甲斐犬

甲斐犬をお迎えしよう!

甲斐犬

photo by qualiahouse

甲斐犬の基本データ

甲斐犬の大きさ48~53㎝
甲斐犬の体重11~25kg
平均寿命12~15歳
原産国日本

甲斐犬の人気カラー

  • 黒虎(黒地に茶褐色の虎模様)
  • 赤虎(茶または薄茶に黒褐色の虎模様)
  • 中虎(薄い黒地に茶褐色の虎模様)

甲斐犬といえば虎毛が印象的です。濃淡や縞模様の入り方がそれぞれ異なるため毛色が豊富にも思えますが、基本的な毛色は上記の3種類。子犬の頃は単色であっても、成長とともに虎柄がはっきりとしてきます。

甲斐犬は古くから混じりけのない純粋な血統を守ってきた犬種のため、虎柄は自然に生まれたもの。ときに「虎毛犬」とも呼ばれ、虎毛は犬種のトレードマークとなっています。

余談ですが、古い時代は虎毛一色ではなく胸と四肢の先に白い班があったそうです。これらの白い班は、相手が自分との距離を把握しづらくなる効果があるといいます。猟犬として活躍していた甲斐犬ならではの模様ですが、現在は白い班のある固体はほとんど見られません。

また、甲斐犬には全身が白毛の子もいるようですが、純血種の登録やスタンダードを定めるジャパンケネルクラブ(JKC)では認められていない毛色です。虎毛の印象が強いだけに、白毛の甲斐犬は新鮮ですね。

ミックス犬ってどう?

純血種同士を交配させることで生まれるミックス犬。犬種の異なる父親と母親のいいところを受け継ぐことができる贅沢さが魅力です。毛色や顔つき、体格など、どんな容姿になるのかも楽しみのひとつ。純血を守ってきた甲斐犬のミックス犬はそう多くはありませんが、メジャーな組み合わせをご紹介します!

甲斐犬×柴犬

甲斐犬のミックス犬といえば、同じ日本原産の柴犬が有名です。
どちらの犬種も元は猟犬であることから、飼い主への高い忠誠心を持つ子が生まれてきます。柴犬が小さいため生まれてくる子の体はそこまで大きくならず、室内でも飼えるサイズだそう。
毛色は甲斐犬ならではの虎毛や柴犬ならではの薄いクリームなど、個性豊かです。日本原産の犬種同士というところも魅力的ですよね。

甲斐犬その他の特徴

甲斐犬には「鹿犬型」と「猪犬型」の2種類がいます。

「鹿犬型」はカモシカ猟で活躍していた甲斐犬で、顔も体もシャープで細身の体型が特長です。一方「猪犬型」はイノシシ猟で活躍していた甲斐犬で、熊のように頭が大きくずっしりとした体型を特徴とします。
現在はほとんどが鹿犬型で、猪犬型は希少です。

また、甲斐犬の舌には青いあざのような舌斑(ぜっぱん)が見られます。このように、興味深い特徴が多いところも甲斐犬の魅力です。

女の子と男の子どちらが人気?

女の子・・・74%、男の子・・・26%

ブリーダーナビの犬種別検索数より

甲斐犬は女の子の方が落ち着いた性格をしていることが多く、仲間意識が高いところも女の子の特徴です。一人の飼い主に一生尽くすという甲斐犬の典型的な性格は、男の子の方が多いといわれています。
また、データを見ると女の子の方が人気のようです。仲間意識の高い女の子が人気の理由には、猟犬としてではなく、愛玩目的での飼育が増えていることが関係しているのかもしれませんね。

ブリーダーからお迎え!甲斐犬の子犬が安い地域トップ3

1位鹿児島県11万93円
2位神奈川県14万1,666円
3位埼玉県15万5,000円
全国平均12万7,554円

ブリーダーナビしらべ

甲斐犬は多くの人が知っている日本犬ですが、街中で見かけることは少ないのではないでしょうか。
ペットショップにもほとんど売られることがないため、甲斐犬を飼育するには全国からブリーダーを見つける必要があります。

JKCが公開している2017年時点の犬種別犬登録頭数を見ると、柴犬が11,829頭に対し、甲斐犬は146頭。もともと固体数の少ない犬種のため、良質なブリーダーを慎重に選ぶことが大切です。
上記のデータによると、最も安いのは鹿児島県、2位3位は関東がランクインしています。こちらもぜひ、参考にしてみてください。