ビションフリーゼ

モコモコ!ビションフリーゼの被毛について

ビションフリーゼの特徴でもあるモコモコとした被毛は、さまざまなカットスタイルを楽しめます。
ですが、魅力的な被毛は量が多くお手入れに手がかかってしまい大変な思いをする飼い主も多いようです。
ここでは、ビションフリーゼの被毛について毛色やケアの方法などをご紹介します。

ビションフリーゼ

photo by slgckgc

ビションフリーゼの毛色はホワイトだけではない?

ビションフリーゼとの毛色と言えばホワイト(純白)です。白のみとはいえ、個体によって色の濃淡が異なるため、ややベージュ寄りの毛色も存在しています。ただ、日本最大級の畜犬団体「社団法人ジャパンケネルクラブ(通称JKC)」は、あまりにも茶色味が強いのはドッグショーでは理想的でないと記載しています。

また、実は子犬の頃は以下のようにホワイトではない場合があります。

  • ホワイト&アプリコット(ホワイトと赤黄褐色が混ざった少し濃い印象)
  • ホワイト&クリーム(ホワイトと乳白色が混ざった淡い印象)
  • ホワイト&バフ(ホワイトと淡い黄褐色が混ざった柔らかい印象)

成長する中で毛色がホワイトへ変化することもあるようです。

抜け毛は少ないけど毎日のブラッシングは必要

ワンちゃんの被毛の構造はダブルコートとシングルコートに分かれ、一般的にダブルコートは「換毛期」に入ると抜け毛が多くなり掃除やお手入れに手がかかることが多いです。
ビションフリーゼはダブルコートですが、ダブルコートに分類される犬種の中では比較的抜け毛が多くないと言われています。
ですが、毎日のブラッシングは必要です。被毛は伸びやすく絡まりやすいので抜け毛は少ないとはいえ、ケアをしていないと毛玉ができてしまいます。定期的にトリミングも行い、適切な長さにしてあげましょう。

こまめなカットが大切!シャンプーも定期的に

ビションフリーゼの被毛は伸び続けるので、定期的にトリミングをしなければなりません。
トリミングは見た目を整えるだけではなく、汚れや抜け毛を取り除き被毛を清潔に保つことにもつながります。伸びた毛で目を傷つけたり、足を滑らせたりすることもトリミングで防げるので健康のためにも大切なことです。
また、シャンプーも皮膚を清潔にし、抜け毛も洗い流せるのでトリミングと合わせて最低でも月に一回は行うと良いでしょう。

自分でもカットできる?自宅カットのやり方

さまざまなカットスタイルを楽しめることもビションフリーゼの魅力です。綺麗に仕上げるためにも基本的にはプロにお願いすることがおすすめですが、お金がかかってしまったり近くにトリミングサロンがなかったりすると自宅でカットする方もいるのではないでしょうか。

耳やお尻、顔といった部分的なカットなら自宅で簡単にできます。
ペット用のバリカンやハサミを用意すると安全に行うことができます。ただし、耳やお尻などはデリケートな部分でもあるので、慎重に行ってください。

ビションフリーゼのカットスタイル

ビションフリーゼがトリミングサロンでカットをすると、地域によって差はありますが費用の目安は6000~1万3000円です。
「アフロ」や「テディベアカット」「マッシュルームカット」などかわいいカットスタイルを楽しむことができます。
夏の暑さ対策としてバリカンで刈り込む「サマーカット」にする方も多いです。ただ、サマーカットは紫外線などのダメージが皮膚に受けやすくなり、短くしたことで毛質も変わることもあるので注意が必要です。

ビションフリーゼのお手入れ方法は?

ビションフリーゼには、抜け毛対策のブラッシングやシャンプー以外にも定期的に行ってほしいお手入れがあります。
日頃行うケアは他に何があるのか、方法など理解してお手入れをしてあげることも飼い主の役目です。
ここでは、ビションフリーゼに必要なケアについてご紹介します。

爪切りの頻度とやり方

爪切りをしないと伸びてしまい、肉球や皮膚を傷つける可能性があります。
犬専用の爪切りを用意して、月に1回を目安に爪を切りましょう。

爪を切る際は深爪にならないように、根本を残して切ってください。深爪をすると出血してしまいます。
ビションフリーゼが暴れないよう足を手で固定して爪を切るようにすると切りやすいでしょう。子犬の頃から爪切りに慣れておくとよりやり易くなります。
自分で爪切りができない場合は動物病院やサロンでしてもらうと安心でしょう。

歯磨きは毎日の習慣に

ワンちゃんも歯磨きは大切なケアの一つです。歯磨きをしないでいると、歯垢や歯石が原因となって歯周病を発症する場合があります。
発症を予防するために、毎日1~2回歯磨きをするようにしてください。

ワンちゃんは口周りを触られることを嫌がる傾向があるので、少しずつ慣れさせることが大切です。始めは口元を少し触り、徐々に前歯や奥歯に触れていきます。始めに使用するものはガーゼですが、慣れてきたら歯ブラシに変更してみましょう。
慣れるまでは短時間で止め、そのあとにおやつをあげるなどすると効果的です。
歯ブラシが苦手な場合は、歯磨き専用のガムやおもちゃを使ってみましょう。

肛門腺絞りの頻度とやり方

肛門腺絞りは、肛門腺に溜まった分泌物を絞り出すことです。この分泌物はワンちゃん特有の臭いを出し、分泌物が溜まって放っておくと肛門腺が炎症を起こしてしまいます。
肛門腺を気にしている分泌物が溜まりやすいワンちゃんもいるので、月に1回は肛門腺絞りを行うようにしましょう。

肛門腺絞りは尻尾を持ち上げ、2本の指で下から上に押し出すようにして絞ります。
難しい場合は動物病院やサロンでも対応してもらえるのでお願いしましょう。

耳掃除の頻度とやり方

ビションフリーゼのような垂れ耳の犬種は耳垢が溜まりやすく、耳の中で菌が繁殖しやすい構造をしています。
そのため、耳掃除は週に1~2回を目安に定期的に行わなければなりません。
耳の中を傷つけないように、イヤーローションを使いガーゼなど柔らかいもので拭き取ってください。
耳掃除は慣れるまでに時間がかかるので、動物病院やブリーダーからアドバイスをもらってみるのもおすすめです。

気を付けたいビションフリーゼの病気

ビションフリーゼは丈夫で病気にはかかりにくいと言われていますが、皮膚病や関節疾患など気を付けなければならない病気はいくつかあります。
早期発見・早期治療をするためにも、事前になりやすい病気について知っておくことは重要です。

強い痒みのある「急性湿潤性湿疹」

激しい痒みを伴う急性湿潤性湿疹はホットスポットとも呼ばれます。顔や太ももなどに発症しやすく、脱毛したり被毛が湿ってもつれたりといった特徴的な症状が現れます。

アレルギーや高温多湿の夏、不衛生な被毛などいくつかの原因が重なって発症するので、高温多湿の環境やアレルゲンを避け、シャンプーやブラッシングなどの被毛のケアをすることで予防につながります。

垂れ耳の犬種は要注意!「外耳炎」

毛量が多い上に垂れ耳のビションフリーゼは、外耳炎にかかりやすい犬種です。耳の中が炎症を起こしている外耳炎は、痒みや痛みが伴います。しきりに耳を掻いたり、気にしたりしている様子が見られます。

耳の中は湿気と汚れが溜まりやすく、細菌やダニの繁殖には最適の環境となっています。その他にも、寄生虫や異物など原因は多岐にわたります。耳を清潔に保ち、日頃から耳の中をこまめにチェックすることが予防となるでしょう。

治療方法は原因によって異なり、一般的には洗浄で汚れを取り除いた後、点耳薬などで治療をします。耳ダニには駆虫薬を、異物の場合は取り除く処置を行います。

汚れが目立つ「流涙症」と目が白く濁る「白内障」

流涙症

流涙症になると涙があふれてしまい、ビションフリーゼのような白い被毛の犬種は特に目の周りの茶色や黒色の変色(涙やけ)が目立ってしまいます。
流涙症の原因はまつ毛や瞼が内側に入る眼瞼内反での刺激です。また、鼻涙管が閉塞することで涙が鼻に流れず目からあふれてくることでも起こります。そのため、予防をすることはできません。
治療には涙やけが気になるようであれば拭いたり、サプリメントを使用したりします。その他、刺激の原因や鼻涙管が閉塞に対しての治療が行われます。

白内障

水晶体が白く濁ることが特徴的で、視覚障害も現れます。
一般的に加齢とともに現れる老年性白内障が多いですが、若い時期に発症する若年性白内障や糖尿病などの他の病気によって発症する白内障があります。早期発見によって進行を遅らせることができるので、定期的にチェックすることが大切です。
症状が初期の場合は点眼薬で進行を遅らせる方法がとられますが、根本的に治療するとなると手術が必要になります。

小型犬に多い「膝蓋骨脱臼」

通称「パテラ」と呼ばれる膝蓋骨脱臼は小型犬に多く見られる疾患です。症状の程度(グレード)は4段階に分けられ、無症状な状態から歩行困難まで幅があります。
膝蓋骨脱臼は後肢の膝蓋骨が外れることが原因です。先天的な異常の場合や、肥満の場合や関節に負担のかかる運動など後天的な場合があります。先天的な場合は予防は難しいですが、後天的な場合は体重管理や滑りやすいフローリングにカーペットを敷くなどの予防ができます。

症状が軽度の場合は鎮痛剤などが処方されることが一般的です。症状やグレードによって手術を行うこととなるので、獣医師と相談して決めましょう。

最悪の場合は死に至ることも?「尿路結石」

尿の中にあるカルシウムなどのミネラルが結石になって、血尿や排尿時の痛みなどの症状が出ます。尿路に結石が詰まり、排尿できないようになると最悪の場合、死に至ることもある恐ろしい病気です。
結石ができる原因は尿の中にあるミネラルの濃度が高くなったり、結石が作りやすいpHになったりすることです。体質も関係はしていますが、食べ物にも影響されるので栄養管理が重要です。

尿路結石は食事療法によって結石を溶かすことができます。ですが、結石が大きい場合などは手術で取り出すこともあるので、症状や結石の種類などによって治療法は選択されます。

ビションフリーゼをブリーダーから購入した場合の価格は?

ビションフリーゼ

photo by DoAo

ビションフリーゼの子犬が安い地域ランキングベスト3

1位群馬県10万円
2位茨城県13万8448円
3位鹿児島県13万8448円
全国平均18万3166円

ブリーダーナビしらべ

ブリーダーからお迎えするメリット

①健康的で社交性の高い子犬を迎えやすい

十分に衛生管理がなされているブリーダーのもとで生まれ育った健康的な子犬を探すことができます。

また、他にも子犬がいる環境で生まれ育っているため、社会性が身に付いた状態で迎えやすくなります。

さらに、基本的なしつけを受けていたり、適切な血統管理がなされていたりするケースが多いです。

②購入後のサポートも安心できる

子犬の見学を通してブリーダーの顔がわかり、信頼関係を築くことができます。
子犬の購入後も分からないことがあれば質問しやすくなり、安心してサポートを受けられます。

③購入金額を抑えられる

流通の中間マージンがかからないため、ペットショップから購入する場合にくらべて子犬の購入金額は安くなります。

ビションフリーゼの子犬をブリーダーからお迎えしたい方は、こちらのボタンから最新情報をチェック!優良ブリーダー情報も詳しく掲載しています。

※タイミングによってはお迎えできるワンちゃんがいない場合もあります。