ベルジアンシェパードドッグタービュレン

穏やかな大型犬ベルジアンタービュレンの性格や被毛の特徴などご紹介

ベルギー原産のシェパードドッグ4犬種のうち、日本で一番多く飼育されているのがベルジアンダービュレンです。身体能力の高さや賢さから警察犬、また穏やかな性格から誘導犬としても活躍しています。本記事では、そんなベルジアンダービュレンの魅力についてご紹介します。

ベルジアンタービュレン

photo by SnottyBoggins

ベルジアンタービュレンってどんな犬?

ベルジアンタービュレンの基本データ

ベルジアンタービュレンの大きさ56~66cm
ベルジアンタービュレンの体重18~29kg
平均寿命10年以上
原産国ベルギー

ベルジアンタービュレンの歴史

ベルジアンタービュレンは元々、「ベルジアングローネンダール」、「ベルジアンマリノア」、「ベルジアンラケノア」という犬種とあわせ「ベルジアンシェパードドッグ」という名前でまとめられていました。

ベルジアンシェパードドッグは牧羊犬としてベルギーで活躍していましたが、牧羊が機械化されるにつれて仕事が減り、犬種がどんどん減少することになります。

そこでベルジアンシェパードドッグを保護する活動が始まり、ベルギー国内で調査が行われました。すると地域ごと4つのタイプにはっきり分かれていることがわかり、それぞれ別の犬種と認識できる特徴を持っていたため、別々の犬種クラブが立てられてブリーディングが行われていきました。

ベルジアンタービュレンはタービュレン村原産のワンちゃんです。元々牧羊犬ですが、近年では警察犬や麻薬探知犬、また穏やかさを生かし介助犬や誘導犬としても活躍しています。

ショードッグとしても人気が高く、日本ではベルジアンシェパードドッグの中で最も飼育されている犬種です。

ベルジアンタービュレンの性格

ベルジアンタービュレンは穏やかで愛情深く、従順な性格をしています。

警戒心を持っていますが臆病ではないので、番犬にも適しており、家族を守ってくれる存在となりますよ。見知らぬ人に対しては距離を置いたり攻撃的になったりすることもあるようなので、子犬の頃から社交性を見付けさせてあげるようにしましょう。

子どもや他のワンちゃんとも仲良く遊ぶことができ、身体能力が高いので一緒にドッグスポーツを楽しむこともできます。賢く冷静ですが活発なワンちゃんなので、トレーニングなどにも積極的になってくれるはずです。

家庭犬として優秀なワンちゃんで、飼い主のよきパートナーとなってくれるでしょう。

ベルジアンタービュレンの飼い方としつけのポイント

ベルジアンタービュレン

photo by Radomir Rezny

ベルジアンダービュレンには、ストレスを溜めさせないようたくさんの運動が必要です。また、繊細な性格をしているので、しつけは褒めながら行うことが大切になりますよ。

飼い方と注意点

ベルジアンタービュレンは屋外でも室内でも飼育可能ですが、できれば家の中と外とを自由に行き来できるような環境が望ましいです。

運動量はかなり多く、1日2回、それぞれ60分程度の散歩を毎日行うようにしましょう。その他には定期的にドッグランに連れて行ったり、広い公園などでボール遊びをしたりし、運動不足にならないようにしっかりと体を動かす必要があります。

十分な運動をさせないとストレスから攻撃的になってしまうことがあるので、注意しましょう。

しつけのポイント

ベルジアンタービュレンは賢く物覚えがよいので、しつけは入りやすいです。しかし独立心が強いので、初心者の方はブリーダーやプロのトレーナーと協力しながら行うことがおすすめです。

優しくデリケートなワンちゃんなので、厳しく怒るようなトレーニングでは落ち込ませてしまいます。褒めながら行うようにしましょう。

吠え癖がついたり攻撃的になったりしないよう、子犬の頃から他の人やワンちゃんと交流するようにして、社交性を身に着けさせるようにしてください。

被毛のお手入れや毛色について

ベルジアンタービュレンの毛色は、顔はブラックのみ、体はフォーンにブラック・オーバーレイか淡いイエローにブラック・オーバーレイが認められています。

フォーン・・・金色がかった色にわずかに黒の差し毛が混ざった色
ブラック・オーバーレイ・・・毛先が黒い被毛

また、同じベルジアンシェパードドッグである「ベルジアングローネンダール」とは毛色のみの違いであり、全身がブラックの場合はグローネンダール、それ以外の場合はダービュレンということになるそうですよ。

被毛はダブルコートで、密集して生えているアンダーコートと、直毛のオーバーコートに覆われています。

毎日ブラッシングやコーミングを行うと綺麗な毛並みを保つことができます。特に換毛期には、ダブルコートで長毛のためたくさんの毛が抜けます。丁寧にブラッシングを行い、抜け毛をしっかり取り除けるようにしましょう。

散歩のあとなど汚れた際には硬く絞ったタオルで拭き取るようにし、シャンプーも月1など定期的に行うようにしてください。

ベルジアンタービュレンのかかりやすい病気

ベルジアンタービュレン

photo by Blaer

注意が必要な病気として、「股関節形成不全」、「てんかん」、「アレルギー性皮膚炎」が挙げられます。
それぞれの病気について症状や原因などを知っておきましょう。

股関節形成不全

股関節形成不全とは、股関節の形に異常が起こり様々な症状を引き起こす病気です。
大型犬に発症しやすい傾向があるので、ベルジアンダービュレンも注意が必要になります。

症状には、横座りをする、腰を振る歩き方になる、立ち上がるのに時間がかかる、運動を嫌がるなどがあり、生後4~12ヶ月頃に確認されることが多いようです。

原因は遺伝の他に、成長期の偏った栄養や過度の運動があるといわれています。栄養を過剰に与えないよう、食事管理をしっかりと行うようにしましょう。肥満は症状を進行させてしまうので、注意が必要です。

また、ベルジアンダービュレンは体を動かすが大好きですが、過度な運動は避け、運動と休息のメリハリを大切にしてくださいね。

ご自宅では、フローリングなどの滑りやすい床を避ける、ワンちゃんの足の裏の毛を短くカットするなどの工夫が予防に繋がりますよ。

治療には、一般的に内科的治療と外科的治療があり、ワンちゃんの年齢や股関節の状態、飼い主の希望などによって治療法を決定します。

てんかん

てんかんとは、ワンちゃんの中で最も一般的な発作です。6ヶ月~3歳くらいの間に初めて起こることが多いようです。

発作を引き起こす他の疾患との鑑別が必要になり、血液検査やレントゲン検査、MRI検査などのあらゆる検査を行った上で診断されます。

発作には全身性の発作と意識が消失しない軽度な発作があり、その前兆や症状として以下のようなものが挙げられます。

  • 落ち着きがなくなる
  • 口をくちゃくちゃさせる
  • よだれが出る
  • 手足や顔の一部が痙攣する
  • 全身が痙攣する
  • 意識が消失する
  • 後ろにのけ反る
  • 手足を無意識にばたつかせる
  • 自分の尻尾を追いかけてその場でくるくる回る

発作は一時的に意識を失うこともありますが、通常数秒から数分でおさまり、その後は何事もなかったように過ごします。重度の場合は短い間隔で発作を繰り返したり、発作が長く続いたりすることもあるようです。

原因不明のてんかん発作を防ぐことは難しく、治療は症状を軽減するため抗てんかん薬でコントロールしていくことになります。投薬は、たとえ発作が現れなくなったとしても、時間や量などをきちんと守り独断で中止しないことが大切です。

発作が起きてしまった場合は、どのような症状がどのくらい続いたかなどを記録し、その後の治療に役立てられるよう冷静に対処するようにしましょう。

アレルギー性皮膚炎

アレルギー症状の原因物質であるアレルゲンには、ノミ、ハウスダスト、花粉、食物などがあります。痒みが主な症状で、顔や脇、股、足先などで発症することが多く、ワンちゃんが痒そうに体を舐めたり噛んだりする行為が見られます。

症状が進行すると皮膚が赤くなったり脱毛したりし、細菌の二次感染を起こしてさらに悪化することもあります。

遺伝や体質によるので病気を予防することは難しく、またワンちゃんが痒がる仕草は皮膚炎でない場合にもよく見られる行為なので、毎日しっかりと観察してあげることが大切です。

治療は、まずはアレルギー検査などで原因物質の特定を行い、アレルゲンを除去していきながら薬で痒みのコントロールを行うことが主になります。

その他にもアレルギーの原因物質を体内に入れ、アレルゲンに体を慣れさせるという減感作療法という治療法もありますが、こちらは費用や期間がかかるので、動物病院とよく相談しながら行うことが大切です。

ベルジアンタービュレンをお迎えしよう!

ベルジアンタービュレン

photo by MeHe

ブリーダーからお迎えするメリット

①健康的で社交性の高い子犬を迎えやすい

十分に衛生管理がなされているブリーダーのもとで生まれ育った健康的な子犬を探すことができます。
また、他にも子犬がいる環境で生まれ育っているため、社会性が身に付いた状態で迎えやすくなります。
さらに、基本的なしつけを受けていたり、適切な血統管理がなされていたりするケースが多いです。

②購入後のサポートも安心できる

子犬の見学を通してブリーダーの顔がわかり、信頼関係を築くことができます。
子犬の購入後も分からないことがあれば質問しやすくなり、安心してサポートを受けられます。

③購入金額を抑えられる

流通の中間マージンがかからないため、ペットショップから購入する場合にくらべて子犬の購入金額は安くなります。

ベルジアンタービュレンの子犬をブリーダーからお迎えしたい方は、こちらのボタンから最新情報をチェック!優良ブリーダー情報も詳しく掲載しています。

※タイミングによってはお迎えできるワンちゃんがいない場合もあります。