなどの仕草が見られるようになります。

発症の原因としては湿気や異物、細菌など様々な要因が関与していますが、耳の中を清潔に保つことで外耳炎を予防できます。
外耳炎にかかってしまった場合は、耳道内の清浄と点耳薬での治療が一般的です。

小型犬は要注意!「膝蓋骨脱臼」

膝蓋骨脱臼とは、後肢にある膝蓋骨(膝のお皿)が正常な位置から外れてしまう病気です。

この膝蓋骨脱臼は症状によって4つのグレードで分けられており、最も重いグレード4になると足が変形して地面にうずくまるように歩く、足があまり地面につかないなどの歩行異常が現れます。

発症の原因としては、先天性のものがほとんどです。そのため、予防するのが難しいのですが、肥満体型にしない、床にカーペットを敷いて関節に負担をかけないなどの配慮を行うことで症状の悪化を防ぎます。

膝蓋骨脱臼の治療は症状によって変わりますが、鎮痛剤やレーザー治療、外科手術などを行います。

心臓が上手く働かなくなる病気「洞不全症候群」

洞不全症候群とは、心臓の筋肉に指令を出している「洞結節(どうけっせつ)」が上手く働かなくなり、正常な心拍が行えなくなる病気です。これにより、失神やふらつきなどの症状が現れます。

発症の原因としては貧血や心疾患など様々なものが考えられるため、確立した予防法はありません。
洞不全症候群を発症した場合はペースメーカーの埋め込み、もしくは抗コリン作動薬や交感神経作動薬などの投与を行って治療を進めます。

パグをブリーダーから購入した場合の価格は?

パグ

photo by SNGPhotography

パグの子犬が安い地域ランキングベスト3

1位北海道15万9000円
2位兵庫県19万8000円
3位静岡県19万8000円
全国平均26万1164円

ブリーダーナビしらべ
※執筆時のデータのため最新状況と異なる場合もございます

ブリーダーからお迎えするメリット

①健康的で社交性の高い子犬を迎えやすい

十分に衛生管理がなされているブリーダーのもとで生まれ育った健康的な子犬を探すことができます。また、他にも子犬がいる環境で生まれ育っているため、社会性が身に付いた状態で迎えやすくなります。さらに、基本的なしつけを受けていたり、適切な血統管理がなされていたりするケースが多いです。

②購入後のサポートも安心できる

子犬の見学を通してブリーダーの顔がわかり、信頼関係を築くことができます 子犬の購入後も分からないことがあれば質問しやすくなり、安心してサポートを受けられます。

③購入金額を抑えられる

流通の中間マージンがかからないため、ペットショップから購入する場合にくらべて子犬の購入金額は安くなります。パグの子犬をブリーダーからお迎えしたい方は、こちらのボタンから最新情報をチェック!優良ブリーダー情報も詳しく掲載しています。

※タイミングによってはお迎えできるワンちゃんがいない場合もあります。