ミニチュアシュナウザー

目次

ミニチュアシュナウザーはカットの種類や自宅カットなどをご紹介

ミニチュアシュナウザーの上毛は伸び続けるため、定期的なカットが必要になります。種類豊富なカット方法を楽しめるところもこの犬種の魅力です。どれくらいの頻度でカットを行えばいいのか、カットの目安や気になる料金のほか、自宅カットの方法、テディベアカットなどの可愛いカット集もご紹介します。

カットは必要?トリミングの頻度や料金は?

抜け毛が少ないミニチュアシュナウザーですが、針金状の上毛は伸び続ける特徴があるため、清潔さや見た目の美しさを保つためにもトリミングは必要です。
1~2ヵ月に1回を目安にカットするようにしましょう。

カットの料金は地域やサロンによってさまざまですが、ミニチュアシュナウザーは7,000~8,000円前後に設定しているサロンが多いようです。お近くのサロンをぜひ調べてみてください。

カットデビューはいつ?トリミング前の準備・注意点

トリミングサロンでは「生後〇ヵ月~」「ワクチン接種済み」など、子犬の利用に基準を設けているところが多いです。一般的にはワクチン接種が済んでから2週間後からの受付となりますので、お近くのサロンの基準を確認しましょう。

また、子犬にとってシャンプーやカットは心身共に負担が大きいものです。子犬の頃は信頼している人にしか体を触らせないため、日頃のブラッシングなどで体を触られることに慣れてもらうことが大切です。

ストリッピングって何?ミニチュアシュナウザーは必ず必要?

ストリッピングとは、人の手で1本1本毛を抜くトリミングの技法です。本来抜け落ちるはずの毛が抜けない犬種に用いられます。

メリットは「褐色を防ぐ」「犬種本来の硬い毛になり、保護力が高まる」「新陳代謝が高まり皮膚が強くなる」など。
一方デメリットは「技術や手間が必要なため行っているサロンやトリマーが少ない」「料金が高い」「ワンちゃんが嫌がる」などがあります。

ショーに出ないのであれば無理に行う必要はありませんが、犬種本来の毛質を保ちたい方は考えてみるのもいいでしょう。

自宅カットもできる?自宅カットの方法や必要な道具は?

節約のために自宅カットを行いたい人も多いはず。しかし初めから全身をカットするのは難しいため、一度プロに仕上げてもらい、部分的なカットからはじめるのがおすすめです。
まずはハサミ又はバリカン、ブラシ(コーム)、ビニールシートを用意しましょう。

滑りやすい足裏や足先は、バリカンやハサミを滑らせて肉球からはみ出た毛をカットします。目の周りは眼球を傷つけないよう丁寧にカットし、カラダ全体は長さを揃える程度にハサミでカットします。
定期的にプロのカットとアドバイスを取り入れながら練習するといいでしょう。

ミニチュアシュナウザーの可愛いカットスタイル4選

シュナカット

ミニチュアシュナウザーのカットスタイル シュナカット

photo by joangonzalez

眉毛・髭・手足を長く残した定番のスタイル。

テディベアカット

全体が丸くなるように切りそろえたモコモコスタイル。

モヒカンカット

頭頂部、後頭部を長く残し、その他を短く刈り込んだクールなスタイル。

まつ毛カット

眉毛を短くカットしてまつ毛を強調した、お人形のようなスタイル。

さまざまなカットスタイルは、毛が伸び続けるミニチュアシュナウザーだからこそ楽しめる特権ですね。

日々のお手入れ方法や頻度は?シャンプー・耳掃除・歯磨きなど

体臭、口臭、体の汚れなどは日々のお手入れによって避けることができ、基本的なお手入れを欠かさず行うことで、さまざまな病気の予防にもつながります。ここでは、ミニチュアシュナウザーの毎日のお手入れついてご紹介していきます。

毎日のケアとしてブラッシングを行いましょう

ブラッシングについてはこちらの項目でご紹介しています

シャンプーは月に1回

ブラッシングの他に、月に1回のシャンプーで皮膚を清潔にするのがミニチュアシュナウザーの基本的なお手入れです。
毛並みを整えるスリッカーブラシやコーム、シャンプー・リンス、ドライヤー、タオルを用意し、子犬の頃から少しずつシャンプーに慣れさせましょう。

ミニチュアシュナウザーは皮膚が弱いため、無添加・無着色・無香料など肌に優しいシャンプーを使うことも大切です。

汚れやすい耳は週1回の掃除を行う

垂れ耳で通気性が悪いミニチュアシュナウザーの耳は、週に1回のお掃除で清潔に保ちます。ワンちゃんの耳掃除用ローションをコットンにつけ、汚れを拭き取ってあげましょう。細かい汚れは綿棒で取り除きます。
また、ミニチュアシュナウザーは耳毛が生えるペースが早いため、週に2回は抜いてあげる必要があります。しかしながら自分で抜くのは難しく危険も伴います。初めのうちはトリミングの際にお願いするか、動物病院に連れて行くといいでしょう。
耳はデリケートな部分なので、不安な場合はプロの方に相談することをおすすめします。

目のお手入れは毎日欠かさずに

目の周りの毛が長いミニチュアシュナウザーは、目やにや涙やけなどで目の周りが汚れやすいです。汚れをそのままにすると目の健康にも良くないため、毎日拭き取ってあげましょう。

乾燥している目やにはコットンやタオルをお湯で濡らしてふやかしてから拭き取ります。皮脂成分の酸化により目の周りが変色してしまう涙やけには、薬剤成分の入った専用シートを使うのも良いでしょう。目の周りの毛を短くカットすることも、汚れを防ぐのに効果的です。

歯磨きも毎日の習慣にして歯の健康を守ろう

ワンちゃんは人間よりも歯石ができるスピードが速く、歯のトラブルが起きやすいため、子犬の頃から歯磨きを毎日の習慣にしていきましょう。

歯磨きを嫌がる子も多いため、はじめは歯磨きシートやガーゼを指に巻いて、唇の上から歯を触ってみるなど、口周辺や歯に触れられることに慣れてもらいます。どうしても難しいときは、歯磨きガムなどおもちゃを使用するのもいいでしょう。
慣れてきたら、歯ブラシを使用して少しずつ磨く範囲を広げていきます。コツは力を入れ過ぎずに素早く済ませることです。

1日1回、毎日コツコツ歯磨きの練習をしていきましょう。

ミニチュアシュナウザーが気を付けたい11の病気

筋肉質で体力もあり、丈夫な体つきのミニチュアシュナウザーですが、気を付けるべき病気はいくつかあります。かかりやすい病気をしっておくことは愛犬の健康を守ることにつながるため、ぜひ確認しておいてほしい項目です。

遺伝的にかかりやすい「尿路結石」

リン、カルシウム、マグネシウムといった尿に含まれるミネラル成分が結晶化し、泌尿器で結石となり、血尿や排尿痛などのさまざまな症状を引き起こす病気です。

尿が濃くなったり溜まったりすると結石ができやすくなるため、水分摂取量を増やしたり、結石の原因となるミネラル成分の過剰摂取を控えたりすることが予防として挙げられます。

その他にも、尿中のカルシウム増加につながる動物性タンパク質の過剰摂取を控えることや、高脂肪な食事を控え肥満にさせない、ストレスを溜めないことなども予防につながります。

治療法は結石の大きさや病状により異なりますが、尿と一緒に排出できそうな場合は水分摂取量を増やしたり食事療法を施したりし、排出が困難な場合は外科手術を伴います。

免疫力低下時は特に注意したい感染症「腎盂腎炎」

腎臓と尿管の接続部である腎盂(じんう)や腎臓の中間構造である髄質(ずいじつ)が炎症を起こす病気です。
急性型と慢性型により症状が異なりますが、頻尿や血尿、食欲減退や運動を嫌がる、発熱や嘔吐といった症状がでます。

慢性型では症状が軽く見逃しやすいため、日頃から食欲や運動意欲の変化に注意することが早期発見につながるほか、定期的に尿検査を行うことも大切です。
腎盂腎炎は、長期的な抗菌薬療法により治療が行われます。

早期発見が進行を遅らせる「白内障」「進行性網膜萎縮」

目の病気では、カメラでいえばレンズの役割を果たしている水晶体が白く濁ってしまう白内障や、目の奥にある網膜の遺伝性疾患である進行性網膜萎縮などに注意が必要です。
どちらも症状が悪化すると階段につまずいたり、家具にぶつかったり視覚障害が現れます。進行性網膜萎縮の場合は、視力が低下して最終的には失明してしまう病気です。

目の色や様子がいつもと違ったり、視覚障害が見られたりするといった日々の変化に気づくことや、定期健診を受けることが予防となり、早期発見であれば進行を遅らせることができます。白内障の初期段階では点眼薬などの内科的治療が行われますが、根本的な治療には水晶体の摘出や角膜の切開といった外科手術が必要です。

進行性網膜萎縮の場合、変異遺伝子を持っていると予防が難しく、点眼薬やレーザー治療で症状を緩和するケアが行われますが、最終的な治療法はまだ見つかっていないようです。

垂れ耳のミニチュアシュナウザーは「外耳炎」に注意

耳と耳の穴を外耳といいますが、外耳の皮膚が炎症を起こしてしまう病気を外耳炎といいます。湿気や細菌、耳ダニや異物、アレルギー物質、垂れ耳や耳毛が多いことも発症の原因です。

多くのワンちゃんがかかりやすい病気ですが、垂れ耳かつ耳毛が生えるのが早いミニチュアシュナウザーは特に注意が必要です。耳掃除をきちんと行い、清潔に保つことが一番の予防となります。
原因によって治療法は異なりますが、洗浄や駆虫薬、点耳薬やアレルギー治療などが一般的です。

ミニチュアシュナウザーが発症しやすい心臓病「洞不全症候群」

ワンちゃんの死因の多くを占める心臓病。ミニチュアシュナウザーは洞不全症候群という心臓病に注意が必要です。弁が閉じずに血流が逆流してしまう僧帽弁閉鎖不全症の第2段階といわれる病気です。

普段はもちろん、運動時も心拍数が少ないため脳に血が足らなくなり失神なども引き起こします。心電図の解析による診断となるため、定期的な健康診断が重要です。その他に、大好きな運動を嫌がったり、おかしな咳をしていたり、体調に不安があるときは早めに見てもらいましょう。
心臓病は段階により治療法が異なり、洞不全症候群の診断後は薬の投与などによる内科治療が主に行われます。

体質的に発症しやすい「胆嚢粘液嚢腫」

胆嚢粘液嚢腫(たんのうねんえきのうしゅ)は細菌感染や炎症により粘液が胆嚢に溜まってしまい、消化に必要な胆汁の分泌を妨げることで、嘔吐や下痢、腹痛などの消化器症状を引き起こす病気です。

明確な原因は分かっていないようですが、遺伝的に脂質代謝異常の多いミニチュアシュナウザーは発症しやすいといいます。

高カロリー、高脂質、偏った食事を改善することが防止策のひとつです。発症後は低脂肪食などの食事療法や内科療法は行われ、悪化すると外科手術を伴います。

シュナウザー種や肥満の子は注意が必要「糖尿病」

インスリンというホルモンが低下し、通常血中に出ることのない糖が血中に出てしまい、尿の量が増えたり異常に喉が渇いたり、食欲はあるのに体重が減るといった症状が出る病気です。肥満気味のワンちゃんや、プードル、ダックスフンド、シュナウザー種などがかかりやすいといわれています。

まずは偏った食事や運動不足を避け、肥満を防止することが予防につながります。糖尿病を発症した際には食事療法や運動療法、インスリンの投与で血糖値のコントロールを行うのが主体です。

皮膚病は「アトピー性皮膚炎」「シュナウザー面皰症候群」に注意

ハウスダストや花粉などのアレルギー症状を引き起こすアレルゲン物質に、免疫機能が過剰に反応して起こるアトピー性皮膚炎や、皮脂が毛穴に詰まって炎症を起こし、ニキビやできものができるシュナウザー面皰症候群(めんぽうしょうこうぐん)といった皮膚病にも注意が必要です。

アトピー性皮膚炎は体質が関係しているため予防が難しいといわれていますが、発症後はアレルゲンの除去やスキンケアなど、症状を緩和するケアがいくつかあります。
シュナウザー面皰症候群は食事療法や、毛穴を清潔に保つためにこまめにシャンプーをするなどの治療を行っていきます。

運動好きなミニチュアシュナウザーは特に注意「椎間板ヘルニア」

背骨ひとつひとつをつないでいる椎間板に変性が生じ、椎間板が突出して脊髄を圧迫・損傷することにより、さまざまな神経障害を引き起こす病気です。
老化や過度な運動、脊髄への強い負荷が原因となることが多いため、運動好きなミニチュアシュナウザーも注意が必要となります。

階段やソファ、ベッドなど落差の大きい昇降運動や、滑りやすいフローリングなど足腰に負担のかかるような場所での生活、肥満を避けることが予防につながります。
治療法はステロイドなどの消炎剤の投与や外科手術などが挙げられ、術後はリハビリを行う場合もあります。

ミニチュアシュナウザーをブリーダーから購入した場合の価格は?

ミニチュアシュナウザーの子犬が安い地域ランキングベスト3

1位長崎県15万2745円
2位群馬県15万6667円
3位鹿児島県16万円
全国平均20万4520円

ブリーダーナビしらべ

ミニチュアシュナウザーの子犬を迎えるならブリーダーさんからがおすすめです。長崎県や群馬県、鹿児島県なら平均よりも4~5万円程安く迎えることができます。
ブリーダーさんなら犬種の知識も豊富なため、子犬を飼う前の不安も解消しやすいです。上記のランキングもぜひ参考にしてみてくださいね。

ブリーダーからお迎えするメリット

①健康的で社交性の高い子犬を迎えやすい

十分に衛生管理がなされているブリーダーのもとで生まれ育った健康的な子犬を探すことができます。

また、他にも子犬がいる環境で生まれ育っているため、社会性が身に付いた状態で迎えやすくなります。

さらに、基本的なしつけを受けていたり、適切な血統管理がなされていたりするケースが多いです。

②購入後のサポートも安心できる

子犬の見学を通してブリーダーの顔がわかり、信頼関係を築くことができます。
子犬の購入後も分からないことがあれば質問しやすくなり、安心してサポートを受けられます。

③購入金額を抑えられる

流通の中間マージンがかからないため、ペットショップから購入する場合にくらべて子犬の購入金額は安くなります。

ミニチュアシュナウザーの子犬をブリーダーからお迎えしたい方は、こちらのボタンから最新情報をチェック!優良ブリーダー情報も詳しく掲載しています。

※タイミングによってはお迎えできるワンちゃんがいない場合もあります。